運動不足による健康を維持しながら仕事ができるバイクチェア

January 15, 2021

昨年はコロナ対策によるテレワークなどに移行した企業も多く、自宅での作業を余儀なくされているからも多いと思われます。

 

自宅作業は通勤という労働が無くなるために楽に感じるかもしれませんが、この「楽」というのが大きな落とし穴となります。

 

楽に感じるということは、その分だけ「行動をしていない」ことにも繋がるために、運動不足による不健康を引き起こしてしまいます。

 

そこで今回は、運動不足の解消にも効果的なバイクチェアについて紹介します。

 

バイクチェアとは、どのような椅子のことなのか?

 

「バイクチェアが健康に良い」ということを紹介する前に、バイクチェアについて紹介していきます。

 

バイクチェアというのは、トレーニングジムなどに設置されている「エアロバイク」と「椅子」を掛け合わせた商品となっていて、簡単に言えば「椅子に座りながらエアロバイクを利用できる」という商品です。

 

「運動しながら仕事なんて出来るの?」と不安を感じる人も多いかもしれませんが、人間の集中力というのはちょっとしたことで途切れやすいため、運動をしながらのほうが集中できる構造になっています。

 

しかし、通常のビジネスチェアでは運動しながら仕事をすることがほとんど不可能に近いので、今回のようなバイクチェアが最先端のビジネス業界では人気商品となっていることが挙げられます。

 

弊社が販売している「バイクチェア V9U」

 

今回は、弊社が販売している「バイクチェアV9U」を対象としますが、こちらのバイクチェアは昇降デスクとの相性が抜群となっていて、昇降デスクと合わせて使用することで運動不足を解消してくれます。

 

バイクチェアV9Uは、組立不要の椅子となっていて、少し場所を取るように見えるかもしれませんが、縦590mm、横777mmとなっていますので、意外と場所を取らないのが特徴的です。

 

キャスターも付いているので、移動させやすいのもメリットの一つとなっています。

 

トレーニングジムのエアロバイクのように、負荷をかけることで筋肉を増強させたり代謝を促進させたりというような目的ではなく、基本的には「仕事中にちょっとした運動をすることで健康を維持する」という目的のために使われることが多いです。

 

そのため、極端に強い負荷は必要ではなく、自分に合った漕ぎやすい調整をすることでより高い効果を得ることが出来ます。

 

弊社のバイクチェアV9Uは8段階の負荷調整が可能となっていて、サドルにクッション材も付いていますので、体重をしっかりと支えながら仕事に集中することが可能です。

 

バイクチェアと合わせて昇降デスクを使うことでより健康的に!

 

今回紹介したのはバイクチェアとなっていますが、バイクチェアを単体で使用するのではなく、昇降デスクと組み合わせることでより高い効果を得ることが出来ます。

 

昇降デスクというのは、文字通り「高さ調節の出来るデスク」となっていて、「デスクの高さ調節をすると不便じゃないか?」と思う人も多いかもしれません。

 

しかし、デスクの高さ調節をすると必然的に自分の姿勢を変化させることになりますので、同じ姿勢で仕事をするという状況を避けることが出来ます。

 

そうすると、運動不足も解消されるので、自宅に居ながら通勤していたときと同じように運動量をキープして健康的な身体を手に入れることができます。

 

弊社では様々なタイプの昇降デスクも取り扱っておりますので、気になる商品があれば、まずはご相談ください。

 

テレワークに移行したことによって仕事が捗らなくなったという声を聞く機会は多くなりました。

 

これは単純にテレワークの業務に慣れていないというだけではなく、運動不足によって健康が損なわれて、集中力が低下しているという問題もあります。

 

しかし、自宅に居ながら運動をするということは難しいので、今回紹介したようなバイクチェアを使用することで運動不足を解消することが出来ます。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。