アクティブなワークステーション:より健康に、より良いあなたに

August 12, 2021

反復運動過多損傷が最も一般的なオフィスの問題の1つである理由があるようです。

 

手根管症候群からCVS(コンピュータービジョンシンドローム)まで、私たちの体は1日のほとんどの時間に1つのことを行うようには設計されていません。そして、建築と生産における怪我はその重症度が理由で人間工学的傷害のメインと思われているかもしれませんが、オフィスにおける怪我も同様に重要です。これは私たちが体が動きを繰り返すだけでなく、タイピングやマウスの使用などの非常に細かく正確な運動技能を繰り返すためにひどく体を酷使しているのかを考えると特に当てはまると言えるでしょう。私たちの筋肉は私たちの心と同じように色々なことを行ってこそ健康的に発達するのです。

 

職場において、繰り返しを行うことが筋肉にとってタフである理由を理解するために、机の上で頻繁に行う1つの活動ついて考えてみてください。それはタイピングです。私たちのほとんどは理想的とは言えない真っ直ぐで平らなキーボードを使用しており、手を外側に突き出ているため、リスクをもたらします。これにより、ひじ、手首、下腕に負担がかかり、ひどい姿勢になり、首や背中全体に問題が発生する可能性があります。毎日10分間、様々なテクニックを活用して筋肉を使用すれば、タイピングの危険性は低くなります。しかし何時間もそうすることで、酷使した筋肉と腱は悪化します。滑液包炎と腱炎は腫れの2つの典型的な原因です。手根管(手首の腱が通る管)で腫れが発生すると、神経に圧力がかかるため、うずきとともに痛みが生じます。ガングリオン嚢胞は体液の蓄積の結果として発生する可能性があります。

 

私たちの多くは毎日このパターンを経験しています。1日8〜10時間以上座っていることに関連する多くの健康上の問題が発生しているのです。その間ずっと座っている人は何人いるのでしょうか?

 

背中の痛み

 

人間工学が不十分な結果として、背中の痛みが発生する可能性があります。

 

あなたの仕事は痛みを伴う腰痛を経験する可能性に関連しています。コンピューターを使って働く従業員は最もそのリスクがあります。技術から電気通信まで、人は長時間座っており、ワークステーションは適切に構成されていないのです。

 

筋骨格系障害(MSD)

 

これは腱、腱鞘、筋肉、神経に影響を与える複雑で痛みを伴う状態のことです。手根管症候群(CTS)は手首の特定の経路内の神経が圧迫され、不快なものから痛みを伴うものまで様々な感覚をもたらす障害の1つです。チクチクする感じ、しびれ、激しい痛みなどが症状の一部です。腱炎は別の一般的なMSDとも呼ばれ、腱の炎症または炎症のことです。これは一般的には姿勢の悪さによって引き起こされます。滑液包炎も同様の損傷であり、滑液包の炎症のことです。滑液包炎は肘、肩、膝の痛みや腫れを引き起こす可能性があります。

 

頭痛と片頭痛

 

適切ではない照明で長時間仕事をすると、頭痛の種になる可能性があります。部屋やコンピューターのディスプレイの光自体が明るすぎたり、暗すぎたりすると、目の灼熱感、かゆみ、倦怠感から、吐き気、消化不良、さらには視力障害やかすみ目などの無関係な症状まであらゆるリスクが考えられます。悪い姿勢は頭に直接関係する肩や首に不具合を引き起こすため、片頭痛や頭痛の患者にとって重要な要素となっています。

 

ばね指

 

この障害は手の腱または腱鞘の腫れによって引き起こされます。繰り返しの行動やきつくまたは頻繁に握りすぎると、急性の不快感を感じることなく指を動かすことができなくなる可能性があります。

 

斜頸

 

首に負担をかけた状態で長時間保持すると、必然的に首の痛みが発生します。

 

 

変える方法

 

物事を切り替えることが日々のやることリストへ組み込むという重要な習慣である理由を理解するために日中のすべての行動を考え直してみましょう。始めるためのいくつかのオプションを見てみましょう。

 

繰り返し椅子を変更する

 

日中は座った姿勢と立った姿勢を交互に繰り返し、物事に変化をつけます。従来の椅子を様々な高さに調整可能なオプションを備えた人間工学に基づいた椅子と交換し、自分に最適な椅子を見つけることから始めましょう。一日が始まってから1時間後に椅子をスツールに交換してください。これを行うには位置に関係なくワークステーションを適切な高さに保つことができるよう、高さ調節可能なデスクも用意することが望ましいと言えます。そして約1時間後、再度移動し、これを1日中交互に繰り返します。

 

ここで高さ調節可能なスタンディングデスクを購入してください。

 

毎日のルーチンにもっと運動を取り入れる

 

運動は多様性のキーです。したがって、1日を通して行うことができる身体活動が多ければ多いほど、健康になります。考えながら動き続けるに、屋外でのウォーキングミーティングや移動式のスタンディングデスクを利用してください。同様に車ではなく歩いて仕事に向かうことは物事を同時に行えて、昼食時にまともな運動を行うための素晴らしい方法です。自転車は駅への行き来が足早に行えるという点で大量輸送機関と同様に優れています。

 

人間工学的デバイスに取り組む

 

調整可能性は人間工学に基づいた機器の最も重要な特性の1つです。本質的には日中は継続して使用しているため、体と一緒に動かせないものは人間工学的ではありません。前述のように、高さ調節可能なワークステーションではデスクの高さを好みに合わせて変更することで、座っている状態と立っている状態を切り替えることができます。デスクバイクは机に座ってコンピューターで仕事をしているときでも身体の動きを促進できるもう1つの優れた人間工学的デバイスです。例えば、調整可能なスプリットキーボードは半分に分割されるだけでなく、ボールとレバーの機能も備えているため、設定を変更できます。さらに人間工学に基づいたマウスは適切なサポートを提供し、疲れている時に筋肉をリラックスさせることができます。その結果、人間工学に基づいた機器が身体に適応し、怪我を最小限に抑え、アプローチの変更をサポートしてくれます。

 

ここでデスクバイクを入手してください。

 

ストレッチ

 

座る位置を変えるといったストレッチは筋肉をやさしく活性化し、様々な方法で筋肉を動かし、倦怠感や緊張の影響を軽減します。本格的なデスクヨガはオプションですが、首を左右にひねり、立ち上がって背中を伸ばし、手首を回転させると効果的です。45分ごとに短いストレッチ休憩を取り、仕事が自然な区切りにくるたびに座席でストレッチするようにしてください。さらに良い結果を得るに、これに加えて、椅子から立ち上がり飲料の自動販売機や休憩室に行くことと組み合わせてください。

 

タスクはローテーションする必要があります

 

様々な種類のタスクを交互に行い、そのようなバリエーションを1日を通して意図的に行うだけで、物事をエキサイティングな状態に保ち、少しの努力で筋肉を刺激することができます。例えば、1日の最初の1〜2時間はメールに返信するために確保し、ウォーキングミーティングを計画し、コンピューターに戻る前に片付けを行うなどです。あなたは継続的に脳を刺激し、あなたの筋肉に多くの多様性を与えながら、この方法であなた自身のモチベーションを維持します。

 

結論

 

繰り返し使用すると、筋肉に負荷がかかり、炎症や倦怠感を引き起こします。これは最適な方法ではない方法であなたの筋肉を使うことになります。これらの症状はそれぞれ、それ自体では不便ですが、より深刻な病気につながる可能性があり、永久ではないにしても、長期間機能を失うことになります。多様性は優れた人間工学、そしてより広くは健康と生産性を維持するためのキーです

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。