アクセントチェアまたはウォブルスツール:リニアワークステーションに最適なチョイス

August 11, 2021

リニアワークステーションの特徴

 

本質的にリニアワークステーションのスペースは限られています。通常は40-70cmのクリアランスしかなく、狭いスペースなのです。通常、リニアワークステーションではベイに沿って3〜4人の従業員がいて、パーティションのあるワークステーションに座っています。20平方メートルのオフィスの場合、スペースを節約し、15人以上の従業員に対応するためにパーティションがない場合があります。 

 

リニアワークステーションの欠点

 

リニアワークステーションは省スペース設計となっています。3〜4人の従業員に仕事に集中させる機会を与えることができ、同僚との良いコミュニケーションを維持することはできますが、1人の従業員が働くエリアが解放されているため、プライベートはなくなり、動きが制限さあれているのでためらいが生じる可能性があります。

 

運動やストレッチ活動のためのスペースが限られている可能性もあります。 したがって、リニアワークステーションには欠点があるのです。

 

一方、リニアワークステーションでも、健康を損なうことなく、従業員に最適化されたスペースを提供することもできるのです。

 

最高の人間工学に基づいた椅子によって、彼らの動きを最適化するのを助けることができ。 スペースの狭いワークステーションでも、簡単に座っている状態と立っている状態の動きを行うことができます。

 

その場合、スタンディングデスク、シットスタンドデスク、オフィスオーガナイザーなど、最も信頼できる製品を作っているFlexispotでは狭いスペースのワークステーションにも適合することができる最高の人間工学に基づいた椅子を提供します。これらの椅子は仕事中の従業員の正しい姿勢を維持します。Flexispotの他の人間工学に基づいた椅子と比較して、肘掛けがないにも関わらず、従業員をかがめたり、背骨に負担をかけたりすることはありません。 

 

Flexispotのウォブルスツールとアクセントチェア

 

Flexispotは人間工学に基づいた椅子のラインナップを幅広く提供しています。広いキュービクルワークステーションに適した人間工学に基づいたオフィスチェア9051のようなオフィスチェアから、小さいながらも信頼性の高いオフィスチェア(ウォブルスツールとアクセントチェア)があります。

 

まずはFlexispotのウォブルスツールの紹介です。Flexispotのウォブルスツールは通常のスツールではありません。これらは人間工学的に設計されており、従業員の座っている骨、腰、背骨の曲線に合うように作られています。

 

これらのスツールは人間工学に基づいた保護機能を提供しており、クッションに座っている人の高さに合わせることができます。少しの操作でこのスツールは簡単に調整できます。 

 

ウォブルスツールは従業員が仕事中に座ったいる状態と立っている状態の移動動作をするのに役立ちます。それはオフィスでいくつかの仕事を実行している間に従業員のアクティブさを維持することができるのです。

 

このスツールの例としては高さ調節可能なウォブルスツールBH2です。このスツールは従業員が背骨に負担をかけることなく、座席を自由に移動するのに役立ちます。驚いたことに従業員が30分以上座っていても、この製品のように人間工学的に設計されていない他のスツールと比較して、疲れませんでした。

 

また、通気性のある生地で覆われたクッションを備えています。したがって、通気性のない布で覆われているクッションを備えた通常の椅子やスツールとは異なり、このスツールに座っている人はストレスや疲労を感じる可能性が少なくなります。 

 

70KGの耐荷重があり、従業員はこのスツールに快適に座り、仕事中に座ったり立ったりするときにバランスを保つことができます。

 

実際、このスツールは仕事をする人がリニアワークステーションでの仕事を楽しむことができるように、従業員が必要とする人間工学的保護を提供してくれるのです。100ドル未満の予算で、ワークステーションで発生する可能性のある怪我から従業員を保護できます。

 

Flexispotの人間工学に基づいた椅子の次の例としては通常の湾曲したアームレストがなくても、絶対的な利便性と幸福を提供してくれる椅子です。それはアクセントチェアです。 

 

これらのアクセントチェアはすべて椅子のフレーム全体が高級鋼で作られています。それらは頑丈で錆びにくいです。したがって、従業員がそれらを長期間使用する時でさえ、その保護性を保証しています。

 

これらのアクセントチェアとウォブルスツールはそれらのサイズにも関わらず、優れた保護と快適さを提供してくれます。大きなオフィスチェアと同じようにこれらのスツールとチェアは耐久性があり頑丈です。背骨のカーブに合わせており、クッションに座っている人のバランスを確保するように設計されています。

 

これらの椅子のさらに素晴らしい点としてはその人のアクティブな座りを促進することができることです。よって、座っている状態や立っている状態の動きを行う時、これらのスツールや椅子の製品を使えば簡単にできるので、難しいことではありません。

 

背骨のためには完璧なものです

 

アクセントチェアとウォブルスツールの最高品質の部分がそれです。両方とも背骨を支えてくれます。前者は完全に湾曲した背もたれを備えており、後者はお尻と腰をサポートするシートの深さを備えています。これらの機能を備えたアクセントチェアとウォブルスツールは人の背中、特に脊椎領域に最適な曲線と波を提供するため、脊椎を完璧に補完してくれます。したがって、これらの製品をリニアワークステーションに設置すれば、仕事場で捻挫や怪我をすることを恐れずに、仕事を楽しむことができるようになります。 

 

結論

 

完璧なワークステーションをセットアップすることはいくつかの点で課題があります。ワークステーションを設置する際に考慮すべきことがたくさんあるのです。そのひとつが従業員にふさわしい職場環境です。彼らは通常オフィスで発生する怪我から保護されなければなりません。したがって、これらの課題を克服するのに役立つよう、Flexispotは従業員が仕事をするときに必要な最大限のケアを提供できる人間工学に基づいた製品を提供しています。姿勢を強化し、人間工学に基づいた病気から保護することができるものです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。