長時間ゲームの健康リスクが心配!超快適なおすすめゲーミングチェアとは?

May 27, 2021

eスポーツの人気が増す一方となるなか、自分にぴったりのゲーミングチェアを探す人が増えています。

 

競技でも趣味でも、ゲームを日常的に行う人は、長時間悪い姿勢でゲームを続けることで生じ得る健康被害のリスクにさらされています。

 

今回は、ゲームをする時の姿勢の悪さが引き起こす健康リスクについて解説します。

 

また、後半には、健康的な姿勢のままゲームを楽しめる、おすすめのゲーミングチェアを紹介しますので、毎日長時間ゲームをしていて体への影響が心配だという方は、ぜひ参考にしてください。

 

『若い人も注意!ゲーム時の悪姿勢がもたらす健康被害とは?』

 

ゲームをしているときは、つい熱中して前傾姿勢になったり、たまたま取った不自然な姿勢を長時間続けてしまったりするなど、悪い姿勢のままでゲームを続けてしまうことがあります。

 

歪んだ姿勢は、そのときは楽に感じても、長時間継続することによって、背骨に悪影響を及ぼしたり、筋肉の緊張を高めて体を疲れさせてしまったりする場合があるのです。

 

その結果、肩こりや腰痛につながり、その症状を悪化させてしまうことも考えられます。

 

また、こうした悪い姿勢の継続は、首や後頭部を中心としたズキズキするような偏頭痛「緊張型頭痛」を引き起こすケースも少なくありません。

 

緊張型頭痛は、もともとは一定以上の年齢層に多い疾患でしたが、最近はスマホ・パソコン・ゲームに多くの時間を使う若い世代にも増えているとのこと。

 

この頭痛は慢性化してしまうこともあるので、ゲームを行うときの姿勢には十分な注意が必要です。

 

『アジア人の体を研究しつくして開発されたゲーミングチェアGC02とは?』

 

ゲームを行う時にはゲームを行う時の動きや姿勢を研究したうえで設計された椅子を使用することが大切です。

 

また、自分自身の体形にマッチするゲーミングチェアを使わないと、かえって姿勢が悪くなったり筋肉を疲労させたりしかねません。

 

ゲーミングチェアには各ブランドからさまざまなタイプが発売されてはいますが、今回おすすめしたいのは、人間工学に基いたデスク・チェア設計で国際的人気を誇るFLEXISPOTのゲーミングチェアGC02です。

 

このGC02は、ゲームをする姿勢や動きについて考え抜かれて設計されているだけでなく、アジア人の体形を考慮したうえでベストなサイズを採用しているのが最大の特徴です。

 

しかも、ヘッドレスト・腰サポート・肘かけの3点はすべて調節可能。疲れがたまりやすい頭・首・腰をやさしく守ってくれます。

 

さらに、ゲーミングチェアGC02は、休憩中の姿勢にまで配慮されています。

 

リクライニングの範囲は90°~135°とたいへん広く、最も深く倒した135°の「休憩モード」に調節すると、そのまま眠れるほどの居心地の良さを感じることができるでしょう。

 

eスポーツはハードな競技。休憩時間に心身を深くリラックスさせられなければ、その後のパフォーマンスも大きく左右されてしまいます。

 

現在使用しているチェアがしっくりこないという方は、チェアの見直しが急務。健康姿勢を保てるチェアを選ばれることをおすすめします。

 

『まとめ』

 

eスポーツに情熱を傾けている人にとって、体を守ってくれる重要なツールのひとつがゲーミングチェアです。

 

健康リスクを下げながら競技に打ち込みたい方には、FLEXISPOTのゲーミングチェアがおすすめ。

 

とくに新モデルチェアGC02の、体が支えられていることを実感できるホールド感は快適そのものです。

 

まさしく自分のためにカスタマイズされたかのような座り心地の良さを実現してくれるゲーミングチェアといえます。

 

eスポーツを行う時に最適なゲーミングチェアを探している方は、ぜひ一度GC02の詳細をチェックしてみてください。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。