スタンディングデスク上の複数のモニター:知っておくべきこと

August 24, 2021

スタンディングデスク上の複数のモニター:知っておくべきこと

 

スタンディングデスクを見ると、現在の机の上にあるライザー、ラチェットが付いたコンパクトなデスク、電動式のシットスタンドコンバージョンデスクなど、その種類が少ないことに気付くでしょう。

 

Skypeなどのコミュニケーションツールやアプリを別の画面で使用しながら、1つのスクリーンで作業したり、1つのスクリーンでアクティブなタスクに使用しながら、別のスクリーンで参考資料を映したり、ダッシュボードに使用して製品の状態をモニターしたりすることもできます。

 

多くの人は複数のモニターを使用した場合、1つだけのモニターに戻るのが難しいと感じます。ではスタンディングデスクで複数のモニターを使用できますか?

 

スタンディングデスクがあれば、たくさんのモニターが使用できます。スクリーンに関しては、スタンディングワークステーションと標準的なデスクの間に大きな違いはありません。

 

スタンディングデスクでは多数のモニターを使用できますが、正しく使用する必要があります。一部のデスクはそれに対応していない場合があり、デスクによっては追加のアタッチメントを必要とする場合があり、さらに複数のモニター設置にはかなりの困難が生じる場合もあります。

 

物理的スペースの要件

 

多くのディスプレイに必要な物理的スペースはスタンディングデスクの最初に考慮すべきことです。これは30インチ以上のスクリーンでの作業に慣れている場合に特に当てはまります。

 

従来のスタンディングデスクは机上のスペースが限られています。2つのスクリーン(およびノートパソコン用の場所)は机上の面積の大部分を簡単に占めてしまう可能性があります。

 

幸いなことに、スタンディングワークステーションはあなたが想像するよりもはるかに適応性があります。「標準的な」スタンディングデスクは5フィート幅の長方形ですが、スタンディングデスクには様々なサイズと種類があります。大きな机を手に入れるのを妨げているものは何ですか?

 

ワークスペースが限られている場合、しかし通常のデスクよりも大きなものを置くのに十分なスペースがある場合、アートデスクを検討することをお勧めします。スタンディングデスクは標準のデスクと同じくらい簡単に組み立てることができます。

 

アートデスクがスタンディングデスクになるのを妨げるものは何もないのと同じように、L字型デスクがスタンディングデスクになるのを妨げるものはありません。また市場にはスタンディングL字型デスクもあります(上記のリンク先のものと同じように)。

 

配置:垂直または水平

 

考慮すべき2番目のポイントはディスプレイを上下に配置(垂直)に配置するか、または水平に並べるか、どちらに慣れているかです。

 

スタンディングデスクはこれらの両方に対応できますが、好みによってはスクリーンの設置方法を変更する必要がある場合があります。

 

ドッキングされたノートパソコンを1つの画面として使用し、モニターをドックに接続して別の画面として使用する場合、これは大きな問題になります。 シッティングデスクで人間工学的になセットをすべて行うことが可能です。

 

立っている時、腕とキーボードの位置が異なり、外部モニター(ノートパソコンのキーボードを使用している場合)または外部ヒューマンインターフェイスデバイス(マウスとキーボード)が必要になる可能性があります。

 

マウントまたはスタンド

 

複数のモニターを使用する場合、それらを設置するための代替案を検討した場合と検討しなかった場合があります。これはコーディングと開発に関して非常に役立ちます。

 

その結果、多くのユーザーは内蔵のスタンドを使用するのではなく、モニターアームにディスプレイを設置することを選択します。モニターアームは2つのカテゴリーに分けることができます。

 

まずウォールマウントがあります。ウォールマウントはワークステーションの後ろの壁にドリルで開けるモニターアームであり、最大6つの画面を保持できます。サポートするスクリーンが多いほど、全体の重量を支えるために壁にしっかりと固定する必要があります。

 

ウォールマウントは便利ですが、スタンディングワークステーションに常に適しているとは限りません。立っている間、人間工学的に快適であるために十分に高く、座っている間は快適であるために十分に低く画面を動かすことができなくなる可能性があります。

 

またモニターアームを設置するための高い強度を持つ壁が必要になります。デスクマウントはデスクに取り付けられ、モニターを所定の場所に設置してくれます。それらの中にはクランプに依存しているものもありますが、他はカウンターウェイト付きの自立型スタンドであり、それらを設置するために机にグロメット穴を開ける必要があるものもあります。

 

スタンディングデスクが座っている状態から立っている状態に変わると、特に機械がスムーズな電気モーターではなく手動で動かす場合、自立型のモニターアームが傾くことがあります。

 

人間工学における考慮事項

 

高さが5フィートの場合、高さは約36インチになり、高さが6フィート8インチの場合、高さは約50インチになります。手が負担をかけずにキーボードやマウスに簡単に使えるように、机上は肘の高さに設定する必要があります。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。