本革vs.フェイクレザー。オフィス家具に最適なのは?

November 21, 2022

もしあなたが、オフィスの改装や改築をしたものの、すべて無駄に終わってしまったとしたら、おそらくさまざまな種類の革についての深い知識を持っていないことでしょう。

 

そして、今回のオフィスリノベーションでは、プレミアムな満足を提供するために、この記事を作成しました。また、本革とフェイクレザーは見た目が似ていることも忘れてはいけません。

 

また、見た目は似ていても、注意しなければならない違いもあります。例えば、購入する前に、2つのオプションの耐久性のレベルを比較する必要があります。

 

では、どうすればいいのでしょうか?私たちの専門家チームは、フェイクレザーとリアルレザーの比較分析を構築することで、素晴らしい仕事を成し遂げました。人間工学に基づいたオフィスチェアを選ぶのが、より簡単になりそうです。では、さっそく詳細を見ていきましょう。

 

オフィス家具レザーの様々な種類

 

本革、フェイクレザー、ボンデッドレザーの3つの革製品は、現代の市場でも一流品として扱われています。しかし、長年にわたり、最初の2つのタイプにより忠実で、献身的であり続ける傾向があります。

 

本革は、この3つの中で最も高価なものです。なぜ、本革と呼ぶかというと、100%純粋な動物の皮を使っているからです。<

 

使い続けることで数カ月後には柔らかくなりますが、本革は厚くて硬いというイメージがあります。そして、よりよく楽しむためには、メンテナンスも上手に行う必要があります。

 

本革を使用したオフィス家具が20年も使用できるのはそのためです。また、エコロジーで通気性の良い素材なので、低アレルギー性で、土の香りを楽しむことができます。

 

一方、フェイクレザーはPUレザーとも呼ばれます。非常に手頃な価格で、多様なカラーバリエーションがあります。

 

耐久性の面では、2年間は途切れることなく使っていただきたいですね。フェイク家具の場合、動物の皮ではなく、合成素材が使用されている場合がありますので、オフィスチェアは若干の合成臭がする場合があります。

 

最適な革の種類を知るためのプロセス

 

レザーの種類を理解するのは簡単です。しかし、難しいのは、どのタイプがあなたのホームオフィスに適しているかを見極めることです。

 

結局のところ、ワークステーションをスパイシーに演出するために、特定の革の種類を選ぶべきかどうかをチェックする必要があるのです。

 

そこで、本革とフェイクレザーの持つ良い面と悪い面を比較し、分析してみました。それでは、始めましょう。

 

本革の長所

 

ここでは、オフィス家具を本革にするメリットを紹介します。

 

時間が経つにつれて艶が増す

 

パティーナとは、本革が出すギラギラとした輝きのことです。つまり、本革がパティナを得るほど、その家具はより洗練され、高級感を増すということです。

 

そして、ワークステーションを魅力の中心にするオフィスチェアほど、艶やかで際立ったものはないでしょう。

 

生分解性

 

先ほど、本革は純粋な動物の皮膚から採取されると言いましたが、覚えていますか?つまり、オーガニックであることは間違いありません。

 

つまり、分解されやすく、生分解性があるのです。腐った後は、植物を育てるための肥料になったり、使われずに眠っている不毛の土地に肥料を与えるチャンスです。

 

通気性の良い素材

 

動物の皮膚には当然ながら孔があります。だから、本革もそれと同じレベルの気孔率を保っていると考えてもいいのではないでしょうか?

 

本革がフェイクレザーに対して持つ強みのひとつが、この通気性です。したがって、本革を使った家具を使うことは、より通気性が良いことを保証することになるのです。

 

低アレルギー性

 

もし、あなたの肌がとても敏感だとわかっているのなら、考え直すまでもなく、一番のお勧めは本革です。なぜか?

 

これは、本革が低アレルギー性であり、ペットのフケやダニなどの一般的なアレルゲンに対して非常に頑固であることに起因しています。

 

保証された耐久性

 

本革とフェイクレザーの耐久性を徹底的に研究すれば、本革の方が寿命が長く、強度が落ちないことがよくわかるはずです。

 

そのため、20年、いやそれ以上の長い間、信頼してお使いいただけます。

 

本革の短所

 

では、本革の悪い面は何でしょうか?これらの短所は、あなたが本革から得られる満足の質に影響を与えるのでしょうか?その答えは、すべてここにあります。

 

汚れやキズがつきやすい

 

本革が多孔質であることは、先にお話ししました。ですから、本革が自然に吸収することは驚くことではありません。

 

吸水性があるため、汚れやキズを引き寄せやすいのです。そのため、本革製のオフィスチェアには、一貫した強いメンテナンスが必要です。

 

すべての従業員にとって経済的ではない

 

この2つのレザータイプから理想的なものを探す際に、最も重要なのは予算です。

 

また、残念ながら本革はフェイクに比べると価格が高いので、その点は多くのサラリーマンにとって敬遠されるかもしれません。

 

環境にやさしくない

 

職場にある本革の椅子をよく見てみると、クロームなめしの革でできています。

 

一方、製造の過程では、自然環境に大きな脅威を与えています。だから、環境保護主義者は、けげんな顔をするかもしれません。

 

フェイクレザーの長所

 

私たちが本革に携わったように、ここではフェイクレザーの長所を詳しく紹介します。

 

かなり手頃な価格とリアルな外観

 

この2つのタイプを比較すると、フェイクレザーはリアルレザーほど高価ではないことがわかります。そして、その予算に応じた容量を考慮すると、フェイクレザーはほとんどの顧客や労働者のための第1選択肢になります。

 

このように、フェイクは本革とは異なるものでありながら、見た目は本革と全く同じというのが面白いところです。そのため、多くの人が無知なままフェイクを本革と勘違いし、その逆もまた然りなのです。

 

環境にやさしい

 

フェイクレザーは生分解性がないことをご存じですか?しかし、多くの人が環境にやさしいと認めています。

 

これは、組織的な製造工程を経て、限られた天然資源を使いながら精製していることと無関係ではないでしょう。

 

動物虐待に反対

 

動物虐待に反対する姿勢を表すなら、フェイクレザーのオフィス家具はきっと気に入っていただけるはずです。なぜなら、フェイクレザーの製造には、動物が殺されたり、絶滅の危機に瀕したりすることは一切ないからです。合成皮革を使用しています。

 

ふわふわ

 

ボンデッドレザーと比較しても、フェイクレザーにはこの独特のしなやかな手触りがあります。多くの人がフェイクレザーを選ぶ理由もうなずけます。

 

さまざまなカラーバリエーション

 

フェイクレザーは、好きな色に染めることができるので、ファッションセンスもアップします。また、ワークステーションにエレガンスと気品を与える魅力的なパターンを印刷したり、刻印したりすることで、クリエイティブに仕上げることもできます。

 

メンテナンスが容易

 

フェイクレザーは軽いのが特徴です。つまり、厚くて丈夫な本革とは異なり、簡単に切ったり縫ったりすることができます。それとは別に、しないといけないことは、まぶしく保つためにきれいな湿った布で毎日それを拭くことです。

 

耐久性

 

ボンデッドレザーと比較すると、フェイクレザーはより長寿命です。色あせしにくく、剥がれたり割れたりしない。これはいいことだと思いませんか?もし、あなたがメンテナンスに熱心なら、フェイクレザーは最長で2年間、あなたの味方でいてくれるはずです。

 

フェイクレザーの短所


フェイクレザーは、見た目が魅力的な分、悪い面も少なくありません。ここでは、その欠点について説明します。

 

非通気性素材

 

フェイクレザーは、毛穴のある動物の皮から作られた本革とは異なり、合成素材から作られたものである。そして、この素材には合成樹脂のコーティングが施されているため、通気性が悪いのです。そのため、汗ばむ季節にフェイクレザーのオフィスチェアに長時間座っていると、ベタベタして不快に感じるかもしれません。

 

パティナなし

 

パティーナとは、本革だけが持つ艶やかな光沢のことです。しかし、フェイクレザーの場合、経年変化によるパティーナの生成はありません。

 

低アレルギー性材料なし

 

肌が敏感な方は、本革など他の張り地を用意することをお勧めします。また、フェイクには低アレルギー性の素材がないため、このようになります。

 

結論

 

本革vs.フェイクレザーのエピソードに幕を下ろした今、最高のレザータイプを手に入れ、オフィス家具をより快適な形にする方法について、皆さんは歯に衣着せぬ物言いをされていることと思います。

 

人間工学に基づいたオフィス家具やアクセサリーをお探しなら、ぜひFlexispotオンラインストアをご利用ください。また、お得な割引もご用意しております。今すぐFlexispotの仲間入りをしてください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。