スタンディングデスクと赤ちゃん

June 21, 2021

ワーキングマザーですか?

もしそうなら、あなたに話したい物語があります。すでに聞いたか、あなたやあなたの友人が経験した話の一つに過ぎないかもしれません。それはともかく、最近一人ひとりに超えなければいけない課題がたくさんあるため、もしかすると、常に強く、慎重であり続けるきっかけになるかもしれません。
パンデミックの真っ只中にあるため、私たちは懐かしい古い時代を思い出し、貴重かつポジティブなことを学んだ経験を思い起こす時間があります。ワーキングマザーとして、私は両親がまだ生きていて幸せな家族として一緒にいたとき、ノスタルジックなものを楽しみました。両親の助けを借りながらも娘を育て、支える未亡人として生き延びることができたことを思い出しました。

私は家にいる娘のことを気にせずに働くことができたので、私の人生はほとんど上手くいっていました。なので、常に私の生産性を上げる仕事に焦点を当てていました。やがて、私は圧倒されるような高い立場に昇進しました。毎日がうまくいっていることに安堵して、家族を養うことができるくらい経済的に安定していました。

ご存知のように、人生は必ずしもバラ色のことばかりではありません。父は咽頭がんで寝たきとなり、亡くなりました。私の母はそばにいる人がいなくなってしまったことにショックを受けました。母親たちは結婚して40年になり、いつも一緒にいました。
母が未亡人になったとき、彼女一人で娘の世話をしてくれました。母が亡くなったとき、娘はもう大学に入っていました。母の死は、私の人生で最も悲しい場面でした。唯一救いだったことは、私が仕事をしている間でも娘はすでに自分の世話をすることができたことです。
学校に行く前に食べ物を作り、家の掃除もできました。なので、家の中のものはすべてきちんと整頓整理されていました。私たちの家はいつも清潔で、基本的な食材を使った料理の作り方を知っていたので、私は食事を作ることについての心配はありませんでした。私の人生は順調で、娘といれて幸せでした。そして、私は人生は常に完璧で一貫しているわけではないことに気付きました。

一方、私にはシングルマザーの同僚がいました。彼女は若く、世話をする赤ん坊もいました。私は彼女がどのようにして世話をこなし、それと同時に毎日仕事へも報告することができるのかと考えていました。聞いてみると、隣の友人が娘の面倒を見てくれていると言っていました。私は彼女にこんなに良い隣人を持って幸運ですねと言いました。

数週間後、シングルマザーだった同僚のアンが仕事の報告をしていないことに気づきました。娘が病気になったときに、世話をしていたことを知っていたので、心配はしていませんでした。数日たっても彼女は出勤しませんでした。上司は彼女の状況を知るために秘書に連絡するように頼みましたが、効果はありませんでした。
彼女の状況を知るために、私は彼女の家に行くと申し出ました。一緒に昼食を食べに行った時、彼女は私に住所を教えてくれていました。私は彼女の家に着いたが、彼女がベッドで赤ん坊を抱いて泣いているのを見て驚きました。そこで、どうしたのか、なぜ仕事に行けなかったのかを聞きました。
彼女は赤ちゃんが隣人から虐待を受けたと言いました。

ある日、家に帰って赤ちゃんを抱いたときに、赤ちゃんの体の一部に黒い斑点と腫れがあるのに気づきました。近所の人がおばあさんなのに、赤ちゃんを傷つけているのではないかと心配となり、泣いてしまってのです。

彼女はまた、娘の面倒を見る人がいないので仕事に行けないと説明しました。しかし、私は彼女に、彼女の窮状について経営陣と話すことができ、彼女がまだ働いてお金を稼ぐことができるように、彼らは彼女にいくつかの提案をするだろうと言いました。

翌日、彼女は会社に出勤し、彼女の問題についてアドバイスを求めて経営陣と会議をしました。会議はかなり長引きました。最終的に、彼女が仕事をしている間、彼女の赤ちゃんを保育園に預けることに彼女は同意しました。それは、アンと経営陣にとって双方にメリットのある解決策でした。
アンはコンピューターに非常に精通していて、模範的な労働者だったので会社は彼女を引き留めたいと考えました。アンは会議の結果に満足していました。保育園でしっかりと赤ちゃんを預かってもらうと同時に、仕事を続けて赤ちゃんと自分を支えることができました。
数か月後、彼女は娘を会社に連れてきました。赤ちゃんが元気に育っているのを見て、私たちは嬉しく思いました。赤ちゃんはオフィスにいないはずでしたが、彼女は会社に許可を求め、月に2回赤ちゃんをオフィスに連れてくることが許可されました。

大きな作業台が彼女に与えられ、パソコンや事務用品を置ける場所で作業をしました。そして、机の隅にベビーベッドがあり、母親と娘が一緒に仕事をしている光景は楽しいものでした。
本当に必要なら、会社から子どもを連れて働くことを許可されることもあると思います。大きなデスクトップであれば、あらゆることが可能です。
FlexiSpot では、あなたのような従業員が必要とするすべてのものに対応するために、大きなデスクトップを備えた大きなデスクを購入できます。ここでは、自宅の作業スペースに理想的な高さ調整と人間工学的な機能を備えた 「電動昇降スタンディングデスク E7 Pro」 を紹介します。275ポンド(約124kg)の耐荷重で、効率的に作業するために必要なものは、赤ちゃんを含めてすべて手の届くところに収めることができます。詳細は、FlexiSpotのWebサイトで確認してください。今日はついてますね!