特別サポートを必要とする子供の細かい運動を強化する上でデスクの役割

May 13, 2021

一つの特別な愛、それは彼らが私たちに与えることができるものです。彼らは若く、無実で、純粋であり、彼らがあなたに与えるものは愛情です。彼らとはダウン症の子どもたちです。

 

彼らが単語を書くとすれば、それは心を込めて愛と書くでしょう。ただし、細かい運動技能において彼らは課題に直面することがあります。ほとんどの場合、これらの子どもたちは単語を読みやすく明確に書くことができる方法に挑戦しています。時々、彼らはまっすぐに単語を書くことができずにコントロールを失ったり、強く鉛筆を握る練習をすることができません。したがって、今日の記事では特別なサポートを必要とする子どもたちの親が経験する課題とこれらの子どもたちが驚くべき旅を続ける時に経験することを理解するために知っておくべき重要なことについて説明します。さらにFlexispotの人間工学に基づいたスタディデスクが描画やスケッチなど、細かい運動能力を高めるために行われる活動を通じて、これらの子どもたちが真の可能性を発見するのをサポートする上での役割についてもわかるでしょう。それでは今から議論を始めましょう。

 

I.運動技能

 

これらは人間の成長にとって重要なスキルです。運動技能は人々が生き残るために必要なものです。これらは大きく2つに細分化されます。

 

a. 基本的なスキル

 

これらは日常生活にとって重要です。基本的なスキルの例は以下の通り¥です。

 

-歩く

-走る

-コップ、ナイフ、フォークを使用する

-キーボードを使用する

-はさみを使う

-ペンまたは鉛筆を持つ

 

これらのスキルはさらに2つ分類されます。

-総運動技能

 

これらは、歩く、走るなどの全身の動きを含むスキルです。

-細かい運動技能

 

手や指を細かく動かす必要のあるスキルです。ペンと鉛筆を持ったり、ナイフとフォークを使ったり、飲み物を注いだりすることです。

 

総運動は細かい運動技能の下にある特定のタスクを完了するために実行されるため、細分化は運動システムでの異なる役割を意味しているものものではありません。さて運動技能の2番目のタイプは以下の通りです。

 

b. レクリエーションまたは専門スキル

 

オプションとして、興味や適性に基づくスキルです。これらのスキルには自転車、スキー、水泳、楽器の演奏、ゲームをすることなどが含まれています。

 

II. 親を助けることができる人々は誰でしょうか

 

以下は子どもを評価することができる専門家です。スキルごとにテストを行い、子どもに適した活動を行うことができる特定の専門家がいます。

 

細かい運動技能:作業療法士は子どもの細かい運動技能を評価する人です。それらのほとんどはすべての種類の子どもたち、特に特別なサポートを必要とする子どもたちが独立して活動する方法を助けます。

 

総運動技能: 理学療法士は特別なサポートを必要とする子どもたちが自信と効率性を持って総運動技能を高めるのを助けます。

 

レクリエーションスキル:教師、コーチ、トレーナーは特別なサポートを必要とする子どもたちを評価する人です。彼らのほとんどは子どもたちが自分のスキルを高めるのを助け、直面している課題にも関わらず自立して生活できるように教えるため、SPEDまたは特殊教育を習得しています。

 

上記のスキルはすべての子どもが持っているスキルです。ただし、特別なサポートを必要とする子どもたちの場合、運動能力の発達は遅れています。これは大脳のサイズの縮小、脳の成熟障害、および遅延につながる病態生理学的プロセスによるものです。したがって、一部の専門家は早期介入によって(遅れに関わらず、早い時期から開始)、ダウン症の子どもが通常の子どもと同じマイルストーンに到達することができると言っていますが、それでもかなりの時間がかかると別のアプローチが必要であるとも言っています。次のパートでは以下についてお話をします。

 

III. ダウン症の子どもの運動発達に影響を与える要因

 

以下は特別なサポートが必要な子どもたちの運動発達に影響を与える要因です。これらの要因は子どもの書く能力や握ることの発達に影響を与えますが、スキルの強化により、子どもは時間はかかるかもしれませんが、長期的にはうまくやれるようになります。子どもの家庭教師をしていた数年間、私はかつて特別なサポートが必要な子どもに出会いました。確かに挑戦的ではありましたが、大きな幸福でもありました。彼が私のアプローチを通して学ぶのを見ることができたので、私は自身の教育スキルとクラスマネジメントを向上させることができました。例えば、鉛筆の握りを練習するため、私は彼の指の動きをコントロールする特定の指の握りを使用しました。当時、彼は作業療法を受けていたので、彼の視覚の協調はすでに発達していました。私は彼へ学習強化をする必要がありました。私たちは彼の読書と鉛筆の握り方の練習をやめませんでした。それらの挑戦によって、彼はアカデミーの達成者リストに挙がりました。私たちのトレーニング中、彼のパフォーマンスに影響を与えたいくつかの要因は以下の通りです。

 

a. 認知スキル

 

研究によると、ダウン症の子どもたちは信号を受信して処理するのに苦労しています。これは運動神経経路の遅延によるものであるため、いったん動けば、不器用になる傾向があり、協調していない動きとなります。

 

b. 低血圧

 

低血圧は大雑把な運動技能と細かい運動技能の両方に影響を与える低筋緊張がある状態です。

 

c. 関節と靭帯の緩み

 

ダウン症の子どもは靭帯が緩んでいます。これが、動く時に線がずれているように見え、一部の動きが調整されていないため、モノの操作や鉛筆のコントロールの発展が困難になる理由です。

 

d. 手の形成

 

ダウン症の子どもたちの手は小さく、指は短くて硬いです。これにより、モノの操作が困難になります。

 

この情報を見れば、運動能力を伸ばす方法を特定するのに役立ちます。以下の方法は診療所または作業療法だけに限定されるべきではありません。上記のように、子どもが筋肉の協調を発達させ、不器用さを軽減できるまで、スキルの継続的な強化が必要です。以下の技術はダウン症の子どもと一般的な子どもの両方に適用されており、その中でいくつかはダウン症の子どものために特別な調整が必要かもしれません。

 

IV. 運動技能を向上させる方法

 

以下はダウン症を持つ子どもと一緒に行うことです。

 

a. 安定性:

 

良い座位と姿勢は私たちが特別なサポートを必要とする子どもたちと一緒に発展させなければならないものです。以下の点に注意する必要があります。

 

-椅子と机は頑丈で安定していて、子どもに適したサイズである必要があります。Flexispotの高さ調節可能な人間工学に基づいたスタディキッズデスクは子どもの身長に合わせて調節できるため、お勧めです。これにより、子どもは適切な姿勢と適切な座位の訓練を受けることになるため、自分の座る体勢を簡単に決めることができます。

 

b. 手のエクササイズ

 

-手をすばやく開いたり閉じたりする

-握手してこすり合わせる

-親指を各指先に順番にタップする。

 

c. 切ることと鉛筆を握ること

 

これらは特にはさみや筆記用具を握る時、子供の筋肉のコントロールを発達させるのに役立ちます。最初に筆記用具またははさみを手のひらに置く練習をします。彼らがそのコツをつかむことができるまでそれを補佐してください。ただし、この種の練習には監視が必要であり、特に机で行う時は安全を確保する必要があります。そのためFlexispotの電動昇降スタンディングデスクSD1セット(勉強机/学習机)は衝突防止において子どもにとって安全なフレームを備えており、子どもが机の上で安全に練習できるため、お勧めです。

 

V. 結論

 

ダウン症の子どもを持つことは純粋で無実である人からより多くの愛と忍耐を受け取ることができるので、幸せなことです。その旅は楽なものではないかもしれませんが、それには価値があります。だから、あなたの子どもに対して決してあきらめないでください。あなたならできます。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。