ワークフローに革命を起こす10の心理的テクニックとは

July 01, 2021

現代の働く人々にとって、生産性(または生産性の欠如)とは、実際にそれをどう捉えるかという基本的な問題になってきています。これは多くの人々が在宅勤務を始めたばかりの頃には想定されていなかった問題です。


どうしてそうしなければならないのでしょうか?オフィスでは効率的に働くということに苦労をしてきたことはないのに、在宅勤務ではなぜ苦労しなければならないのでしょうか?これはすべて心理的な部分に帰結します。望むと望まないとに関わらず、オフィス勤務の場合と在宅勤務する場合では、あなたの脳はまったく異なる精神状態の上で働いているのです。


これは通常、無意識のうちに行われることなので、あなたの時間を最大限に有効利用するためには同じ方法で取り組む必要があります。ここからは、従業員としてのあなたが生産性を改善し向上させるために知っておくべきことを見ていきましょう。

あなたが切望しているヒント

1. 仕事スペースでは自然光を使いましょう


仕事スペースでは自然の光源を使いましょう。窓にブラインドがあれば上げてください。自然の光源を使うのが難しい場合は、自然光を模した電球を手に入れるといいでしょう。通常あなたの脳は自然の光源に心地よさを感じます。それが生産性に影響を与えるのです。

2. 快適な椅子を使いましょう


品質の良い椅子を使うことで仕事の生産性に大きな違いをもたらすことができます。1日に8時間座った状態で仕事をするのであれば、人間工学に基づいて作られた椅子が提供するような適切な背中へのサポートが必要です。ランバー・サポートシステムによってまっすぐ背筋を伸ばして座ることができるようになり、そのため脳と身体の両方がより活動的になるのです。あなたにお勧めの製品のひとつとして、FlexiSpotの人間工学に基づいたオフィスメッシュチェア1500F 1Wがあります。

3. デクラッタリング(整理整頓)で秩序を保ちましょう


あなたのオフィスが散らかっている時は、それをどう思っているかに関わらず、あなたの心も混乱しています。デクラッタリング(整理整頓)は、さっと片づけをするのと同じ位に簡単な方法です。週に1度、5分間行うだけで、あなたの生産性に効果があります。古いビンや食品のカートン、紙くず、それ以外の使わない物をすべて処分してください。

4. 運動をしましょう


「運動しなさい」と言われたい人はいないでしょう。けれど、生産性に影響を与える心理的状況を考えれば、運動は必要です。身体的にきついものである必要はないのです。朝の20分間のヨガでも十分なのです。


私たちがしようとしていることは、エンドルフィンやセロトニンなどの多様な脳内物質生成に刺激を与えることです。こうした脳内物質によって、私たちはより効率的に、スピードをもって、長い時間働けるようになるのです。

5. 十分な睡眠をとりましょう


睡眠については、毎晩8時間しっかりと眠るようにしましょう。毎晩1~2時間くらいなら余分に働きたいと思うかも知れませんが、それは翌日の仕事の効率を犠牲にすることです。


十分な睡眠が取れないと、あなたの脳は本来の機能の一部しか発揮することができません。生産性ゲームで勝利したいのであれば、十分な睡眠をとることを心がけてください。
6. 適切に水分補給をしましょう

水やその他の飲み物を定期的にとって、水分を補給しましょう。これはそれほど良く耳にするヒントではないかも知れませんが、脳が適切に機能するためには水分が必要なのです。考える、歩く、呼吸。あなたの行動にはすべて水分が必要です。身体の組織に十分な水分がないと、あなたの身体は疲れ果ててしまいます。十分な睡眠をとっているのに疲れてしまったという時は、おそらく必要な水分補給ができていないのだと考えられます。

7. 習慣に従いましょう


いつも通りのスケジュールを維持しましょう。スケジュールに従って働くことは心理的に生産性を高めるために効果的な方法のひとつです。これは在宅勤務に慣れていない人には特に重要なことです。これはあなたの脳に決まったやり方とリズムを教え込むことです。あなたの脳が、9時から夕方5時までは仕事時間だと認識すれば、調整はもっと簡単になるのです。

8. ポモドーロ・テクニックのような時間管理計画を実践しましょう


「ポモドーロ・テクニック」とは、生産性を高めるための有名な心理学的戦略です。このメソッドのひとつに、一日を通して、定期的な間隔をおいて5分間の休憩を取るというものがあります。これによってあなたの脳は働いている状態を維持し、身体が眠気を覚えるのを防ぎます。水を飲むためや目を休めるためだけにでも、30分ごとに5分間コンピューター画面から離れることで、驚きの効果が得られることでしょう。

9. 働いている時の姿勢や位置を変えましょう


効率を上げるためには身体の姿勢を変えることが必要不可欠で重要なことです。座った状態と立った状態と1時間ごとに交互に姿勢を変えながら仕事をすると、心と身体の両方が目覚めて活発になります。

10. スタンディングデスクを使って仕事しましょう


仕事を行い、タスクを遂行するためにはスタンディングデスクを活用しましょう。座っている状態から立っている状態になった時、脳は座っている時とは違う脳内物質を生成します。FlexiSpotの手動昇降スタンディングデスクH1のようなスタンディングデスクを使うことで脳をだまして、あなたが運動しているのだと信じさせることができます。それによりあなたに集中力をもたらすエンドルフィンが放出され、より効率的に機能できるようになるのです。FlexiSpotのスタンディングデスクを使うと、立っている状態から座っている状態へも簡単に移行できます。

最後に

心理学は人間の全体的な健康の改善に役に立ちます。健康心理学のテーマは、運動やや食事の改善を推奨することから、うつ病への革新的な治療法におよび、あなたがより健康で幸せになるよう手助けするための素晴らしい前向きな方法を提供しています。


ここでご紹介してきたのは、私たちが日常生活で実践できる心理学的アプローチ方法のほんの一部です。毎日の生活の中で実際に役に立つものばかりです。この記事が、あなたが会社に価値を与えられる、生産性が高く効率的な従業員であり続けるための参考になったなら嬉しいです。