長時間の座り仕事による健康障害
頚部痛
腰痛
頭痛
肥満症
ある2012年の研究によると、平均的なアメリカ人が1日3時間座る時間を減らすと、寿命が2年延びると言われている。 また、一日中立っていると、腰や膝、足の故障につながる可能性があるため、専門家の多くは、上下昇降できるスタンディングデスクや、座るときにデスクに引き寄せられる背の高い椅子を使い、立つ時間と座る時間を使い分けることを勧めている。
座りっぱなしの生活から解放されるおすすめ商品
データは2018年から2020年までのFlexiSpot セールレポートより引用