長時間の執筆活動

September 18, 2021

メンタルブロックは多くのライターが直面している問題です。執筆中に急に勢いがなくなったり、急に思考の流れが止まってしまって書くことができなくなることがあります。以前の思考の流れを取り戻し、再構築するには多くの時間を要します。ライターズブロックは次のことが原因で発生します。


情報過多 - 脳が処理しなければならない情報が多すぎる場合は、新しいアイデアを紙に書く必要があります。特に書いていて、他にすべきことを考えているときや、家族の問題や仕事の問題など、すぐに解決しなければならない些細な問題について考えているときによく起こります。

適切な時期が見極められない - 仕事をしなければならなくなり、できるだけ早く特定のトピックについて書く必要がある場合に起こります。執筆とは、ライターの考えを集め、アイデアを整理し、それについての草稿を書くのに十分な時間を必要とする活動です。すでに磨かれ、読者がその構成の一部を楽しむことを理解できるように思考がよく整理されるまで、再度書き直しを行います。

インスピレーション - うまく書くためには、インスピレーションややる気が必要なライターもいます。独自のインスピレーションを持っていると言われている有名なライターや詩人は、アイデアが書きはじめる前から頭の中に自由に流れています。


書くことに対する否定的な考え - 紙に書く前に読者の反応を心配する熱心なライターがいます。特に、そのライターがその分野の初心者で、それに挑戦したいと思っている場合に起こります。新米のライターの場合にも起こりえます。しかし、他の職業と同様に、書くことが本当に意味のあるものであれば、試してみる必要があります。


文章を書く雰囲気ではない - できれば、山のある地域、海岸の近く、大きな木の下など、自然に近い静かで落ち着いた雰囲気で文章を書こうとするライターもいます。しかし、車の騒音、人の通る音は、現代性、情熱、エネルギーなど、都会生活の中で刺激を受けてアイデアを書いているライターもいます。


 
実際、コーヒーショップはライターの憩いの場です。人々がお互いに交流したり会話したりする騒音は、脚本を書く動機となるライターにとって関心のあるものと捉えたりします。


私はライターズブロックを経験すると、書くことを強制しません。私は自分のコンフォートゾーンから出て、自分を喜ばせたいことを何でもし、書く前に数分間でもやる気を起こさせます。実は、好きなケーキを食べたり、果物やチョコレートを食べたりしてから書きます。特に締め切りが迫っている時に書き始めることができる戦略です。


私はその日の執筆作業を終えなければなりません。しかし、その創造的な力が頭から流れ出るようにするには、本当にやる気が必要です。書くのは簡単ではありません。たいていのライターは私に同感してくれると思います。


執筆の条件を整え、モチベーションを高めようとしている私には、新米ライターとして次のような戦略があります。


フリーライティングを行う -トピックについて深く考えずに、トピックについて何でも書くという活動です。完璧な文章が書けるようになるまで、言葉やフレーズを書くように手を誘導します。私は、自分の考えを書いたり心の中を整理するために、ほとんどの時間をこれに充てています。


書いているセッティングを変更する - どこか別の場所に行って、やる気を起こさせたり、脳をリフレッシュさせることで、机の上に座って書き始めたアイデアが自然に流れていくようにします。


 近くにいる人と会話をする – 園芸を趣味にしている方でも、あなたの気分を正しい方向に保ってくれる協力者です。つまり、植木屋さんでも、特に、植木や花についての話をするときは、ある程度のセンスと興味を持って話をします。結果的に、これから書こうとしているトピックに関連するアイデアがたくさんあることに気付くことができます。


好きなクッキーやサンドイッチでコーヒーを飲む


今いる家族の誰かと一緒に楽しく遊ぶ


やる気を起こさせるような本を読む


記事の途中部分から書き始めます。それは、結論やタイトル、序文でも構いません。書き始めて。アイデアがすでに紙に書かれている場合、整理が容易になります。

覚えておいてほしいのは、私はこれらのことをすべてやった結果、執筆活動において役立ちました。脳がすでに書くように指示されると、私は机に戻り、書き続けるために走り書きやフリーライティングを始めるようになっています。


私の最大のインスピレーションの一つとして、FlexiSpotの調整可能なスタンディングデスクを持っています。 電動昇降スタンディングデスクEG8セット(ガラス天板)という製品になります。製品には、ほしかった機能が搭載されています。


高さは調整可能なので、座っても立っても作業でき、ユーザーの身長に合わせることができます。この調整可能なスタンディングデスクは、目的に合わせた革新的なデザインが施されています。内蔵されている引き出しは、オフィス用品やスマートフォンなどを収納するのに十分な大きさです。


スマートフォンやあらゆるデバイスを充電できるUSBポートが内蔵されているため、書き込みや仕事と仕事の合間に電話をかけることができます。導入は3つのステップで完了することができ、「執筆」という冒険への準備を整えることができます。
長い時間を書くことが、あなたにとって喜びと快適な経験になります。