モニターアームが必要な理由とは

June 28, 2021

付属品追加ができないモニターを使用しているあなたはそれに満足しているかも知れません。けれどそれはシンプルな付属品が提供する利点に気づいていないからではないでしょうか。ディスプレイを長時間見たり、頻繁に使用したりする際に付属品は役に立ちます。調整可能なモニターアームはそうした利点のひとつでしょう。


モニターアームの便利な理由はいろいろあります。家庭やオフィスでコンピューターを使う人々の間でますます人気が高まっています。ユーザーの多くがすぐに状況が改善されたとして、モニターアームをコンピューターを使用する職場には必須のアイテムだと見なしているのです。

モニターアームとは何か


モニターアームは、机や壁、天井に取り付けて、モニターをあなたにとって適切な高さに持ち上げるための機器です。足ったり座ったり、またはその両方を組み合わせたりなど、日中のあなたの作業方法に合わせて簡単に高さを調整できます。これはデスクへの優れた人間工学によって、作業の際の快適な姿勢や視覚に質の良い安らぎを与える以上のものを提供してくれる素晴らしい機器なのです。職場で「動く」ことを後押しするという、健康的な職場での人間工学に不可欠な側面を担っています。身体への快適さを超えて、より高い生産性とウェルネスに貢献するのです。

デスク用のモニターアームには2つの主要目的があります。


・ モニターを快適な高さに調整します。モニターをデスクの上に置く場合は、ユーザーが画面に合わせて姿勢と目の高さを調整しなければなりません。適切なモニターの高さとは、画面の中央点がユーザーの目の高さから5cmから7cm下になる位置だと考えられています。モニターアームはこれを達成することができるのです。

・ モニターアームによって、あなたのデスクの上のスペースが空きます。モニターがデスク上にある場合、多くのスペースを取られることとなります。モニターアームによって空いたスペースを他の目的に利用することができるのです。

なぜモニターアームを使うのか


コンピューターモニターを使用する際に、人間工学に基づいたモニターアームに設置すると便利です。モニターアームは職場内の機材等の配置やモニターのサイズや数とは関係なく設置できます。ここからはモニターアームの設置を検討するべき理由をご紹介します。

作業の際の快適な姿勢のため

モニターの画面を人間工学に適切な高さに上げることは、最も快適な姿勢のためには不可欠です。画面を見るためにかがんだり後ろに変な風に身体を曲げたりすることで生じた上半身と背中の不快感は、素晴らしい姿勢を取ることで軽減されます。モニターアームを使用することで、モニターの角度を変更し、より良い姿勢や職場の環境に最も合うように設定することができます。首や背中、目の疲れを軽減するために、できるだけ早くモニターアームを入手しましょう。現在こういった懸念事項がない場合も、定期的にモニターを使用しているのであれば、予防のためにモニターアームを手に入れることをお勧めします。

目の疲れ

あなたが長時間コンピューターに向かっているのであれば、一日の終わりにはデジタルスクリーンによって目が疲れてしまうことに気づいていることでしょう。目を適切にケアし、人間工学に基づいて労働習慣を変更しない限り、目の緊張や倦怠感、乾燥やさらにはかすみ目を引き起こす可能性があるのです。モニターアームによって、コンピューターモニターを適切な高さや角度、位置、そして距離に調整することができるため、こうした症状を軽減し目の疲れを予防することができるのです。

散らかったデスクを改善する


よく整理整頓された、すっきりと片づいたデスクは生産的な作業をするためには不可欠です。デスク上のスペースを大きく占有しているコンピューターモニターは、モニターアームを使うことで改善されます。モニターアームによって空いたスペースに物を置くことができるため、散らかりやすいデスクを改善することができるのです。モニターアームによって持ち上げられて邪魔にならなくなったモニターが占領していた場所が、ほとんどかつての痕跡なく空くということです。この追加のワークスペースを得ることは、そのスペースを使って何かを書いたり、またはただ目の前の広いスペースを楽しむ人々にとっては大きな転換点となるでしょう。

生産性を向上させる


デュアルモニターアームとマルチモニターアームを使用することで作業の際の視覚的な表示を完全にコントロールすることができます。そのため、最も人間工学的で自然な作業を行うためのディスプレイ配置方法に多様性が出ます。この多様性によって、ディスプレイを並べたり重ねたり、またはそれぞれ違った向きで水平に3枚並べるなどできる上、その配置とは関係なく生産性を驚異的に向上させることができます。さらにその一方で、カーブを描くようにディスプレイを配置することで生産性を向上させると共に、快適さを高めることが分かっています。曲線形に配置することで画面の側面と端を目の前に置くことができ、操作に必要になる動作を最小限に抑えることができるのです。
汎用性

高さや奥行き、角度など、モニターアームの標準的な調整力に加えて、モニターアームを多数使用することによって、ユーザーは、横向きから縦向きに画面を簡単に切り替えたり、デュアルモニターを重ねて配置したり、それを縦向きに素早く切り替えたり、それぞれから1枚ずつ表示するなどができるようになります。このように、モニターアームを使用することで、作業スペースと職場のスタイルを自分向きに作ることができるようになります。

あなたのスタンディングデスクに


もし高さ調整が可能なスタンディングデスクを使っているなら、立ったり座ったりに合わせてモニターの高さを調節できるでしょう。職場内のレイアウトによっては、立ち仕事から座り仕事へと移行する際にはモニターの高さを少し調整する必要があるかも知れませんね。立つ、座る、歩く、そしてサイクリングをするなど1日をどのように過ごすとしても、モニターアームは移動する度にそれぞれの位置に持ってくるだけの、人間工学に基づいたデスクに欠かせないアイテムなのです。

FlesiSpot製モニターアーム

FlexiSpotは人間工学をリードするブランドのひとつであり、家庭とオフィス両方にソリューションを提供しています。FlexiSpot製のモニターアームはフルモーションで作動し、どの角度からでも最適で自由な視界を提供します。