人間工学に基づいたオフィスチェアの肘掛けについて知っておくべきこと

September 07, 2022

かつて、ほとんどの職場は機能的に設計され、従業員の快適性にはほとんど、あるいはまったく配慮されていませんでした。しかし、近日、状況は変わってきています。雇用主は、従業員の快適性のニーズに対してより配慮するようになりました。従業員が快適かつ安全に働けるように、人間工学に基づいたワークスペースを設計するために人間工学専門家を雇うようになったのです。

オフィス家具の中で最も重要なもののひとつが、オフィスチェアです。従業員が一日中座る椅子です。快適でないオフィスチェアは、腰痛や肩こりなどの慢性的な健康問題を引き起こすリスクが高くなります。人間工学に基づいたオフィスチェアを購入しようとすると、肘掛け付きのものと肘掛けなしのものの2つの選択肢があることに気づきます。そこで気になるのが、人間工学に基づいたアームレスト付きチェアとアームレストなしチェアのどちらを選ぶかということです。

アームレストをめぐる議論

肘掛けのある椅子が肘掛けのない椅子より優れているかどうかは、様々な議論があります。専門家の中には、肘掛けがあるとデスクに近づけなくなるという意見もあります。また、肘掛けを使うと肘や前腕の軟部組織に圧力やストレスがかかり、腱鞘炎などの病気になるリスクが高くなるとも言われています。しかし、人間工学に基づいたオフィスチェアであるソウティアン・エルゴノミック・オフィスチェアのように、体格に合わせて肘掛けを調節できるものを選べば、背骨への負担を減らし、より快適に仕事ができるとする意見もあります。アームレストが良いか悪いかは、アームレストの調整が可能かどうかにかかっています。オフィスチェアの肘掛けが高すぎたり低すぎたり、座面に近すぎて座りにくい場合もあります。そのような場合、肘掛けは身体にとって良いことよりも悪いことの方が多いでしょう。

アームレストの重要性

アームレスト付きの人間工学に基づいたオフィスチェアは、ユーザーにとって価格に見合った多くのメリットを提供します。それでは、アームレストが提供するように持っている最も注目すべき利点のいくつかを見てみましょう。

体をしっかり支える

手と腕を合わせると、全身の12%にもなります。アームレストがなければ、この重さの支えがないことになります。考えてみれば、総重量の12%は何時間も持ち続けるには重すぎます。これでは、背中に過大な負荷がかかり、筋肉疲労を起こす可能性があります。しかし、アームレストは腕や手をサポートし、体重の12%という大きな負担を軽減します。

背骨への負担を軽減する

座っているとき、体重の負荷はすべて背骨にかかっています。しかし、肘掛けのある椅子を使うと、体重の一部が背骨から軽減します。研究によると、人間工学に基づいたオフィスチェアのアームレストが個人の体に合わせて設定されている場合、背骨にかかる負荷は10%軽減されるとのことです。

首や肩の痛みを軽減する

一日中イスに座っている人がよく訴えるのが、首と肩の痛みです。前腕部を適切にサポートするオフィスチェアを使えば、肩や首の痛みが軽減されることに気づくでしょう。前腕が支えられていると、三角筋や僧帽筋がリラックスし、筋肉疲労やストレスの予防につながるからです。

疲労を軽減する

筋肉を十分にサポートしないと、すぐに疲労してしまいます。腕を20㎝ほど伸ばした姿勢を続けると、前腕の筋肉はわずか10分で疲労してしまうのです。疲労の後は痛みとなり、仕事に支障をきたすことになります。しかし、前腕をサポートすることで、疲労を遅らせることができるのです。

人間工学に基づいたアームレスト付きオフィスチェアは、どれも良い選択肢なのでしょうか?

肘掛け付きの人間工学的オフィスチェアは、それが調整可能なオプションを提供している場合のみだということを再度お伝えします。アームレストはあなたの体に最適でないこともあるので、調整できることが重要です。肘掛けは、自分の体が必要としているサポートを提供するために調整されていれば良いのです。

人間工学に基づいたアームレスト付きオフィスチェアを購入する際の注意点とは?

人間工学に基づいたオフィスチェアを購入することは、あなたが考えるほど簡単ではありません。アームレスト付きのエルゴノミックチェアを購入する前に考慮しなければならない要因がたくさんあります。これらの要因が何ですかを見てみましょうし、あなたのお金を置く椅子は、チェックリストのすべてのポインタを満たしていることを確認することができます。

高さ調整

人間工学に基づいたチェアの特徴として、まず最も重要なのは、アームレストの高さを調節できるかどうかということです。肘掛けは、体がリラックスした姿勢を保てる高さでなければなりません。高すぎると、肘や肩を上げなければならず、首や肩にひどい痛みを感じることになります。肘掛けが低すぎると、肘が下がってキーボードに手が届かなくなります。

また、高さ調節が可能な人間工学チェアでなければならないもうひとつの理由は、肘掛けがあるとデスクに手が届かなくなるためで、これは専門家が肘掛けに反対する多くの論拠のひとつにもなっています。肘掛けの高さを調節できれば、デスクと水平になるように、またデスクの下に収まるように高さを低く設定することができます。

高さが調節できなければ、肘掛けの反対論がまかり通り、長時間座っているのが苦痛になるだけの椅子になってしまいます。

幅の調整

幅の調節機能は、高さの調節機能と同じくらい重要です。肘掛け付きの人間工学に基づいたチェアに座るときの理想的な姿勢は、肘が肩の真下に来ることです。肘を広げすぎたり、胴体に近すぎると、前腕や肩の筋肉に負担がかかるだけで、すぐに体が痛くなります。幅を調節できる機能を使えば、体格や体格に合わせてアームレストを調節し、正しい座り姿勢を確保できる幅に設定することができます。研究によると、最大10㎝まで調整できるアームレストは、ほとんどの人に適しているそうです。

長さ調整

もうひとつの重要な特徴は、長さ調節機能です。長さの調節が可能な場合、前腕をどの程度サポートしたいかによって、アームレストを長くしたり短くしたりすることができます。背もたれに背中を預けてビデオを見たり、ウェビナーを聴いたりする場合は、アームレストを長くして最大限サポートするのがよいでしょう。肘だけがアームレストにかかるような、ツアーコンピュータに向かって曲がって座る場合は、アームレストの長さは短い方がよいでしょう。このように、アームレストの長さを調節できれば、常に理想的な姿勢と最大限のサポートを確保することができるのです。

ピボッティング

アームレスト付きの人間工学的オフィスチェアで探すべきもう一つの特徴は、アームレストが回転するかどうかということです。アームレストの中には、内側に傾くものと外側に傾くものがあります。内側に傾くアームレストは、外側に傾くアームレストよりもはるかに便利で有益です。両手の手首を近づけ、腕がV字になるような座り方をする人には、肘掛けが内側に傾くエルゴノミックチェアが最適です。スマホでメールを打つときなど、両手を近づけると、腕がぶらぶらして筋肉が疲労します。肘掛けが15度まで内側に倒せるオフィスチェアを選べば、さまざまな用途に対応できます。

フリップアームレスト

人間工学に基づいたオフィスチェアの中には、使わないときには肘掛けを跳ね上げることができるものもあります。もし、あなたの仕事机に肘掛け付きの椅子を置くだけのスペースがなかったり、オフィスのスペースが限られていたり、時には肘掛けなしで座りたい場合、このような人間工学に基づいた椅子はあなたにとって最良の選択肢のように思われます。

人間工学に基づいたオフィスチェアは、より多くの調整機能を備えていればいるほど、誰もが自分の好みに合わせて調整できるため、より多くの従業員に適しています。人間工学に基づいた正しい椅子を選ぶことは、最大のサポート、最大の快適さ、最大の利点を確保するために重要です。アームレスト付きのオフィスチェアが良いのか、それともアームレストのないものが良いのか、またアームレストが人間工学的に優れているのか、アームレストが調整可能であれば、アームレスト付きのオフィスチェアほど良い選択肢はありません。

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。