2022年のオフィスデザインアイデアトップ10

July 20, 2022

ここ数年、働く環境が大きく変化し、オフィスのあり方に対する予測、期待、願望がこれほどまでに多様化したことはありません。それは悪いことではありませんが、かつてオフィスは「9時から5時までの時間帯の家」であったのに対し、今ではまったく新しいアイデンティティを獲得しています。ハイブリッドワークの増加により、組織はオフィススペースの使い方を変えています。

 


オフィスデザインは私たちの働き方と密接に関わりながら、これからも進化を続けていくでしょう。新しい戦略とのバランス、変化する市場の中で新しいアプローチへの適応、などの2022年のオフィスデザイントップ10を紹介します。

 

1. 自然光の最大活用

 

一日の90%を室内で過ごす私たちにとって、自然光がオフィス空間を計画する上で不可欠な要素であることは驚くことではありません。ハーバードビジネスレビュー誌に掲載された人事部の調査によると、働く人がオフィスのワークスペースに必要とする特性の第1位は自然光であることが示されています。さらに、自然光を増やすと、創造性から気分、集中力まであらゆることにかなりの良い影響を与えることが調査から明らかになっています。自然光はオフィスをデザインする上で欠かせない要素です。自然光を最大限に活用できるオープンプランのスペースを設けるなど、効果的なスペースプランニングで採光を向上させることができます。またガラス張りのパーティションを採用することで、オフィス内に光を取り込むことができます。

 

2. 人間工学への投資

 

長時間の座り仕事が健康に悪影響を及ぼすという科学的根拠が増えつつあります。職場の福利と健康への傾向が進むにつれ、オフィスデザインの方法にも初歩的な変化が見られるようになるかもしれません。一部のアーティストはオフィスワーカーが立ったり、寄りかかったりして、座らずに仕事ができるような仕事環境を開発しました。私たちは座ることを絶対的と考えているかもしれませんが、この原理の応用はすでに存在しています。

 

人間工学的機器のリーダーであるFlexispotはオフィスデザインだけでなく、健康にも役立つ製品を用意しています。以下のようなものがあります。

 

A. 人間工学に基づいた椅子は自然な動きをサポートし、健康のために良い姿勢を促します。オフィスデザインの一例として、Flexispotの人間工学オフィスメッシュチェア6579を購入してみましょう。このチェアはヘッドレストを7cm以上調整でき、さらに上下に傾けることができます。このチェアを購入すれば、背中と頭をサポートし、快適さをもたらし、最新のランバーサポートによって筋肉痛を和らげることができるでしょう。

 

B. スタンディングデスクの導入により、座ったままでも良い姿勢を保つことができるようになりました。この2022年のオフィスデザインの一例として、電動高さ調節機能付きで、数秒で座った状態から立った状態に移行できるスタンディングデスクFlexispot EW8が挙げられます。より安価なスタンディングデスクやシットスタンドデスクが必要な場合、Flexispotのウェブサイトで、あなたのオフィスデザインを変えるのに役立つ様々な人間工学製品から選ぶことができます。

 

3. 環境負荷の低減に注力


健康的な環境を維持することは、美しいオフィス空間をデザインすることと同じくらい重要です。多くのビジネスパーソンはカーボンニュートラルで再生可能な資源から製品を製造する、環境に配慮したメーカーとタッグを組んでいます。現代のオフィスデザインは、壁一面に植物を置き、オフィス内を庭のように見せています。緑の壁は働く人の健康を維持しながら、リラックスした家庭的な雰囲気を作り出すのです。FlexispotのWSF1などのフローティングシェルフを購入すれば、手頃な価格でオフィスに植物を吊るすことができます。

 

4. 壁をクリエイティブに飾る

 

現代のインテリアデザインでは、壁の装飾が人気を集めています。興味深いことに、それはオフィスシーンでも常識になりつつあります。オフィスの壁を好きなようにデザインして、会社の価値観を表現したり、歴史を垣間見たりすることができるのです。木材の柄や壁紙、あるいはグリーンなどの異なる色を使って、オフィス空間に奥行きを持たせることも可能です。構造がどのように見えるかに関わらず、ウォールデコは検討する価値のある投資です。戦略的に配置された背景として、ピンポイントのタッチを追加することができ、床から天井までのソリューションは働く人と顧客の両方にとって暖かく魅力的な空間を作り出すことができます。オフィス環境の雰囲気を改善したい場合、壁のカバーリングにモチベーションを向上させるような名言を書くことを検討するとよいでしょう。

 

5. 自然換気と新鮮な空気へのこだわり

 

新鮮な空気にはいくつかの利点があります。脳は呼吸した空気の20%を使用しているという研究結果があります。したがって、新鮮できれいな空気はより明瞭な思考や集中力につながります。また、心理的な利点だけでなく、生理的な利点もあります。室内で仕事をしていると、どうしても呼吸が浅くなりがちですが、屋外では横隔膜呼吸が多くなります。深い呼吸をすることで、より多くの酸素を吸い込むだけでなく、より多くの毒素を吐き出すことができるのです。オフィスで新鮮な空気を最大限に取り入れるには、次のような方法があります。

 

バルコニー、庭園、屋上、テラスなど、オフィス内の屋外スペースにアクセスできるようにするなど、既存の屋外スペースを活用する。
屋外でのミーティングを奨励し、従業員の仕事への取り組みと生産性を向上させるために、仕事用の屋外スペースを用意する。

 

6. アートワーク

 

仕事の場におけるアートワークにはいくつかのポジティブな効果があります。アートは穏やかな感覚を生み出すことで、幸福感や精神衛生に大きな影響を与えます。また、創造性や生産性を向上させ、オフィスの雰囲気を和らげる効果もあります。さらに、アートは企業のブランド・アイデンティティにとって極めて重要です。職場にユニークで異なる構成要素を形成することで、オフィスでの帰属意識とコミュニティ意識を高めることができます。例えば、Clyde and Coのアートプログラムでは、新進気鋭のアーティストがロンドンやその他のグローバルオフィスの様々な場所で作品を展示しています。アート作品に投資することは、オフィス周辺に良いムードを作り出し、生産性を向上させる良いオフィスデザインなのです。

 

7. 柔軟なオフィスレイアウトを実現する

 

フレキシブルなオフィスレイアウトによって、働く人は自由に動き回れるようになります。オフィスワーカーは一日中、狭い場所やキュービクルに閉じ込められているべきではありません。2022年のオフィスデザインでは、カフェスタイルのステーションやリラックスできるソファのあるスペース、役員会議室などが設置され、この状況は変わりつつあります。自分もチームメンバーも、静かに仕事ができる環境を求めることができます。また、電話やビデオ会議もしやすくなりました。また、オフィスでの滞在時間が短いワーカーにも対応できるようなレイアウトにする必要があります。

 

8. 新しいものと古いものを組み合わせる

 

2022年に人気が高まっているオフィスデザインのトレンドです。革新的な作品を取り入れることで、このスキームのバランスをとることができます。ヴィンテージデスクにカラーチェアを組み合わせたり、古いセメントの床にグリッドパターンのラグを敷いたりと、様々な可能性があります。絵画を選びながら、素朴な木の色とニュートラルな色合いに注目すれば、多様な色と質感を組み合わせることができます。

 

9. ノイズのない環境

 

騒音がある環境では、生産性や集中力が低下することがよくあります。オープンスペースで騒音は避けられないとしても、それをコントロールすることは可能です。カーペットや上質な床など、ノイズキャンセル効果のあるものを使って、デシベルを下げます。音響を考慮した家具を作り、防音層を設けることで音を吸収することができます。防音オフィス用品を手に入れるには、Flexispotのウェブサイトをご覧ください。

 

10. テクノロジー
最後に、現代のオフィスは効率性を実現し、競争力を維持するために、テクノロジーに依存しています。テクノロジーへの投資により、業務遂行に必要な時間とコストを削減することができます。例えば、家具の配置を変えることができるスペース最適化ソフトウェア、バーチャルチームベースのコラボレーションツール、デジタルアクセスマップなどがあります。またオフィスではセキュリティが重要であるため、オフィスやビルの様々な場所へのアクセスやコントロールを可能にするオフィスデザインもあります。テクノロジーを活用した家具を使うことは、オフィスをデザインする上で非常に有効な手段です。フレキシスポットでは、USBポートを搭載し、電動で高さを調節できるシットスタンドデスクを提案しており、オフィスでの仕事がしやすくなっています。

 

快適な家具を使い、さまざまなオフィスデザインで従業員のニーズに応えるオフィスは、先を行っているのです。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。