コロナウイルスによる緊急事態宣言で在宅勤務へオススメの商品とは?

January 15, 2021

現在は1月14日、1都2府8県に緊急事態宣言が行われました。

 

その結果として、在宅勤務になった人も多いと思われます。

 

昨年の在宅勤務を経験した人なら身に覚えがあるかもしれませんが、在宅勤務になることで仕事が捗らないだけではなく、健康を損なってしまった人も多いのではないでしょうか?

 

今回は、コロナウイルスの緊急事態宣言による在宅勤務でも効率をアップさせるための弊社の商品について紹介します。

 

病気リスクを軽減させて集中力が増す、スタンディングワークのためのデスク

 

まずはデスクワークの認識から変えていくアイテムの紹介です。

 

こちらで紹介するのは「スタンディングデスク」となっていて、基本的には「立ちながら仕事をするためのデスク」と考えれば良いでしょう。

 

スタンディングデスクは、立ちながら仕事をするために、姿勢が良くなり、集中力が増して作業効率がアップするというメリットがあります。

 

さらに、常に身体に負担を掛け続ける「座りっぱなし」という状況を回避することが出来るので、糖尿病やガンといった病気のリスクを回避することにも繋がります。

 

弊社では、デスクそのものが可変式となる「スタンディングデスク」と、いつも作業しているデスクの上に設置して使用する「卓上スタンディングデスク」の2種類を販売しております。

 

スタンディングデスクと比較すると、卓上スタンディングデスクはスペースが少し狭くなっていますが、それでも大きいサイズになるとモニターを2枚設置しても余裕があるぐらいのスペースになるので問題ないでしょう。

 

集中力の増加と運動不足の解消にも繋がり、スタンディングデスクとの相性も抜群なバイクチェア

 

2つ目の商品の紹介は「バイクチェア」です。

 

バイクチェアというのは文字通り「バイク(エアロバイク)」と「チェア(椅子)」が一緒になった製品で、運動をしながら仕事が出来るという優れものです。

 

「運動をしながら仕事をするなんて、どっちつかずになるのではないか?」と不安を感じる人も多いかもしれませんが、人間は何かの動作をしながらのほうが集中力を維持することが出来ます。

 

今なら、弊社製品の「バイクチェアV9U」を購入された方には、23,000円相当の「卓上スタンディングデスクM6S」がプレゼントされるというオマケ付きです。

 

バイクチェアはスタンディングデスクと一緒に使用することによって、より高い効果を得ることが可能です。

 

ポイントとしては、在宅勤務による運動不足の解消と、集中力が増加されることによる業務効率の向上が目的となります。

 

コロナウイルスによる緊急事態宣言で在宅勤務になったという人も多く、予定では2月上旬に解除されるということですが、そのまま在宅勤務が継続する方も多いと思われます。

 

そうすると運動不足による健康被害や、集中力の低下による業務効率の低下なども十分に考えられるので、今のうちから用意しておくのも1つの手段だと考えてください。

 

2月からワクチン接種もスタートするコロナウイルスですが、一般人が摂取できるのは早くても春先、下手をすると初夏ということも十分に考えられます。

 

そのため、2021年いっぱいは在宅勤務になるという人も多いと思われますので、在宅勤務でもいつもどおりの業務を行う準備をしなければいけません。

 

このような場合には、仕事をするための椅子やデスクから見直しをするというのも良いのではないでしょうか。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。