人間工学に基づいた設計原理を予算内で実施する

July 04, 2022

オフィス全体を一新するのは大変なことで、多くの雇用主が「費用がかかるから」と躊躇しています。

 

しかし、人間工学的な改善にはコストがかかると思い込んでそのままにしておくことは、実は改善そのものよりもはるかにコストがかかってきます。オフィスの改造は実はそれほどコストがかかるものではありません。

 

人間工学を含め、ほとんどの問題には、簡単で低コストの解決策がたくさんあります。実際、他の多くの問題とは異なり、人間工学は低コストのソリューションが持続可能である分野のひとつです。

 

それでは、オフィスでの人間工学を改善するための低コストな解決策をいくつかご紹介しましょう。

 

腰のサポート力を維持する

 

腰痛は非常に一般的なものであり、コンピュータを長時間使用する人が増えるにつれて、ますます一般的になってきています。そのため、ランバーサポートは非常に重要であり、またメンテナンスという点においても簡単です。

 

最近では、ほとんどのチェアにランバーサポートが搭載され、湾曲部が設計されています。しかしそれだけでは十分とは言えません。椅子は正しい高さに、正しいタイプのフィット感で配置されなければなりません。

 

調整された椅子と背もたれがあれば、これらの問題に簡単に対処でき、従業員の人間工学的な懸念に確実に対処することができるのです。人間工学チェアは高価なため、これを高価なソリューションと考える企業もありますが、ランバーサポートを提供する背もたれクッションなど、サポートアイテムはたくさん販売されています。

 

重要なのは、このような痛みを避けるために、サポートアイテムであれチェアそのものであれ、背中をきちんと支えることなのです。

 

背もたれの角度を調整する

 

オフィスチェアによくある誤解は人間工学的に背もたれを90度にして座った方がいいというものですが、これは間違いです。前傾姿勢ほどではありませんが、やはり快適とは言えません。背中にとって最適なポジションは93度から113度の間であり、しっかりとしたバックサポートを伴う必要があります。

 

背もたれの調節はとても簡単で低コストなので、悪い姿勢に関する多くの心配を簡単に取り除くことができます。

 

モニターの高さを調整する

 

モニターの正しい位置は多くの問題を解決するのにも役立ちます。首や肩の周りのストレスや緊張の主な原因はコンピュータの画面を見上げたり見下ろしたりしなければならないような位置にあることです。

 

画面の上部が目の高さになるようにモニターを設置すれば、首の違和感を感じることなく仕事をすることができます。ワークステーションの設定を調整するのは複雑ですが、人間工学的に優れた実践のためには必要なことであり、長い目で見ればメリットがあります。

 

あなたは簡単にモニターライザーを使用してこれを行うことができますが、さらに安価なオプションを活用したい場合、テキストや論文積み重ねただけでも、良いでしょう。

 

マウスの位置

 

もう一つ重要なことは、マウスの位置です。これは見落とされがちですが、肩こりの原因として非常によく知られています。マウスに手を伸ばすと、腕がぎこちない姿勢になり、腕だけでなく、肩にも負担がかかります。マウスに手を伸ばさないように位置を変えて、腕をニュートラルな位置に保つのが一番です。

 

標準的なキーボードで仕事をすると、この問題がよく起こりますが、よりコンパクトなキーボードではそれほどでもありません。しかし、ほとんどのオフィスには標準的なキーボードがあるので、対策としてはしばらく左手でマウスを使うように従業員に仕向けることです。

 

そうすれば、右腕を休ませることができますし、標準的なキーボードは右端に配置されたテンキーが長いのが普通なので、「マウスに手が伸びてしまう」という問題も解消されるはずです。

 

左手でのマウス操作は特に右利きの場合、慣れるまでに1日程度かかりますが、不可能ではありませんし、しばらくすると、社員もほとんど気にならなくなります。

 

デスクの高さを調整する

 

椅子とモニターを調整することに加えて、デスクの高さも重要であり、注意を払う必要があります。オフィス空間は画一的であるため、高さ調節が可能なデスクを意識する人は少ないでしょう。しかし自分の身長に合わせて調節できるデスクであれば、背中や腕、首などの痛みから解放されます。

 

デスクが正しく配置されていないと、手を使って行う仕事における高さが高すぎたり低すぎたりしてしまうのです。肘が体に対して90度に曲がった状態で、腕が脇に押し付けられるのが理想的です。机が高すぎたり低すぎたりすると、それが実現できず、体の他の部分がそれを補うことになり、不快感を感じることになります。

 

デスクの正しい位置はユーザーに最適なシーティングポジションに座ってもらい、その後、デスクを最適な場所に調整することです。最も簡単な方法はデスクトップがニュートラルな肘の高さよりほんの少し下になるようにすることですが、ほとんどの調整可能なデスクには自動設定が備わっているので、完璧な設定を見つけることができます。

 

一方、最も簡単で費用対効果の高い方法としては、単純に椅子自体の高さを調整することですが、これにはフットレストがないなど、他の懸念事項があります。

 

しかし、ほとんどのオフィスでは統一感を出すために、机の高さが高すぎたり低すぎたりしていることに驚かされます。

 

幸いなことに、調節可能なデスクはたくさんあるので、オフィスの人間工学に活用することができます。

 

コムハル・オールインワン・スタンディングデスク

 

上記のすべてに留意した素晴らしいデスクがコムハル・オールインワン・スタンディングデスクです。このデスクには高さ調節機能がついていて、必要な高さに変更することができます。これなら高さを間違えて仕事をしてしまうようなこともありません。

 

高さ調節可能なデスクは仕事中に立つことができ、長時間座ることによるネガティブ要素のいくつかを取り除くのに役立つというメリットもあります。

 

高さ調節が可能なだけでなく、プログラム可能な高さプリセットも付いています。この方法によって、あなたの好みを保存し、後でそれを都度調整するという時間を削減できます。このプリセットを保存しておけば、毎回うまくいくまでいじくり回す代わりに、設定したい高さを選ぶだけでいいのです。しかも、ボタンを押すだけでいいんです。

 

また、このデスクには衝突防止機能が付いているので、テーブルが破損しても安心です。また移動の際に周囲のものを傷つけることもありません。デスクトップが他の物に接触すると、センサーが感知して停止するからです。このため、高さ調節を再開する前に、周囲に転がっているものをどけておくことができます。

 

設定用のコントロールパネルには安全ロックボタンも付いているので、不在時にロックすることも可能です。子どもやペットがいても、設定を変更される心配がありません。

 

また、デスクにはUSB充電ポートがあり、デバイスを接続することができますので、配線やコードでデスクがごちゃごちゃになることもありません。充電台はデスク本体に内蔵されているので、見た目もすっきりしています。

 

また、コムハルデスクは床面積を最小限に抑えているので、大きなスペースを必要とせず、小さなコーナーに設置することができます。そのためワークスペースが狭くても、コムハルデスクを設置することができ、窮屈な印象を与えることはありません。

 

天板は3種類から選べます。木、竹、ガラスの3種類から、自分のワークスペースに合ったデスクを選ぶことができます。
人間工学に基づいたコムハルオールインワンデスクほど、ワークスペースに最適なものはないでしょう。高さの調節が可能で、体を保護し、スタイリッシュでエレガントなデザインはあなたのワークスペースに最適です。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。