2022年に予想される職場のトレンド

May 10, 2022

今日の急速に変化する世界において、ほんの数年後でも何が起こるかを予測することは困難です。しかし、職場に関して、将来のトレンドを理解することで、時代の先を行き、これから起こることに備えることができます。2022年以降に予想される職場のトレンドをいくつか紹介します。
これらは単なる予測であることに注意してください。何も確定したことなんてないのです!

 

2022年に職場で何を期待すべきですか?

 

2022年までに一般的になると予測されるトレンドのいくつかを以下に示します。

 

ハイブリッドおよびリモートワーキング

 

コロナウイルス大流行のため、多くの企業は従業員に在宅勤務を許可しています(少なくとも一部在宅勤務)。これが成功するかどうかについて最初は懐疑的でしたが(従業員同士のつながりや会社の目標やビジョンを維持することが困難)、ほとんどの企業は実際に生産性を高め、オフィスの賃料や通勤費のようなコストを削減できることがわかりました。

 

2022年、リモートワークは従業員がこれまで知らなかった柔軟性と自由を提供するとわかったため、彼らのほとんどはオフィスに戻ることを躊躇しています。したがって、組織は従業員が新たに見つけた自由を維持し、仕事生活を管理できるようにするアプローチを見つける必要があります。ハイブリッドワークは従業員が週の数日はオフィスで働き、残りは在宅勤務をするという、両方のメリットを取ることができます。組織としては従業員の才能を繋ぎ止めておきたい場合、オフィスに行く時、在宅勤務をする時の選択ができるようにすることを検討する必要があります。

 

役割よりもスキルに焦点を当てる

 

最も効果的な従業員は仕事に熟練している人々です。スキルは組織のビジネス上の問題を解決し、ソリューションを提供できます。役割は従業員と組織との関係を示します。これは時間の経過とともに変化し、新しい企業はよりフラットな構造を採用しています。

 

従業員が自分の役割を遂行する能力ではなくスキルを伸ばすことができれば、従業員はより多くのキャリアオプションを持つことになり、組織にとってはるかに大きな資産になります。

 

自動化とAIの増加

 

人間の労働者が現在行っている多くの仕事は機械によってより効率的かつ安価に実行できるため、企業はますます人間の労働者に取って代わる自動化とAIに目を向けています。

 

AIは当初、仕事で繰り返されるタスクを処理するために使用され、従業員は創造性、感情的知性、戦略的思考などのより人間的な側面の役割を担う必要があります。最終的に、自動化により、組織は新しい従業員を雇うよりも安価になるため、社内で役割を再考し、スキルを磨く必要があります。

 

才能を維持することの難しさ

 

コロナウイルス大流行により、人々は優先順位を再考することを余儀なくされ、多くの人々が仕事を辞めることになりました。急速な経済成長やスキルのミスマッチなどの他の要因も、あらゆる組織の人材不足の一因となっています。技術の進歩は従業員が仕事を得るのには役立たず、意図された仕事に役立つだけですので、このギャップを広げるだけです。したがって、組織は才能を確保し、維持するための激しい競争に勝たなければなりません。

 

仕事と生活の柔軟性、ベネフィット、ボーナスなどのインセンティブを提供することは才能を維持するための1つの方法です。賃金を上げる代わりに、週労働時間を短縮する人さえいるかもしれません。組織はより幅広い人材プールを活用するため、採用慣行をより包括的にすることもできます。新しい従業員を採用する以外にも組織はギャップを埋めるために既存の従業員の再スキルアップを行うことも1つの方法です。

 

透明性と説明責任

 

ますます成長する接続性とソーシャルメディアの世界では透明性と説明責任がこれまで以上に重要になっています。従業員と顧客が裏で何が起こっているのかを知りたいと要求するにつれ、この傾向はすでにビジネスの世界で定着し始めています。

 

世論の大きな変化を受け、労働者と社会は経営者と組織に説明責任を負わせることを求めています。組織がポリシーを作成し、実際の遂行をすることをしないで命令するだけではもはや十分ではありません。 これは才能を維持し、利益を得る上で非常に重要です。

 

企業は約束をどれだけ果たしているかに基づいて判断されます。したがって、組織は多様性、包括性、公平性、財務に関するオープン性、製品やサービスに関する情報の共有などについて透明性を保つ必要があります。

 

職場における多様性、公平性、包括性(DE&I)

 

2022年以降もダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンが職場の重要な課題であり続けることは間違いありません。私たちの社会がより多様化するにつれ、職場はその多様性を反映しなければなりません。私たちは経歴やアイデンティティに関係なく、すべての人が平等に成功する機会を確保する必要があるのです。

 

DE&Iはすべての人にとってより前向きで生産的な職場環境を作り出すのに役立ちます。これらの取り組みを優先しない雇用主は不利になる可能性があります。来年はDE&Iプログラムとポリシーを設定する企業が増え、これらのイニシアチブをサポートするためのトレーニングとリソースへの投資が増えると予想されています。

 

より多様で包括的な労働力を持つ企業は経済的に優れた業績を上げ、優秀な人材を引き付けることができることを示す証拠が増えています。McKinsey&Company社による2015年の調査によると、人種および民族の多様性で上位4分の1に入る企業は国内の業界中央値を上回る利益成長を得る可能性が35%高いことがわかりました。これは意見や見方に多様性があることによるものです。

 

健康に焦点を当てた職場の台頭

 

健康に焦点を当てた職場は特にミレニアル世代の間でますます人気のあるトレンドになっています。人々はますます良い仕事と生活のバランスを提供し、幸福度合いを向上させることを可能にする仕事を探しています。

 

ますます多くの企業が従業員の健康の重要性を認識し始めており、健康的なライフスタイルを促進する方針やプログラムを実施しています。このトレンドは医療費の増加、労働力の高齢化、肥満や糖尿病などの慢性疾患の増加など、多くの要因によるものです。雇用主は従業員を維持したいのであれば、従業員の健康と福祉をサポートするためにもっと多くのことをする必要があることに気づき始めています。

 

健康に焦点を当てた職場で働く従業員は通常、幸せで、ストレスレベルが低く、燃え尽き症候群が少なくなります。彼らはまた、より生産的であり、より良い精神的な明晰さを持っています。会社側としては健康に重点を置いた職場にすることで、医療費が削減され、生産性が向上し、離職率が低下します。

 

健康に焦点を当てた職場を作るための最も一般的な戦略としては健康とフィットネスのメリットの提供、健康診断やその他の予防ケアサービスの提供、健康教育プログラムとリソースの提供、職場のストレス軽減イニシアチブの促進、従業員支援プログラム(EAP)、メンタルヘルスサポート、健康的な食事の選択肢の提供、会社の敷地内でのウォーキングまたはサイクリングパスの確立、チャイルドケア、フィットネスセンター、調整可能なスタンディングデスク、調整可能な椅子、アンダーデスクバイク、アンダーデスクトレッドミルなどの健康的なルーチンを実施するワークスペース設備の提供などがあります。

 

ソフトスキルに重点を置く

 

働くことは従業員にソフトスキルの向上をさせることを余儀なくさせました。仕事の未来にリモートワークのバリエーションがどのように含まれるかを考えると、ソフトスキルの重要性はますます高まります。事実上同僚とコラボレーションし、上司による監督なしで仕事し、問題解決を行う必要があるため、ソフトスキルが重要となっているのです。組織は従業員のスキルアップを行い、リーダーシップの役割を再考する必要があります。ソフトスキルは定量化するのが難しいかもしれませんが、高い実績を上げるチームを構築するために必要です。

 

ギグエコノミーの成長

 

ギグエコノミーはここ数年着実に上昇しています。Mastercard社によると、その市場規模は2023年までに45兆円まで成長すると予想されています。ギグエコノミーは3点から構成されています。ワーカー、コンシューマー、およびそれらを接続するプラットフォームです。役割ではなくスキルに新たに焦点を当てることで、ますます多くの労働者がこれらのプラットフォームを使用する側で完全に自営業またはフリーランスとなります。

 

テクノロジーの進歩により、労働者は自分の才能を誰にでも売ることができるようになりました。このように自営業として仕事を行うことで、労働者はクライアントを選択し、どこからでも仕事をすることができ、時間に柔軟性を持たせることができます。組織がこれらのメリットと競争することは困難です。そのため、従業員の福利を優先する必要があります。

 

さらに、大企業と競争できない中小企業はこれらのプラットフォームに関する幅広い専門知識にアクセスできるため、大幅なコスト削減になります。

 

より協調的なソーシャルワーク環境

 

2022年までに、社会的で協調的な環境で働くトレンドが標準になると予想されています。より優れたコミュニケーションおよびコラボレーションツールを可能にするテクノロジーの進歩により、より多くの企業がこのタイプの仕事構造に移行しています。

 

これは、雇用主が従業員に共通の目標を達成するための相互作用を促し、協力できるスペースの作成に集中することを意味しています。この変化は企業がグローバル市場で競争する必要性の上昇によって推進されています。先を行くためには従業員がアイデアを共有し、協力できる環境を作る必要があることを企業は認識しています。

 

このトレンドはミレニアル世代の労働力の増加によっても推進されています。ミレニアル世代はコラボレーションと社会的相互作用を好むことで知られています。彼らがより多くのリーダー的ポジションを担うにつれて、チームワークとコラボレーションを強調する職場が増えることが期待できます。

 

持続可能な慣行の増加

 

世界が環境を保護する必要性をますます認識するようになるにつれて、持続可能な慣行は職場でより一般的になる可能性があります。気候変動の多くの証拠と環境と人間の健康の両方に対するその悪影響により、雇用主は職場で持続可能なポリシーとその実施することの重要性を認識し始めています。 ますます多くの企業が持続可能なポリシーを採用するにつれて、このトレンドは2022年以降も成長し続ける可能性があります。
これについてどう思いますか?

 

1.気候変動に対応したワークステーションと持続可能な慣行の適応。持続可能性の重要性に対する認識が高まるにつれ、ますます多くの企業が持続可能な慣行を事業に取り入れることになります。これには再生可能エネルギーへの投資、グリーンサプライチェーンの採用、リサイクル材料の使用からエネルギー効率の高いプロセスの実装、エネルギー効率の高い技術の使用、使用していないときの機器の電源切断、環境に優しい輸送オプションの選択など、あらゆるものが含まれています。

 

2.消費者がますます持続可能な製品とサービスを求めています。持続可能性が消費者にとってより重要になるにつれて、彼らは持続可能な製品とサービスを提供するビジネスを探し求めます。これは環境に優しい製品とグリーンサービスの需要の増加につながる可能性があります。

 

したがって、時代の先を行くことを検討している場合、ビジネスをより持続可能にする方法について考え始めてください。これは競合他社との差別化を図り、環境に配慮した消費者を引き付けるための優れた方法となる可能性があります。

 

結論

 

2022年も、多くの職場のトレンドが引き続き重要であることは明らかです。これには社会的および共同仕事環境の台頭、持続可能な慣行の普及、AIの使用の増加、リモートワークの増加などが含まれます。これらの変化はテクノロジーの進歩、労働力のミレニアル世代の台頭、そしてグローバル市場で競争する企業のニーズの変化によって推進されています。

 

これはあなたにとってどういう意味を持ちますか?今後数年間で時代の先を行くことを考えているのであれば、これらのトレンドに遅れずについていき、ビジネスに組み込む方法を見つけることが重要です。そうすることで、職場で起こっている変化を活用し、競合他社に先んじることができるようになります。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。