リクライニング機能付きのオフィスチェアが膝に悪いのは本当か?

October 20, 2022

快適なリクライニングチェアがもたらす温かみと快適さに浸ることが、職場での長い一日を終える最良の方法です。さらに、仕事の休み時間にリフレッシュしたり、ストレスを和らげたりするのにも有効です。

 

特に暖かい毛布と組み合わせると、ずっと大切にしたくなるような素晴らしい体験を手に入れることができます。ただし、すべてのオフィスチェアが快適さとサポートを提供してくれるわけではないことに注意する必要があります。

 

つまり、リクライニングすることは、座っている生活に伴う膝の痛みやその他の不快感から解放されることを自動的に保証するものではないため、リクライニング機能を使う人は、身体が正しい座る姿勢を受け入れる人間工学的な機能を備えている必要があります。

 

したがって、ここでは理想的なリクライニングチェアが備える重要な機能をすべて説明します。また、人間工学に基づいていないオフィスチェアが心身の健康に与える影響や、投資する市場でトップのリクライニングチェアについても説明していきます。では早速、始めましょう。

 

リクライニング機能付きのオフィスチェアは膝に問題あり?

 

関連事項の一つ目のルールは、リクライニングチェアは、特に長時間寝るためには設計されていないということです。つまり、椅子で短時間寝ていても膝や腰の拘縮は起こりません。このルールに従うことができれば、心配する必要はありません。

 

リクライニングで長時間寝ていると、直立して自然な姿勢を維持する能力が制限されます。また、体の筋肉や静脈が関節越しに圧迫されることもあります。これは、リクライニングが安全で睡眠に適しているかどうかという問題にもつながります。しかし、すべての椅子がそうではありません。
しかし、寝るためのリクライニングを判別するために考慮すべき主な要素には、表面がベッドのようにふわふわした感触であることを確認することなどが含まれます。リクライニングシートが下腿部にあるかどうか、シートが少し座りにくいかどうかも確認する必要があります。これらの機能を確認し、膝の問題にさらされることなく質の高いリラクゼーションタイムを自分に与えましょう。

 

リクライニングを使用している間に膝の問題を回避するには、体のどの部分も常に圧力を受けないようにする必要があります。つまり、体の特定の部分が常に特定の場所に密着してはいけません。

 

この説明を無視すれば、リクライニングチェアが一晩中膝や腰を曲げた状態で圧迫するため、脳と手足の連動が簡単にできなくなる可能性があります。

 

リクライニングチェアを長時間使用することによって、他に次のような欠点があります。

 

血の巡りの悪化

 

膝を曲げた状態で長時間座っていると、体の下部にある血管が炎症を起こすことがあります。

 

言い換えると、膝に近い位置で血液を運ぶ膝窩動脈の血流が減少する可能性があります。したがって、リクライニングチェアで寝ている場合は、常に脚をまっすぐにしておくことが推奨されています。

 

深部静脈血栓症発症のおそれ

 

常に関節を曲げたままにしていたり、何日も寝そべっていたりすると、深部静脈血栓症 (DVT) を発症して悩まされる可能性が非常に高いです。

 

この血栓症の致命的な度合いを考えると、非常に注意しなければいけません。体のどの部分でも発症する可能性がありますが、脚にも注意する必要があります。

 

しかし、着圧ソックスを履くことで、DVTの発症のリスクを減らすことができます。

 

リクライニングチェア使用時の膝のダメージを最小限に抑える方法

 

自宅や職場でリクライニングチェアを使いすぎた結果、膝に痛みを感じることは、致命的なことではありません。流れを食い止める方法に誠実に従ってください。一方でこれらのヒントを使って完全に防ぐこともできます。結局のところ、膝の痛みは座りっぱなしによる運動不足の産物であるため、やりがいのある運動に参加することが、膝の痛みを抑える最善の方法です。

 

仕事中に頻繁に休憩を取る

 

少なくとも30分から50分ごとに、オフィスのデスクから短い休憩に入るのは、非常に健康的な習慣です。立ち上がって背伸びをし、数分間歩き回ってください。また、この休憩時間に散歩する気分じゃない人は、少し運動をしてみてはいかがでしょうか。これにより、家庭と職場の両方で、より健康的な状態を保つことができます。

 

その場合、脚を上げることで膝への負担を減らすこともできます。やり方は次のとおりです。太ももを上げずに片方の脚を床と同じ高さに上げ、少なくとも5秒間その位置を維持してから脚を下ろします。

 

もう一方の脚でも同じ手順を実行しましょう。一方、背筋を伸ばして膝を上半身に引き寄せて正しく座りましょう。ストレッチを数秒間維持してから離し、もう一方の脚も同じようにします。

 

以上の運動は特に人から教えてもらう必要はありませんが、会社員の間で徐々に注目されています。

 

座る姿勢を変更する

 

一定のインターバルで立ったり、短い休憩に入ったりすることは、あなたにとって理想的ではない場合はどうすればいいのでしょうか。実は、別の選択肢もあります、これは立ち上がる必要がないのでストレスフリーです。ただ30分ごとに座る姿勢を変えるだけでいいんです。

 

これによって、座る位置を切り替えることもでき、デスクが近い同僚にも気づかれません。例えば、椅子を少し後ろに引いて、ゆっくりと曲げ、脚を広げて膝を離します。今日から試して、痛みから解放されたワークライフを始めましょう。

 

他にも、次のようなヒントがあります。

 

常に正しい座位姿勢を保つ。
人間工学に基づいたオフィスチェアに投資する。
仕事中や座っている間は絶対に足を組まない。
できるだけ足を伸ばす。

 

膝の痛みを回避できるリクライニングチェアの調整方法

 

長時間座っていると、膝や首、背中、足に悪影響が出ることはもはや日常茶飯事と考えているでしょう。また、あなた自身はそのようなことを望んでいないと思います。では、出口はあるのでしょうか。

 

まずはオフィスチェアを修理してみましょう。修理することで、現代のオフィスチェアが持つべき人間工学的な機能をすべて備えているかどうかをもう一度確認する必要があります。もし品質が悪ければ、Flexispotから新しい椅子を購入するタイミングです。

 

人間工学に基づいた椅子を手に入れることは、望んだ解決策ではないかもしれませんが、膝の痛みと戦い、慢性状態へ悪化するのを防ぎ、他の痛みをトーンダウンさせるのに役立つことは確かです。人間工学に基づいたオフィスチェアを購入したら、膝頭の高さが平行になるようにシートを調整してください。

 

次に背もたれを動かして椅子に座って、シリンダーで完璧な高さに修正しましょう。太ももについては、常に足を床が平行になるようにしてください。すると、座っていると膝は腰とほぼ同じ高さになるはずです。

 

逆に膝が少し高くなり、ほぼ90度の角度で曲がっていることもあります。また、疲労防止フットマットの入手も検討してください。大半のオフィスチェアは、床から約40センチから53センチのものがほとんどです。これらはおおよそすべての人に効果があります。

 

しかし、背が高すぎたり低すぎたりする場合は、自分のニーズに特化したものを探すことをお勧めします。

 

リクライニングチェアのお買い求めは是非Flexispotで!

すでにご存知のように、Flexispotは人間工学業界をリードし、顧客ベースのブランドとして評判を得ています。自宅でも職場でも、あなたの健康が最優先です。それに関しては、自分が描く使いやすさと快適さをベースに特注可能なオフィスチェアが数点ご用意しています。

 

是非確認してみましょう。

 

オフィスチェアOC14

 

本商品(オフィスチェアOC14)は、購入すれば十分といえるほどの商品です。体の構造に合った高さに合わせることができる空気圧制御機能を備えています。言い換えれば、この機能により、椅子を前後に動かして、自由に座席を上げ下げすることができます。

高さは47cmから54cmの間で調整可能です。
リクライニング機能はもちろん、座面右下のノズルを回せばリクライニングの硬さを調整できます。また、座面スライドで正しい姿勢を導いてくれます。座面を前にすればリラックス、座面を後ろにすれば背もたれと腰がフィットします。3段階のリクライニング調整と60mmの座面スライド調整を提供しています。

 

チェアの背面はソフトプラスチックとハードプラスチックの組み合わせでできています。
フレームはハードプラスチック製の外枠、内部はPUソフトプラスチック製で背中にぴったりとフィットするようになっています。通気性も優れ耐久性も高いので長く安心してお使いいただけます。

 

さて、リクライニングはリラックスのために設計されており、寝る用に設計されていないことを忘れないでください。リクライニングチェアで後者を行う必要がある場合は、前述した性質に注意してください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。