さあ、私の話を聞いてください:デスクバイクを持つことは実はとても素晴らしいのです

September 23, 2021

記事の再掲載:

 

https://arstechnica.com/gadgets/2021/09/ok-hear-me-out-having-a-desk-bike-is-actually-pretty-great/

 

そわそわ落ち着きのないエネルギーを解放してくれて、びっくりするくらい快適なんです。

 

在宅勤務をしているなら、時にはホームオフィスにぴりっとした刺激を加えてみるのも良いかも知れませんよ。私たちの中には長く在宅勤務をしている人もいます。アルスには豊富な経験があります(ホームオフィスに最適な機材についても同様に包括的なガイドをご用意しています)が、それでも私たちは動態的なニーズに合わせて、定期的にいろいろと変えていきたいと思っているのです。そうして見つけたのがデスクバイクです。

 

つまり、最近足の怪我から回復したこともあって、身体に負担があまりかからない運動として自転車を始めたのです。それでも、私の部屋にはFlexiSpotのV9デスクバイクがあって、いつも使っていますよ。あなたやあなたのお子さんは、このバイクが最近TikTokで話題になっているのをご覧になったことがあるかも知れません。それにFlexiSpotの広告キャンペーンは250万件以上の「いいね!」を獲得して、たくさんのメディアでも取り上げられましたよね。1日に30分の散歩だけでも、運動が心身の健康にいろいろな好影響を与えることが良く知られています。けれど2018年の時点で、アメリカ人の成人の80%がその毎日の基準を満たしていないのです。コンピューターから離れて実際に身体を動かすことはなかなかできないかも知れませんが、そうしないと文字通り命取りになってしまいますよ。デスクバイクは健康的な生活を送るための特効薬ではありませんが、より活動的になり、日中にたまったそわそわしたようなエネルギーを解き放つのに役に立ちます。

 

FlexiSpotってどんな会社?デスクバイクって何なの?

 

FlexiSpotは、ホームオフィス構築ガイドでお勧めした「Vari」「Fully」「Uplift」という3つのブランドと競合する、スタンディングデスクのブランドです。FlexiSpotの製品の中には、この3ブランドの高価なモデルとスペックや構造、機能性は同じなのに、数百ドル(数万円)下回る価格で提供されているものもあります。V9デスクバイクに加えて、私は最近しばらくFlexiSpotのカナ竹スタンディングデスクを使っています。私はデスクバイクが大好きですが、このカナ竹デスクもなかなか良い働きをしてくれています。トップブランドの同様の製品と比べてセットアップが簡単で、しっかりとしているように思います。

 

デスクバイクのコンセプトはシンプルで、最初は少し馬鹿げているようにさえ思っていましたが、実際に使ってみると、もっとどんどん使いたいと思うようになりました。それは、私がもともと活動的でいたいと思っていることや、仕事中にたまったそわそわしたようなエネルギーを解放するのが気持ちいいということもありますが、何より私を惹きつけてやまないのがデスクバイクの完成度なのです。

 

まず最初に心惹かれたのは、組み立て方がとてもシンプルだということです。箱から取りだしたら、バイクの脚を広げてデスクトップを取りつけるだけです(片づけるのも同じようにシンプルで簡単ですよ)。組み立ては3分で終わったのに、私の場合、必要なA2電池を探すのにもっと時間がかかってしまいましたが。距離や消費カロリー、スピード、歩調、そしてバイクに乗っていた時間を表示するデジタルディスプレイのためにこの電池が必要なんです。ディスプレイは派手なものではなく、Pelotonのタッチスクリーンディスプレイというよりも、手で持つデジタルストップウォッチに近い感じです。

 

固定式のバイクは、背もたれ付きの単品で買うこともできますし(そしてその方が数ドルお得です)、高さ調節可能なトレイを備えたデスクバイクのフルセットアップとして買うこともできます。デスクバイクのデスクトップにはリストレストも付いていて、スタンドに立てたラップトップパソコンとワイヤレスキーボードを置くのに十分な広さがあります。バイクの中央部分にはカップホルダーもついていますよ。

 

シート部分はクッション性がありますが、十分な硬さもあって快適にサポートしてくれる上、一般的な自転車のシートよりも幅が広いです。私は2時間ほど座っていましたが、痛みも不快感も覚えませんでした。これは私の後骨にとっては素晴らしいことなのです。

 

使っている時の音も静かで、後ろ向きにペダルをこぐこともできるので、気分転換にもなります。抵抗値を8段階に設定できるノブで強度を上げることもできますが、私は仕事をしながら一番低い強度でペダルをこぐのが楽しかったです。Pelotonや実際の自転車のようなフリーホイール(惰性走行)ではなく、適度な抵抗感があるので、どこか目的地に向かって走っているような感覚があります。実際はそうではないとしてもね。

 

不満な点も少しだけあります。デスクトップが少し不安定なのです。とは言え、ペダリングが不安定になるとか、デスクトップの上に置いた物を危険にさらすほどではありません。また、デスクトップを下げるのも難しいです。レバーを押してデスクトップを上げるのは簡単なのですが、下げるためには立ち上がって力を入れなければなりません。これはシートの高さを調節する際にも同じですね。最後に、デスクトップは前後にスライドすることはできるのですが、イーゼルのように上向きに傾けることはできません。些細なことですが、せっかく人間工学的に優れた製品なので、少しでも快適さを高めることができればと思います。

 

そうは言っても、このデスクバイクは、座りっぱなしの単調な仕事の1日を解消するために役立つ、使いやすくて楽しいマシンです。デスクバイクを使っていても、休憩を取ったり散歩をしたり、新鮮な空気を吸ったりということは必要です。けれど、デスクバイクを使えばその合間にもアクティブな気分を味わえますよ。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。