スタンディングデスクの歴史

May 19, 2021

長時間座っていることの危険性について、研究結果がその警鐘を鳴らし始めたため、近年においてスタンディングデスクまたはスタンドアップデスクの人気が高まっています。このトレンドについてのニュースを読んだ多くの人は仕事中に立つことが新しい流行であると考える可能性があります。スタンディングデスクは新しい発明のように見えるかもしれませんが、それは何年も前から存在しています。何十年にもわたって、消費者は仕事中に体を健康に保つことが生産性と集中力、そしてコレステロールの低下、心臓病、糖尿病などのリスクの低下などの様々な身体的健康上のメリットを促進することを発見しています。

 

どれくらい長い歴史があるのでしょうか?

 

スタンドアップデスクは流行として流行っていませんが、このツールは長い実績を持つ、実証済みのツールなのです。最近のスタンディングデスクの人気の急上昇は再発明ではなく、再発見なのです。リーダーから思想家まで、スタンディングデスクは人類の歴史の中で最も偉大な人々によって、自分自身とその社会を前進させるために使用されてきました。

 

しかし、他の多くのものと同様にすべての古いものが関連しています。それらは何十年もの間、偉大な人の秘密の1つでした。最初のスタンディングデスクがいつ使用されたかはわかりませんが、1400年代までさかのぼることができます。レオナルド・ダ・ヴィンチは飛行機や装甲車などの多くの発明を思いついた時、スタンディングデスクを使用していた言われています。スタンディングデスクは世界で最も優れた芸術家の1人によって使用されているだけでなく、最も古い有名な大学の1つであるケンブリッジ大学(1209年に設立)で初めて登場したのです。スタンディングデスクは1626年に図書館で最初に文書化され、立ったまま書くという概念は知的思考の最前線に引き上げられました。

 

18世紀~19世紀にスタンディングデスクを使用する人もいましたが、18世紀~19世紀により一般的になりました。それは裕福な家やオフィスに置かれました。19世紀のオフィスでは従業員ごとの個別の机はなく、共同で使用する机がありました。学校の教室でスタンディングデスクが使用されることもありました。ルートヴィヒ・ウィルヘルム・ヨハネス・コテルマン博士は以下のように述べています。

 

「近年、適切な机を使用しても、座っていると腹部の臓器や循環器にダメージを与える可能性があることが繰り返し示されています。それのため、座っているだけでなく、立っていることができる机が提案されています。これは質問する時には立ち上がり、休憩時間に運動場で激しく動き回る初級~中級クラスの生徒には必要ありませんが、上級クラスの生徒のためには検討すべきものです。」

 

米国の工業化が進み、デバイスが多くの従業員の仕事に入り込むにつれて、一日中座っている従業員が増えています。実際に米国の座りがちな仕事は1950年以来83%増加しており、体を動かす必要がある仕事は労働力全体のわずか20%を占めるのみになっています。

 

発表されたより多くの研究によれば、長期間座っていると、高血圧、肥満、心血管疾患、さらには癌のリスクを高まることが示されています。その結果、働きながら立つという概念が復活し、現代の「スタンディングデスクムーブメント」が誕生しました。

 

スタンディングデスクを使用した歴史上の人々:

 

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ

スタンディングデスクの発明者が誰であるかはわかりませんが、レオナルドダヴィンチが最初の使用者であると考えられています。スタンディングデスクで立ちながらモナリザを描いたと考えられています。

 

  • ナポレオン・ボナパルト

仕事をしながら立つことによる精神的および芸術的なメリットはイギリスからフランスに広がりました。ナポレオン・ボナパルトはスタンディングデスクを使用し、それが迅速な思考と戦争戦略に役立つことを発見しました。

 

  • トーマス・ジェファーソン

トーマス・ジェファーソンはスタンディングデスクを使用した最初の影響力の大きい米国人でした。1700年代後半、独立宣言の起草者と3番目の大統領であるトーマス・ジェファーソンはウィリアムズバーグにいる家具職人に自分の机を注文しました。彼は安定性を高めるために6本のペグレッグを備えた「トールデスク」を作りました。それはラチェットスタンドによって調整可能であり、フォリオを保持するのに十分な幅のある傾斜した机板を備えていました。ジェファーソンはこの机を使用して、バージニア州議会議事堂などの建築設計図をスケッチしました。

 

  • チャールズ・ディッケンズ

多くの人が彼を史上最高の作家の一人だと考えています。チャールズ・ディケンズは19世紀の作家であるエリザベス・ギャスケルが説明したように、彼の著書であるデイヴィッド・コッパーフィールドの「見事に鮮やかな」キャラクターをスタンドアップデスクで作り上げました。彼女は次のように説明しました。「本は床~天井まであり、スタンディングデスクがあり、そして快適でシンプルな椅子があるだけでした」

 

  • セーレン・キェルケゴール

デンマークの有名な哲学者であるセーレン・キェルケゴールは1つではなく2つのスタンディングデスクを使って、ある位置から次の位置に移動しながら洞察を深めました。この身体活動は活力と強さで精神の深遠な領域まで探求するまれな能力を与え、彼を西洋哲学の歴史の中で最も優れた思想家の一人にしました。

 

  • フリードリヒ・ニーチェ

哲学者、政治哲学者、そして現代の哲学的思考を通してその考えに共鳴させる詩人であるフリードリヒ・ニーチェは働くために立つのではなく、座っている仕事は無価値であると心から信じていました。「インク入れの前に座り、脂肪の肉を切り詰め、頭を紙の上まで低く下していた場合、私たちは彼の考え方に近づくことができるのでしょうか。自分自身を裏切ってしまうことになります。そうなると言い切れます。クローゼットの空気、クローゼットの天井、クローゼットの狭さ、以上です。」

 

  • ウィンストン・チャーチル

ウィンストン・チャーチルは第三帝国を終わらせるため揺るぎない試みを行い、尊敬される評判を得た大胆不敵な男でした。彼はよくスタンディングデスクを使って、働いていました。チャーチルの最も有名な写真の1つは葉巻を吸いながら、スタンドアップデスクで書類を読みながら、熟考しているところです。元英国首相が90歳まで生きていたので、彼は何か正しいことをしていたに違いありません。

 

  • ヴァージニア・ウルフ

20世紀で最も著名なモダニスト作家および思想家の1人であるヴァージニア・ウルフは「ダロウェイ夫人」、「灯台へ」、「オーランド」の3冊の本で最もよく知られています。本の長さほどあるエッセイである「ARoom of One's Own」で次のように書いています。「フィクションを書くためにはお金と自分の部屋が必要です。」 彼女の人生の終わりまで、独創的な詩人は立ったまま彼女の文学の傑作を読み込み、考え続けました。甥のクエンティン・ベルが説明したように、ウルフは人生のかなりの部分を「高さ約3フィート6インチ、上部が傾斜した机で過ごし、仕事をするには高すぎるので立たなければならない状態でした」と言っています。彼女の姉妹も絵を描くために立っており、そして「これは平等の基盤に問題を設定しない限り、彼女の追求は彼女の姉妹のものよりも困難ではないように見えるかもしれないとヴァージニアに感じさせました」。

 

  • アーネスト・ヘミングウェイ

ノーベル賞とピューリッツァー賞を受賞したアーネスト・ヘミングウェイはおそらく晩年にスタンドアップデスクでタイプライターを使っていた最も有名な歴史上の人物です。彼はScribner'sの編集者からインスピレーションを得て、第一次世界大戦による足の怪我のため、彼は立って仕事をしていました。インタビュアーはパリスレビューに投稿するインタビューでヘミングウェイの行動について次のように述べています。「彼が最初から持っていた仕事の習慣であり、ヘミングウェイは何かを書いているときには立っています。 彼はレッサークーズーのすり切れた特大のローファーを履いて立っています。タイプライターと読書板は彼の反対側に胸の高さで設置されています」ジョージ・プリンプトンがヘミングウェイのキューバにある寝室についてパリレビューでこのように書きました。

 

「アーネストの部屋には手紙、雑誌、新聞の切り抜きの山が積まれた大きな机、肉食動物の歯の小さな袋、2つの巻き戻された時計、靴べら、オニキスホルダーの未充填のペン、1つのファイルに収められた木彫りのシマウマ、イボイノシシ、サイ、ライオン、お土産、記念品、幸運のお守りがたくさんありました。彼は机で働くことはありませんでした。その代わりに、ベッドの近くの本棚から作ったスタンドアップを使用しました。彼の持ち運び可能なタイプライターはそこに置き、その両側の本棚の上部に沿って紙が広げられました。彼は手書きの場合には読書板を使用しました。」

 

  • スタンリー

マーベルコミックのスタンリーはファンタスティックフォー、X-メン、スパイダーマンの作者です。「ずっと立ちながら書いていました。それは見た目が良く、常に太陽に接することができ、日焼けにもなる!」と写真の短い説明文に書かれていました。

 

結論

 

そのような歴史上の偉大な人々がその歴史の中で立っていたので、今日の社会でもスムーズにスタンディングデスクを広く受け入れていていたと思うかもしれません。しかし悲しいことに、それが生と死に関わる問題であると科学によって証明されるまで、広く受け入れられることはありませんでした。スタンディングデスクはかつては裕福な人や型破りな人のためのものでしたが、今では柔軟なスタンディングデスクは必要な人なら誰でも利用できます。仕事やホームオフィスのニーズと予算を満たすソリューションは市場にあり、それらは使いやすいものです。変わっていないのはスタンディングデスクが提供してくれる健康上のメリットです。これは将来的にもこの人間工学に基づいた家具のトレンドが訪れることは間違いありません。

 

驚いたことに、これまで多く人はスタンドアップデスクに切り替えたことがありませんが、次の格言が示すように、「行わないよりも遅くなっても行う方が良い」と言えます。レオナルド・ダ・ヴィンチ、チャールズ・ディケンズ、トーマス・ジェファーソン、ウィンストン・チャーチルなどの仲間に入ってみてください。今日、座っていることによるリスクとの戦いやスタンディングデスクの身体的および心理的メリットについて評価してみてください。