ワークデスク用の疲労防止グッズ

April 15, 2021

机で行う仕事は肉体労働よりも簡単に思えかもしれませんが、実際に9時から5時まで机に張り付いて仕事をする必要がある人はこれには同意しないでしょう。研究結果の中には座っているだけで脚だけでなく全身が腫れ、疲れ、そして疲労感を引き起こす可能性があると示しているものもあります。

 

これらの疲労防止用グッズは仕事には直接役立つ訳ではありませんが、その過程をはるかに簡単にしてくれることは間違いありません。さらに、一日の終わりに過労や倦怠感を感じることがないので、家に帰り、リフレッシュし、全体としてより良い生活を送ることができるでしょう。

 

1.調節可能なスタンディングデスク

 

コロナウイルスの大流行前は雇用主の約60%が必要に応じて従業員が選択すればスタンディングデスクを従業員に与えることを始めていました。これはスタンディングデスクのメリットがすべての人によく理解されているということを示しています。ほとんどすべてのオフィスにおいて座りがちなライフスタイルよりもスタンディングを使用する方がはるかに健康的なのです。

 

スタンディングデスクはすべての点において立ったまま仕事を行うという原則に従っています。背中を曲げなければならない人も中にはいますが、主な考え方としては仕事中に背中をまっすぐに保てるということです。そのため、雇用主はプロシリーズデスクなどの高さが固定されたデスクを選択することがよくあります。

 

従業員は机の高さに合うように自分自身の位置を調整しなければならないだけでなく、プロデスクは非常に場所を取り、大きいものです(最大275ポンド)。従業員は座ったり立ったりする必要がある際に机の高さを調整できるオプションを利用できるため、足の動きをある程度維持しながらも、疲労を回避することができます。

 

一日中立っているのは実際よりも簡単に思えるかもしれません。スタンディングデスクは非常に役立ちますが、一日の終わりの疲れを取り除くのに十分ではありません。他のグッズと組み合わせる必要があるでしょう。

 

2.疲労防止用マット

 

ある研究によれば、これらのマットは背中へ負担も軽減します。足が疲れている場合、座るだけで数分以内に回復するため、この点は重要です。ただし、背中が疲れた場合、横になる必要があるのです。

 

これらのマットは人間工学に基づいており、快適になりすぎないようにクッション性を備えていますが、同時に関節に対して必要な安定感を与えてくれます。マットを選ぶ際、使わない時には机の下に簡単に収納できることを確認してください。

 

疲労防止用マットの代表的な例としてはスタンディングデスク疲労防止用マットDM1です。

 

3.マウント用のマウント/スタンド

 

これらのマウントはモニターの高さを上げるのに役立ち、スタンディングデスクと非常に相性が良いです。背の高い人にとってはこれらのマウントによるメリットが特に大きいですが、それ以外の人に対して何の価値も提供しないということは意味していません。

 

これらのマウントはモニターアームにも特に適しています。この組み合わせによる最大のメリットには以下のような場合に対して役立つことが挙げられます。

 

・腰痛

・首の痛み

・目の疲れ

・コンパクトで集約された職場

・整理整頓の維持

 

デュアルモニターマウントD8D / F8LDやシングルモニターマウントD8/ F8Lなど、シングルまたはデュアルモニタースタンドを購入してみてください。これらのスタンドはスタンディングデスク使用時だけでなく、通常のデスク使用時にも疲労を軽減するのに役立ちます。

 

4.ファイルキャビネット

 

疲労感を感じる最大の原因の1つは精神的ストレスです。ファイル、ホッチキス、電話などが散らかった仕事場ではすぐに疲れてしまうでしょう。ファイルキャビネットと机の下に置く引き出しはこの問題に対する理想的な解決策と言えるでしょう。

 

5.ケーブル隠し

 

最後になりましたが、ケーブル隠しも有効です。これは雑然としたものを減らし、清潔で見た目の良い魅力的なワークスペースにするために役立つ疲労防止用グッズです。スタンディングデスクは目に見える魅力がないことが特に悩みと言えます。

 

FlexiSpotはケーブルスパインCMP017、ケーブルマネジメントトレイCMP502、ケーブルマネジメントキットなど、様々なケーブル隠しのラインナップを取り揃えております。

 

まとめ

 

より健康的なライフスタイルのための疲労防止用グッズ。

 

これらは疲労を軽減し、最終的には解消するために使用できる、ワークデスク用のグッズのほんの一部です。お持ちのデスクに合わせたグッズの購入先を探すことをお勧めします。グッズを確実にフィットさせる方法としては机のメーカーからそのカスタムメイドされたグッズを購入することです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。