在宅勤務で生産性を高める10個のコツ

September 02, 2021

毎日の生産性を維持することは、在宅勤務の課題のひとつです。あなたが仕事をしているかどうかを誰もチェックしていない状況で、特に、やらなければならないことが沢山ある時には、在宅で生産性を維持するのは難しいですよね。生産的な1日を過ごせなければ、時間に追われて仕事をする生活に戻ってしまいます。

 

自宅で仕事をすることは、究極の快適さや、同僚に邪魔されないワークスペースの確保など、多くのメリットがあります。その一方で、乗り越えなければならないこともあります。ホームオフィスで最大の効率を上げるためには、仕事とプライベートを分ける必要があります。また、業務進行をしっかりと管理しなければなりません。

 

私たちは1日24時間、週7日働いています。キャリアを維持するために、家族の祝い事や記念日を逃してしまうこともあります。このような時間を失うことを嘆くのではなく、できるだけ生産的で楽しい時間にする方法を学ぶべきです。そんな皆様にとってよい情報をお伝えします。プログラム全体をもう一度見直す必要はありません。

 

いくつかの簡単な習慣を取り入れることで、在宅での生産性が上がり、仕事に没頭できるようになるでしょう。この記事では、生産性の高い一日を過ごすための10個のコツをご紹介します。

 

オフィスワークから在宅勤務へのシフト

 

テレワークはゆっくりと、しかし確実に広がりつつあります。これは、社会的、政治的、経済的に重要な事です。日々の移動を減らすことは、公害対策やエネルギー節約の一環として期待されています。従業員の視点から見ると、この移動の制限は、経済的な節約、時間的な節約、そしてストレス解消の源として表れています。

 

自宅で仕事をすれば、都心や大都会から離れた「より健康的な」生活環境に移行することが可能です。家事と仕事の両立が容易になり、家と仕事の活動をより効果的に管理できるようになります。

 

現場から自宅での作業にシフトする傾向が強まっている

 

在宅勤務で生産性を高める10個のコツ

 

個人の生産性は、企業の生産性と密接な関係にあります。大きな意味では、社員の活動や意思決定が企業の生産性に大きな影響を与えるのです。

 

メール、電話、オンライン会議などで一日が過ぎていき、時間が足りない!と感じているはずです。そんな場合は、自宅で効率的に仕事をする方法を学ぶべきです。そこで、職業を問わず生産性の高い一日を過ごせるように、効果的な在宅ワークをする10個のコツをまとめました。

 

1. 一か所をワークスペースと決めて、生産性を高める

 

家の中には、快適に仕事ができる場所がたくさんあります。その一か所を仕事専用にすることで、オフィスのような雰囲気をつくり、仕事へのモチベーションを高めることができます。

 

ビジネス専用のワークスペースがあれば、プライバシーが確保され、安心して仕事をすることができます。その結果、落ち着いた環境を維持することで、集中力を維持することができるのです。

 

2. To-Doリストの作成

 

仕事が忙しくなると、一日の予定を見失いがちです。家にいると気が散るので、前もって「やることリスト」を作っておくと、優先順位を覚えておくことができます。また、気が散らないように机の上を整理整頓し、家事は仕事の前、または後で行うように決めておきましょう。

 

3. 勤務時間を守る

 

自宅で仕事をすると、ある程度の時間の自由度が得られます。勤務時間は自分で決めることができますし、業務開始を知らせる人もいません。注意力を維持するには、勤務スケジュールを管理、実行することが重要です。

 

これにより、スケジュール通りにタスクをこなすことができます。そして実りある一日を過ごすために、タスクに集中することを心がけましょう。余暇と仕事の区別をつけること。家では気が散ることが多いので、いかにそれを避けるかが重要です。

 

4. マルチタスクは避ける

 

一度に複数の作業をし続けることはおすすめできませんし、良いことでもありません。集中力の低下を招きます。さらに、気が散った後で元の状態に戻すには、15分程度かかることがあります。生産性を向上したいなら、今すぐマルチタスクをやめましょう。

 

5. 好奇心をもつ

 

好奇心は、物事をそのまま受け入れるのではなく、その仕組みを理解するのに役立ちます。プロセスの仕組みを知ることで、効率や生産性を向上させることができます。

 

好奇心旺盛で積極的なワーカーは、課題に対して様々な角度からアプローチし、別の解決策を模索することで、より早く課題をこなし、生産性を高めます。

 

6. 適切に休憩をとる

 

快適な自分の家で仕事をしていると、仕事過多になりがちです。仕事量が多すぎると、いらいらしたり、疲弊してしまいます。

 

自身を休ませ、新鮮な空気を吸い、活力を回復させることが大切です。休むべき時と仕事に戻るべき時を知ってください。そうすることで、頭がすっきりして、ストレスレベルを下げることができます。

 

7. 体を動かす

 

平均的なアメリカ人は、1日に約7時間座っています。その結果、心血管疾患、2型糖尿病、腰痛など、さまざまな健康問題が発生しています。人間の体は長時間座ったままでいるようにはできていません。WHO(世界保健機構)は、毎日少なくとも30分は運動することを奨励しています。

 

8. コミュニケーションの重要性

 

同僚や上司と離れている間は、効果的なコミュニケーションをとることが重要です。チームでカレンダーを共有し、業務の進捗状況や完了報告をすることで、全員が同じ状況理解をすることができます。

 

自分が決定した結果だけを上司に伝えればいいという単純なものではありません。むしろ、重要な事項を頻繁に伝えて、すべての情報が伝わるようにすることが大切です。

 

9. 明確な業務スケジュールを設定する

 

一日中家にいると、仕事と遊びの境界線が曖昧になりがちです。仕事と余暇を分けることは、仕事場と娯楽スペースを分けるのと同じくらい重要です。リモートワーカーの中には、家族に気を取られて業務開始に遅れたり、短時間しか仕事をしなかったりする人もいます。

 

そしてタスクを完了するために、夜遅くまで仕事をしなければならなくなります。その結果、難易度の高い仕事に必要な集中力が得られず、疲弊してしまうリスクがあります。そうならないためにも、在宅ワークのスケジューリングはできるだけ勤務時間内に行い、十分な作業時間と、終業後の休息時間を確保するように計画しましょう。

 

10. 人間工学に基づいたオフィス機器の導入

 

適切なホームオフィス環境を整えれば、より早く、より良質の仕事をすることができます。人間工学が個人のパフォーマンスに影響するのは、よく知られていることです。生産性が向上し、仕事の安全性や健康にも配慮することができます。

 

あなたがすべきこと

 

適切な場所を選びましょう

 

ホームオフィスは、キッチンやリビングから離れた、静かな場所に設置します。このスペースはできるだけ家事ではなく、仕事のためだけに使いましょう。

 

人間工学に基づいたスタンディングデスクを設置する

 

自宅で仕事をする際には、人間工学に基づいた快適なスタンディングデスクが必要です。机にはさまざまなサイズ、色、素材、価格帯のものがあります。

 

FlexiSpot社の電動昇降式スタンディングデスクE7 Proをご覧ください。

 

まとめ

 

自然災害や天候不順などの理由で本社が閉鎖された場合、自宅で仕事をすることで業務を継続することができます。その結果、従業員はより多くの業務を担当し、生産性を高めることができるのです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。