高低調節デスクのチェックリスト

June 22, 2020

高低調節デスクがホームオフィスを素晴らしいものにするのは何故でしょおうか? それには、多くの要因が挙げられますが、その中でも安定性は考慮すべき要因の最たるものであるべきです。粗末なつくりのデスクは、事務機器を危険にさらし、ホームオフィスの機能を混乱させる恐れがあります。

 

スタンディングデスのクユーザーは、ほとんどの人々がノートパソコン、PCモニター、スマートフォンなど、高価な技術品を机上に置いたままにしています。デスクトップは狭く、これらの小物道具は滑り落ちて破損する恐れがあります。または、不安定で座りの悪いデスクだと、カップのコーヒーがこぼれてキーボードやノートパソコンを台無しにする可能性があります。要するに、つくりの良いデスクであれば、出来事が起きたり、注意が散漫なったりして生産性を妨げるのを防止すべく役立ちます。

 

高低調節デスクを検討されるのであれば、以下は、あなたのホームオフィスに、頑丈で安定した高低調節デスクな選ぶのに役立つ完璧な案内書です。。

 

高低調整デスクのチェックリスト

 

  安定性試験を受けているか?

 

  この種の情報は、製品ブランドの関係者から得ることができます。特定のモデルが一連の安定性テストを経たかどうかは、有望購入顧客の立場から率直に尋ねることができます。この暗転性テストとは、デスクに圧力を掛けてその安定性をテストするものです。

  このデスクは一般的な用途のデスクよりもはるかに大きな負荷に耐えます。このデスクを超えたデスクは、平均的なユーザーに安定したユーザーエクスペリエンスを提供します。この製品のビデオを見れば、人間工学家具ブランドとして、家具の安定性テストを実施しているフ「レキシスポット(FlexiSpot)が如何に信頼できるかを目の当たりにすることができます。

 

  その高低調整デスクは頑丈か?

  デスクの良し悪しは、唯一材料次第なので、製品の材料については必ず尋ねて確認しましょう。これは、デスク上に置ける機器の数量に直接関連するものです。例えば、FlexiSpotの高低調整デスクはスチールの厚板で出来ています。そのデュアルモーターフレームは275ポンドまでの積載容量を有し、トリプルモーターフレームは330ポンドまで保持することができます。デスクでかさばる機器を使用する場合は、それら機器がデスクの安定性を犠牲にしないことを確認する必要があります。

 

  脚間に最小限のギャップがあるか?

  これは非常に技術的な話ですが、デスクの安定性にとって重要な要因です。頑丈なデスクではケーシング間のギャップが限定的であることが必要がです。FlexiSpotの高度に設計された製品は、脚部の安定性に余裕を持たせるようにケーシング間に最適化された重複があります。

 

  高品質のグライドが付いているか?

  ライドは、多くの部品間に起きる摩擦を低減し、安定性と滑らかな動きを向上します。この機能は、座位置から立位置に、体に負担なく簡単に移行するのに役立ちます。

 

  脚部の耐久性は?

  スチール厚板で出来たデスク脚部は、長くて重いほどに、デスクの安定性が増します。つまりデスクの重心を下がり、前後の動きや揺れが減少するのです。

 

デスクの隅から隅まですべてを知りましょう

 

今、ここまでに知ったのは、スタンディングデスクの安定性に寄与するのは単一の機能のみではないということです。安定性のあるデスクは安定性を与える複数の部品に頼って設計されています。だからこそ、費やした金額に最高の値打ちもたらすべく、デスクに目を向けて、デスクを出来るだけ多く学ばなければなりません。