ケーブルダクトCMP017を使って、絡み合ったケーブルを解消しましょう

April 22, 2021

統計によれば、人は滑りや転倒によって怪我をする可能性が高く、また最も単純でありながら最も一般的な怪我としてはオフィス内ではなく、床にほったらかしている工具、整理されていなかったり壁の近くにぶら下がっているケーブルなど雑然とした作業が多い職場においてつまずきが発生し、怪我につながっています。

 

こんな場合を想像してみてください:

 

文書整理のために、フォルダや封筒の束を運んでいます。しかしあなたはその日にしなければならない用事について考えることに囚われています。あなたは突然起こるであろうことに衝撃を受けるでしょう。コピー機の横にある絡まったケーブルにつまずき、バランスを崩して、フォルダや封筒が落ち、床に散らばります。次にいきなり目の前が真っ暗となり、それはすでに額を床にぶつけているのです。

 

最悪の場合においてもこの事例では頻繁に発生している軽微な事故となります。

 

しかし、場合によっては単純なつまずきから致命的な事故につながるものもあります。驚いたことに、背骨、腰、臀部の怪我とは職場でつまずいた場合に経験することが多いのです。膝小僧や体の前側を怪我するような前方へのつまずきはあると思いますが、腰や胴体下部の周りの怪我は滑りやすいところでつまずくいた場合に発生し、打撲や外傷性の頭の怪我につながります。

 

人によっては恥ずかしいミスだと考え、ただ肩をすくめるだけの人もいますが、別の見方をする人もいます。そういったことが職場で起こった場合、会社に対しての傷害訴訟を起こすのです。

 

ケーブルのつまずきによる死亡事故は職場だけでなく、住宅内や介護施設でも発生しています。同じ記事において滑りと転倒で死亡した高齢者の数に関する統計が示されており、65歳以上で毎年15,000人もの人々が亡くなっています。これはこれらの事故に関して、彼らが最も危ないということを示しています。

 

本当に言いたいことは通路からつまずく原因となるものを整理して片付けることができれば、この種の事故は避けられたということです。ケーブルにつまずくだけでなく、感電死の危険にさらされる可能性のある子どもにとってはこのような状況は非常に危険です。

 

これらを踏まえ、職場と家庭の両方でこのような事故を防ぐための方法としてどのようなものがありますでしょうか?このブログではつまずきの効果的な防止方法とケーブルダクトCMP017などの製品によって作業者が整理を行い、より安全に作業できる場所を作るために役立つかを説明します。まず最初の部分は以下のとおりです。

 

安全な職場には以下がないようにする必要があります。

 

a. オフィス内:床の穴、床の端のカールした部分、滑り止め用の床コーティングの損傷、こぼれているもの、カーペットの端がめくれあがっていたりと穴があること

 

列挙されているものはすべて、つまずきや転倒の原因となる職場の一般的なものの一部ですが、場合によっては作業場内のデバイスや機器のケーブルも滑りやつまずきによる事故の原因となります。これらのケーブルによる危険性は以下のような方法によって防止することができます。

 

b. 事故や火災の危険を防ぐために、ワイヤーをぶら下げず、ホッチキス止めしないようにする

 

現在、人々は色々な工夫をしています。ワイヤーの片方の角をしっかりと絞り、包装テープで固定する人もいます。しかし、この方法はオフィスの床を乱雑に見せてしまい、接着剤によって取り除くのが難しい跡を残してしまうでしょう。長期的には床の表面に傷が残る場合があります。最終的にはそれが床の将来の損傷につながる可能性があり、職場での潜在的な危険となる可能性があります。

 

したがって、上記の例を考慮すると、この問題の最善の解決策はいったい何でしょうか。あなたはDIYまたはより安価な代替品に頼りますでしょうか?特に最近、誰もが経済的な課題に直面していることは確かですが、リーズナブルな価格で自身の予算を妥協しないような他の代替案はありましたか?

 

わずか3000円で、ケーブルをまとめ、作業場所を整理し、潜在的なケーブルによる危険を回避するのに役立つストレージオーガナイザーDIYドロワーを購入できます。このストレージオーガナイザーDIYケーブルダクトCMP017付きのモニタースタンドワークステーションは作業スペースを広く見せることができます。

 

この製品を使用すると、取り組んでいるプロジェクトにおける新しいアイデアを思い付くのを妨げるような、隅々まで散らかっている状態をもう心配する必要がありません。この製品は次の会議の準備をしながらパンケーキを急いで作っている時でも、保管室で古い箱が置かれた状態であちこちを歩く場合でも、安全に作業することができます。

 

ケーブルダクトCMP017を使用すると、落下、滑り、ケーブルによるつまずきなどの事故のリスクを心配する必要がありません。人間工学に基づいたデザインにより、見やすくなり、コンピューターの前に座っている際に適切な姿勢を維持することができます。ご存知のように、コンピュータの前に長時間座っていると正しい姿勢ができなくなるため、この製品を検討することで、品質以上の価値を保証できます。

 

これを購入することで、乱雑でまとまりがないように見えてしまったり、床から接着剤をこすり落とすのが面倒となる、ワイヤーを巻いたり、テープを貼ったりする必要はもうありません。だから、このような面倒を避けるために、今すぐケーブルダクトCMP017に切り替えてみてください。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。