背中の痛みを和らげるために体重をへらすこと:それは効果があるでしょうか?

September 04, 2020

体重は背中の痛みとの関係性について

背中の痛みと減量、この2つのトピックの間には、ほとんど関係性は無いように見えます。そのようには見えるものの、実際には真実からはかけ離れています。肥満と脊椎の問題の間には、直接的な関連があることが証明されています過剰な体重は、脊椎を更に圧迫し、負荷をかけることにつながります。うした過度の緊張とストレスは、脊椎と背中への損傷の可能性の増加につながります。肥満者では、腰部またはそれより下部での損傷リスクが増加していること判明しています。これは身体中央部の過剰な体重が原因です。骨盤が前に引っ張られると、に負荷が掛かり、様々な種類の痛みを引き起こします。そしてやがて色々な医学的問題発生します。

ただの運動以上の効果

簡単な解決策としてはシンプルに運動することもありますが、体重を減少させることで腰痛を和らげようとするならば、もっと多くの点について考慮しなければなりません。間違ったやり方を行うと、実際には運動腰痛が更に進み悪化したり、らく損傷を患うことにもつながります。適切な食事療法と適度な運動、そして全体的健康的なライフスタイルを維持することのバランスを見つけることが肝要です。今現在腰痛を経験されている場合、特にそれく続いている場合は、理学療法士に相談し、背中の痛みやその他の関節の痛みを悪化させずに取り組める最善のエクササイズとストレッチについて、指導してもらえるよう相談することが最善策でしょう。それは余分な体重を減らすだけではなく、より充実した生活を送ることが出来る、より健康的なライフスタイル手にいれることにもつながります。

簡単なストレッチから始めましょう!

すでに背中の痛みを感じている場合は、痛みの緩和に直ぐに役立つ簡単なストレッチをいくつかお試しください。これについては長期的な解決策ではなく、より健康的でハッピーな生活を送れるようになるための旅を開始するに当たっての、一つの手立てであることをお忘れなく。

チャイルドポーズ

これは伝統的なヨガのポーズ、全く難しいことはありません。これを行うことで脊椎首、肩の痛みと緊張和らげることが出来ます。このストレッチを試す前に、実際に行えるスペースが十分にあることを確認し、床にヨガマッ毛布を敷いてください。手のひらと膝から下を底につけ、次に臀部を沈めかかにつけ、休ませるようにします。を太ももの上に乗せるようにします。腕を前方に伸ばすか、あるいは手のひらを上に向けて体の前または横に伸ばします。深く呼吸し、緊張したり張っている部分をリラックスさせることに集中してください。最長1分間この姿勢のままでいます

ねじりのポーズ

このシンプルなストレッチにより脊椎の動く量を増やし、背中や胃のあたり、肩などを伸ばします。 クッションの端に座って、両脚を前に伸ばします。クッションの端に座り、両足に伸ばします。次に右膝を曲げ足を左太ももの外側に持って行きます。を曲げ、足右太ももの近くに持って行きます。両手のひらが向かい合うように腕を持ち上げます。背骨の付け根から始め、右側にひねります。右手後ろに回して身体を支えるようにします。左腕は右足の方に回し、ハグしているようにするか、あるいは上腕を太ももの外側に持って行きます。最大1分間この姿勢を維持し、逆側で同じストレッチを繰り返します。

これら2つが背中の痛みを和らげることにつながる簡単なストレッチです。これらのポーズを取る際に痛みを感じると思う場合は、すぐにストレッチを止め、医師に相談することをお勧めします。

医師への相談

これらの簡単なストレッチは短期には腰痛を和らげることに役立ちますが、腰痛を解決する最善策を見つけるには、主治医または理学療法士に相談することお勧めです。怪我をせず、何がご自身やご自身の身体にとって最適かを見つけるには、常に専門家の意見に耳を傾けることが最善であることをお忘れなく。