人間工学に基づいたチェアとは何でしょうか?デスクバイクとの違いは?

April 30, 2021

サラリーマンは寝る時にベッドの上で過ごしているよりも長い時間を仕事中に椅子に座って過ごしています。人々は平均して人生の3分の1を睡眠に使っているため、タスクチェアは私たちの生活の中で最も使用されている家具の1つとなっています。

 

仕事で使用する適切な椅子を手に入れることは生産性と健康にとって重要です。オフィスに適した備品を準備することはワークスペースの人間工学において欠かせない要素となっています。しかし、それは見過ごされがちです。タスクチェアはこの不一致を是正するために設計されています。

 

しかし、人間工学に基づいたタスクチェアとは正確に言うと何であり、なぜそれらが重要なのでしょうか?

 

タスクチェアの品質とは何でしょうか?

 

人間工学に基づいたタスクチェアは特別なデスクチェアまたはオフィスチェアです。他の「オフィスチェア」とは異なる特徴を持っています。

 

良い姿勢を促進してくれます。

 

タスクチェアはタイピストや速記者が仕事で使用したオペレータースタイルのチェアから設計されています。これらの椅子は背中をまっすぐに保ち、肩からの体重を減らすのに役立ち、タイピング速度を速くしてくれます。

 

最新のタスクチェアは同じ健康上のメリットを発揮し、また関節や筋肉へのストレスを軽減するため、体を直立の姿勢にするのに役立ちます。

 

それらは機能的であり、生産性を促進してくれます。
タスクチェアは一般的にシンプルなデザインになっています。回転させて高さを調整することができます。これはあなたの仕事を完了させるために使用されます。その他の付属品は不要となっています。

 

ワークスペースや体型に適応します。

 

他の特殊な椅子は体の特定の領域をサポートするために作られています。しかしタスクチェアは調整可能であり、いくつかの体型に対応できるように設計されています。これらは通常、共有のワークスペースに置かれています。優れたタスクチェアは当然あらゆる人に対応できます。

 

タスクチェアのメリット

 

タスクチェアの役割は生産性を高めることです。したがってそのメリットは機能的であり、従業員がより快適に仕事を完了できるようにすることです。あらゆるオフィススペースでタスクチェアを使用でき、以下のことが可能です。

 

肩、背中、股関節の痛みを軽減します。

 

タスクチェアは人間工学に基づいた姿勢を促進することにより、肩、腰、背中のストレスを取り除きます。それは従業員が快適に座り、より集中することを可能にし、そしてうまくいけば将来発生する痛みを防いでくれます。

 

プロフェッショナルな環境を作ります。

 

専用オフィスを持ち、潜在的なクライアントに見てもらうことはサービスを重視する彼らにとって良い印象を与えます。タスクチェアはオフィススペースに統一感をもたらし、プロフェッショナルな見た目にするための費用対効果の高い方法となっています。各ワークステーションで同じオフィスチェアを使用すると煩雑さが軽減されます。プロフェッショナルではない見た目は潜在的な従業員やクライアントが離れていってしまう可能性があります。

 

オフィススペースを効率的に活用できます。

 

タスクチェアは大型のエグゼクティブタイプのオフィスチェアとは異なり、机の下に収まるように設計されています。また回転するため、簡単に移動させることもできます。

 

共有の仕事環境での生産性を向上させます。

 

従業員が様々な場所で働く時、タスクチェアはオフィスの見た目を同じに保つので、彼らは常に何を期待されているのかを認識することができます。優れたタスクチェアはワークスペースの生産性、プロ意識、そして効率性の向上に役立ちます。

 

タスクチェアにおいて何を求めるべきか。

 

  • 優れたタスクチェアは不要な機能を追加することなく、従業員の生産性と効率を高めてくれます。
  • タスクチェアを探す際には、タスクチェアが以下であることを確認する必要があります。
  • あらゆる体型に対応するよう調整できる。
  • 工具なしで調整可能である。
  • 簡単に回転し、移動させることができる。
  • ワークステーションやデスクの高さにフィットする。
  • 通気性がある仕様になっている。
  • すばやく簡単に座ったり立ったりできる。

 

これらの品質によって、タスクチェアは職場において機能的で信頼性の高いものになっています。

 

完璧なタスクチェアを探すのに役立ついくつかの重要な考慮項目を以下に示します。

 

タスクチェアの使用

 

  • 腕と距離

 

少なくとも20インチ机から離れて、快適に座ることができる。上腕を背骨と平行にしてください。肘が90度の角度になっていない場合、タスクチェアの高さを調整して、手を机の上に置きます。

 

  • 腰のサポート

 

椅子の背もたれを100〜110度の角度でリクライニングし、お尻を椅子の背もたれに押し付けます。クッションは腰をわずかにアーチ状にし、背中への負担を最小限に抑え、時間の経過とともに腰がかがむことはありません。

 

  • 休む時の目の高さ

 

首をリラックスさせ、自然な位置に保つために、あなたの視線はパソコン画面の中央にあり、目の高さから数インチ上の真正面に向ける必要があります。画面が視線よりも高いまたは低い場合、上部脊椎への負担を軽減するように調整してください。

 

  • 椅子のメンテナンス

 

何時間も座った後、タスクチェアで正しい姿勢を保つ簡単な方法は立ったり動かしたりする運動を行うことです。研究によると、長時間座っている場合、30分毎に立つと、血流が増加し、体が活性化します。職場で10分間早歩きを行うと、長時間座っていることによる悪影響を和らげるのに役立ちます。より長い期間行うと、良い姿勢を保つために必要な筋肉が増える可能性があります。

 

  • タスクチェアの選択

 

多くのメーカーがタスクチェアを生産しており、それぞれが様々な価格と様々なデザインで独自のスタイルの椅子をラインナップに取り揃えています。このように幅広い選択肢があるため、完璧な椅子を見つけるのは難しいでしょう。上記のような正しいものを見つけるためのアドバイスを活用しましょう。

 

ある研究によると、人は1日あたり約10時間座っていることが示されており、健康の専門家によれば、長時間座っていると健康に悪影響を与える可能性があると警告しています。低エネルギー、高血圧、および肥満はこれらの悪い習慣を行うことから生じる可能性があります。ただし仕事中に座るのを避けることは口で言うほど簡単ではありません。

 

企業は従業員が健康的なライフスタイルを追求するのをサポートすべきです。運動と良い姿勢を促進するため、より良い人間工学に基づいた机と椅子を提供しなければなりません。Flexispotでは人間工学に基づいたタスクチェアが豊富に揃っています。オフィスチェアOC5Gはその一例です。

 

結局のところ従業員が自分の仕事にもっと注力することで生産性が向上します。これにより、会社の利益が増え、オフィスのプロフェッショナルな見た目が維持できるのです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。