UL認定製品を購入することの重要性

August 14, 2020

オフィス家具をオンラインで購入ししていますか? もしそうなら、その価格、サイズ、または色に関する購入予定品リストを持っているかもしれませんね。 しかし、安全認証を取得した製品を購入すべきと考えたこがあるでしょうか?

 

米国で最も信頼できる認定の1つとして、1世紀以上にわたって製品認定の歴史がある第三者テスト会社のUnderwriters Laboratories(UL)があります。

 

それが必要なわけは?

 

UL認定の機器を使用することは、将来に大きな頭痛の種から救われるということに繋がります。なぜなら、UL認定マーク製品は、設計と安全性に関する最新の規格と規制に適合しているからです。 この認定はACコンセントに接続する必要がある電気製品だけに限定されるものではありません。

 

UL認定は、電気製品のみならず、有害化学物質の追跡テストや、他の電子機器に干渉する可能性のある過剰な電子放出についてのテストなど、その他の関連する安全基準をカバーしています。 端的に言えば、UL認定製品は厳密なテストを経ていることで知られていることから、セキュリティブランケットとして機能するものなのです。

 

UL認定は、米国の法律で常時要求されるものではありませんが、製造元の側で自発的に動いて取得される場合もあります。 それはちょっとした税金のようなもので、製造業者は、このテストに時間、お金、労力を費やしているのです。

 

ULは政府機関?

 

これに対する答えは完璧にノーです。 ここ、アンダーライターズラボラトリーズ社(The Underwriters Laboratories)は、1894年にウィリアムヘンリーメリル(William Henry Merrill)によって設立され、米国連邦政府機関の労働安全衛生局(Safety and Health Administration; OSHA)です。 ここは、サービス料で数百万ドルを稼いでいる民間営利企業なのです。

 

それでどうします?

 

以上に、ULの重要性と役割について説明しました。 しかし、それが何故にそれほどに重大事なのでしょうか?

 

単にホームオフィスだけの場合は、この認定の取得は個人的な選択です。 しかし、企業、政府、教育機関の購入者にとっては、ULの承認印が付いていない製品を購入すると、悪い結果が生じる可能性があります。 製品を使用する多数の個人を保護する必要があるのです。

 

高さ可変デスクやオフィス用トレッドミルなどの人間工学製品は、UL規格の全項目に準拠する必要があります。 たとえば、高さ可変デスクのほとんどには衝突防止検出器がありません。これは米国UL規格の要件の1つです。 ただし、テストがアジアとヨーロッパで行われる場合は事情が異なります。

 

オフィス用トレッドミルに関しては、稼働面が大きな重量に耐えることが必要です。ユーザーに最大の安全性と保護を担保すべく、主要部材と他の材料の安全性が一貫している必要があります。

 

このように考えてください。製造業者は、製品が安全で有能であり、高品質の材料で設計されていると確信しているが故に、製品テストに費用(最低約8,000ドル)と時間を費やことを厭わないのです。

 

UL認定のない製品の方が安価な場合がありますが、それは長持ちせず、今後さらに問題が発生する可能性があります。 それは単にリスクに値するものではありません。

 

一部の製造元でUL証明書を偽造する場合があり得るので、ブランドがUL証明書ディレクトリに含まれているかどうかを確認することをお勧めします。

 

まとめ:フレームはUL認定品です

 

UL認定の人間工学に基づいた製品を求めるなら、FlexiSpot以外の製品はありません。 そのデスクフレームは、ULおよびその他の認証会社によって安全であると見なされています。

 

信頼できるホームオフィス製品であると知れば安心です。