ラップトップを使用する際に身体に痛みを感じない方法とは

June 30, 2021


私たちの多くが、家と職場で使用するためのラップトップコンピューターを持っています。実際ビジネスシーンでは、今やラップトップはデスクトップPCよりも普及しているのです。技術の進歩により、ラップトップはより効率的で便利なコンピューターとなったのです。持ち運びが簡単なこと、動作がシンプルなこと、そしてバッテリーも長く持つことからあらゆる作業環境に最適なのです。


ラップトップの欠点と言えることは、ユーザーの身体に害をおよぼす可能性があることです。どこでも仕事ができ、ソファやキッチンの椅子でメールをチェックできるなど私たちの生活に役に立っているラップトップは、同時に意図しなかった人間工学的な問題でもあるのです。


ラップトップは外出先で仕事をするのに最適ですが、実を言えば、正しい姿勢を保つのに向いているとは言えません。仕事に没頭している時に、前かがみの姿勢になってしまっているのにお気づきでしょうか。これは何もあなただけの問題ではないのです。この前かがみの姿勢は生産性に結びついているように思うかも知れませんが、翌朝身体の痛みとつらさで目が覚めるというのは生産性とはほど遠いことです。


ありがたいことに、このひどい姿勢は単に悪い習慣であって正すことができるのです。ここからはラップトップを使用する際に適切な姿勢を維持するための簡単なガイドラインをご紹介します。
前かがみになるのをやめましょう

これはラップトップを使う際に誰もが取りやすい姿勢です。健康に害があると分かっていても、背中を丸めた姿勢に慣れてしまうとそれが快適にさえなってしまうのです。以下の方法で前かがみの姿勢を正すことができます。


・ 胸を開いた状態を維持して肩甲骨を後ろに引きます。


・ 耳と肩が平行になるように座ります。


・ 脚を交差させず、床に平らに置きます。


・ 背筋をまっすぐな状態で維持します。


最初は奇妙に感じるかも知れませんが、これは素晴らしいことなのです。最終的にあなたの身体はパターンが変化したことに気づきます。前かがみにならずに座ることがあなたの常態になるのです。

ひざの上に載せる必要はありません


ラップトップはひざの上に載せて使うことを想定して作られていますが、人間工学的に、これは痛みの作り方のようなものです。ひざの代わりにデスクの上にラップトップを置きましょう。そうするだけで痛みを作り出す可能性を大幅に抑えることができます。ラップトップをひざやソファの上で使うことを制限することは良いことですが、さらに注意を払うべきなのはラップトップをひざの上で使う時間の長さです。20分以上作業をするという場合はデスクに移動しましょう。

正しく設置しましょう


適切な姿勢を維持するためには、画面の中央が目の高さに来るようにラップトップを置くことです。デスクの高さがまだ適切な状態でない場合は、ラップトップスタンドまたはモニタースタンドを購入することをお勧めします。ラップトップスタンドはユーザーのニーズによって、永続的に設置するタイプから、旅行先に持ち運ぶ人向けの軽量のタイプまで、様々な形やサイズのものがあります。


姿勢が悪くなり、首の痛みなどの深刻な問題が起きる原因がラップトップの高さだけではない場合もあります。ラップトップを設置する際に考慮に入れるべきことをご紹介します。


・ 画面の明るさと色を確認しましょう。画面の文字が見えにくい時に、目を細めて前かがみになることがあります。

・ 画面のサイズを確認しましょう(大きければ大きいほど良い)。


・ ラップトップをデスクに置く位置を確認しましょう。デスクの端から遠すぎたり近すぎたりしてはいけません。適切な間隔は4インチから6インチです(約10cmから15cm)。
・ フォントサイズを確認しましょう。文字が小さすぎると前かがみになって画面を凝視してしまいがちです。

外付けのマウス、キーボード、モニターを使いましょう


ラップトップで作業する際には外付けのキーボードやマウスを使用しましょう。健康的な手首の位置で入力ができるようになります。何よりもキーボードとマウスを近くに置けることが利点です。キーボードとマウスが身体から離れすぎてしまうと前かがみになりやすく、首と肩の筋肉に余分な動作をさせることになります。この姿勢によって筋肉が緊張し、痛みやつらさを引き起こす傾向にあるのです。質の良いラップトップは軽量で持ち運びに便利です。しかし残念なことに、これまでのタイプよりディスプレイのサイズが小さくなりました。小さな画面では文字が読みにくくなり、目にかかる負担が大きくなります。最も簡単な解決策はラップトップを大きなLCDモニタースクリーンに接続することです。

適切な機器を購入しましょう

ラップトップスタンドの他にも姿勢を改善するのに役立つ、人間工学に基づいた機器があります。

スタンディングデスク

一日のほとんどを座った状態で過ごすことは、私たちの健康と生活の質に悪影響をおよぼす可能性があります。立って仕事をすることはこの問題に対する最も根本的な答えであり、このことは迅速に職場の新しい規範のひとつになりつつあります。ラップトップは軽量で持ち運びに便利なため、スタンディングデスクで使用するのに最適なのです。立っていると腰への負担が軽減され、睡眠を改善することができます。スタンディングデスクが過去数年間、注目を集めて何かと取りざたされているのは正当な理由があってのことなのです。シットスタンドデスクは座った状態と立った状態を理想的に組み合わせることができ、身体を動かさないという状態を防ぎます。FlexiSpotの製品をお勧めします。

・ 高さ調整可能スタンディングデスク

より広いデスクトップが必要で、現在の仕事スペースに変化を与えたいという人にシットスタンドから得られるあらゆる利点を提供します。

・ スタンディングデスクコンバーター


FlexiSpotのデスクライザーはデスクに向かって行わなければならないタスクに最適です。作業を座った状態と立った状態で切り替えて行えるタイプの製品を入手しましょう。あなたの健康と快適に仕事をするのにベストの視野角が提供されます。

人間工学に基づいた椅子


あなたに最適なオフィスチェアーを選びましょう。もちろん人によって異なりますが、理想的な椅子とはあなたに適切な高さと深さが兼ね備えたものです。

運動しましょう


適度な運動はあなたが正しい姿勢を維持することに役立ちます。仕事で忙しい平日に毎日必要な運動をするためのアイデアをご紹介します。


・ もしあなたの会社にグループヨガやピラティスのレッスンを受けられる福利厚生がないのであれば、そういったプログラムを提案しましょう。


・ 定期的に休憩を取って、オフィス内やオフィスの駐車場を歩きましょう。


・ 自宅やオフィスの近くにあるジムに入会しましょう。

・ 毎朝毎晩、眠る前と起きてすぐにストレッチをしましょう。それをあなたの一日の習慣にしましょう。


お分かりの通り、正しい姿勢は一夜にして得られるものではありません。その一方でご紹介した小さな行動を実践し、適切な機器を購入することは、より優れた健康を手に入れるのに大いに役立ちます。今日、意思を持って始めましょう。あなたの手足はあなたに応えてくれるはずです。