狭小住宅のワークスペースを快適化!家族で使えるデスクがポイント!

March 19, 2021

コロナ禍で自粛生活が続いた時期に、床面積が比較的小さな住宅・マンションでは、自宅でのテレワークや子どもの学習が効率的にできなかったというご家庭もあったのではないでしょうか?

 

自宅での仕事・作業・学習は、誰もが快適に集中して行える環境整備はもちろん、限られたスペースを有効活用するための工夫が必要です。

 

ここでは、狭小住宅やマンションのワークスペースを有効的に使うためのアイデアをご紹介します。

 

狭小住宅のワークスペースを快適にする4つのアイデア

 

狭小住宅やマンションで、個人の部屋を広く確保できず、仕事・勉強場所として家族共用のワークスペースを設けたい場合があります。

 

ここでは、狭小住宅・マンションで小さなワークスペースを快適空間にする4つのアイデアをご紹介しましょう。

 

「作業スペースを確保する」

 

リビングやキッチンの一角などに、デスクと椅子が置ける程度の最低限の空間をまずは確保しましょう。

 

ワークスペースは、父母の仕事や子どもの学習、または家事・趣味などを行うための多目的な場所です。

 

ところが、ワークスペースに多くの機能を持たせようとして、デスク・椅子・収納棚といった家具を複数設置するとスペースが不足してしまいます。

 

面積に余裕がない中で家族共用の作業スペースを作ろうとすれば、家具をたくさん置くことには無理があるのかもしれません。

 

空間に余裕があればカーテンやロールスクリーンなどで間仕切りをしても良いでしょう。

 

「ワークスペース使用のルール作りを行う」

 

ワークスペースを使用する時間帯や、誰かがワークスペースを使用している間の家族の行動などについて、ルール作りをしておくと、それぞれが快適に作業をこなせます。

 

大人と子どもでは1日のスケジュールが大きく違うので、ルール作りは無理なくできる場合が多いでしょう。

 

また、共用デスクの上は作業が終わった時には何もない状態に片付けることや、ワークスペースに個人の所有物を置きっぱなしにしないなど、掃除・整理整頓の観点からもルールを決めておけば次に使う人が快適なうえ、常に見た目がきれいになるのでストレスを軽減できます。

 

「使う人の数だけ可動式収納を用意する」

 

家族それぞれが仕事や学習に使う物を置くことで、ワークスペースは散らかり、狭くなります。また、そのために収納棚などを用意すれば、さらに空間は狭くなるでしょう。

 

ワークスペースには机と椅子しかないという状態にするには、それぞれが使う道具を、必要なときにそのまま運べる可動式のチェスト・引き出し・ワゴンといった小さな収納があると便利です。

 

個人の物は全てそこに収納して、普段は自分の部屋や他の決まった場所に置いておき、作業する時だけワークスペースに運べば、ワークスペースには余計な物を置かず広く使えます。

 

「家族全員が使える高さ調節可能なデスクを用意する」

 

ワークスペースの使い勝手を良くし、さらに空間的余裕を生むためには、デスク選びがポイントとなります。

 

家族それぞれが体に無理なく作業しやすいことを条件に考えれば、高さ調節できる机がおすすめです。

 

造りつけのデスクを設けて複数の椅子を準備する方法もありますが、椅子をずらりと並べる分だけ確実に広いスペースが必要となるため、この方法は狭小住宅やマンションには不向きと言わざるを得ません。

 

椅子は作業に集中しやすいものを一脚用意し、机の高さを各人の体型に合わせる方が、狭いスペースの有効活用という意味では効果的と言えます。

 

家族全員で使えるワークデスクとは?電動式昇降デスクという選択!

 

狭小住宅やマンションで家族全員が気持ちよく共用できるワークスペースを作るには、大きな家具を複数置かず、使う人それぞれの作業のしかたや体型に合わせられる机を選ぶと空間を有意義に使えるというご提案をしてきました。

 

また、ワークスペースには可能な限り物を置きっぱなしにしない工夫や努力も空間を常にきれいに広く保つポイントです。ここでは、限られた空間を快適な作業スペースに変えるおすすめの電動式昇降デスクをご紹介します。

 

大人と子供が一台のデスクを快適に共用するならコレ!

 

狭小スペースを上手に活用しつつ、家族みんなが快適に共用するのにおすすめなのは、FlexiSpotの電動式昇降デスクE7です。

 

このデスクは、580mm~1230mmという広い昇降範囲を無段階で調節でき、子どもから大人まで、どんな身長の方でも手元のボタンを押すだけで最適な高さに合わせられます。

 

しかもメモリ機能つきで、その都度高さを合わせなくても、机が個人別の高さを記憶してくれるのも大きな特徴です。

 

また、昇降時に障害物に触れると自動で停まる機能、お子さんやペットのいたずらを防止するロック機能など、安心機能も充実。

 

ぐらつきのない安定性とどんなインテリアにも馴染むシンプルでおしゃれなデザインも人気の理由です。

 

人間工学に基づいて設計されたデスクなので、仕事や勉強で崩れがちな姿勢を修正し、使う人の健康面もサポートしてくれます。

 

また、FlexiSpotブランドは、デスク作業に便利なアクセサリーも豊富に展開しているので、書類や勉強道具の収納に役立つちょうど良いサイズのオフィスワゴンやバスケットローリーを使えば、コンパクトで快適な自宅オフィスを作るのに役立ちます。

 

まとめ

 

たとえ狭い空間でも、使用するデスクを家族共用にしたり、物を放置しない工夫をしたりすることで快適で万能なワークスペースができます。作業に集中しやすく安全な机を選んで、ぜひ自宅での時間を充実させてください。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。