腰痛を治療するための手術を行わない方法

May 08, 2021

腰痛は治療するのが難しい症状であり、私たちはあなたがその解決策を探していると考えています。腰痛はアメリカ人の80%以上が生涯にわたって悩んでおり、人々に影響を与える最も一般的な症状の1つです。

 

幸いなことに、あなただけではありませんが、腰痛が改善されることはないでしょう。腰痛に苦しむ人々の間でよくある誤解は腰痛を治すためには手術を受ける必要があるというものです。痛みを治すそのような考え方によって彼らはそれを正すための努力を全く行っていません。

 

しかし、すべての腰痛症例の95%は手術を行わない方法で治療でき、手術が必要なのは5%のみなのです。腰痛を治療するための様々な手術を伴わない方法を検討する前に、まず腰痛の原因について考えてみましょう。

 

腰痛を発症する理由

 

腰痛は医学的または非医学的の両方が原因によって発症することがあり、患者がその治療法を見つけることを非常に困難にしてしまう可能性があります。坐骨神経痛、変形性関節症、椎間板変性症など以外において、腰痛が発生する理由のいくつかを以下に示します。

 

1.姿勢が悪い

姿勢の悪さは人々の腰痛の主な原因となっています。研究によると、姿勢が脊椎や筋肉に与える影響について人々が認識していないという姿勢の認識の欠如が主な理由であることが証明されています。

 

2.快適ではないオフィスの椅子

過去数十年でデスク仕事が劇的に増加し、アメリカ人の約86%が勤務時間中にオフィスの椅子に数時間座っていると言われています。健康的ではない座りがちな生活になってしまうことに加え、デスク仕事にはほとんどの場合、職場での腰痛を避けるための人間工学的な考慮がさえていません。その結果、デスク仕事をしている人は腰痛を発症する可能性が高くなります。

 

3.喫煙

喫煙は酸素が血液に適切に吸収されるのを妨げてしまいます。それにより、細胞組織への酸素と栄養素の供給を減らしてしまいます。細胞の回復と成長を助けるのに十分な酸素がないと、体の筋肉が弱まり始め、腰痛を引き起こします。

 

4.マットレスの選択

これは腰痛の最も明白な原因でありながらも、見過ごされているものの1つです。マットレスは寝るときや休むときに背中を直接支えてくれるので、身体の健康や脊椎の健康にとって非常に重要です。適切ではないマットレスを使用すると、横になっているときの姿勢に悪影響を及ぼし、腰痛を引き起こす可能性があります。

 

5.ライフスタイル

私たちの座りがちな仕事生活は私たちの私生活にも浸透しており、運動などの身体的活動が減っています。さらに、テレビ、ビデオゲーム、スマートフォンなどの新しいエンターテインメントが登場したことにより、座りがちな習慣がさらに促進され、健康上のリスクがさらに高まっています。

 

私たちの筋肉は強くなるために日常的な運動を必要とし、日常的な運動が減ってしまうとそれらを劇的に弱めることにつながる可能性があります。屋外での活動が不足していると、新鮮な空気の摂取量も減少し、さらに悪化します。

 

これらの理由の組み合わせは脊椎や体の他の部分に負担をかけてしまう肥満などの健康上の問題を引き起こし、慢性的な痛みを引き起こします。

 

腰痛を治療するための手術を行わない方法

 

慢性的な痛みの悪化するのを防ぐため、適切なタイミングで腰痛を治療することは非常に重要です。人々が腰痛になってしまう主な原因がわかったので、私たちはそれを軽減することができる手術を行わない方法について議論することができます。

 

以下は手術を行わないで、腰痛を解決するための最も一般的な方法です。

 

1.ライフスタイルを変える

私たちの座りがちな生活は大きな健康上のリスクをもたらすので、私たちのライフスタイルを変えることはその痛みを防ぐための最良の方法と言えます。上記のように、現在の私たちのライフスタイルによってアクティブさが低下しています。適切な変更を行うために、それぞれの解決策を見つける必要があります。

 

2.デスク仕事

私たちのデスク仕事上のリスクを回避するための最良の方法はスタンディングデスクを手に入れることです。比較的最近のコンセプトであるスタンディングデスクではデスク仕事でありながらも、立って仕事ができるので、より活動的で、より多くのカロリーを消費することができます。電動昇降スタンディングデスクEG8や電動昇降スタンディングデスク E7 Proのような市場において最高品は技術的に進歩しており、人間工学に基づいたデザインであるため、この目的のために最適な選択肢となっています。

 

3.エンターテインメント

より健康的なライフスタイルにする唯一の方法はよりアクティブなエンターテインメント媒体を使用することです。本を読むためにソファでくつろぐ代わりに、家用のスタンディングデスクを手に入れて、立って読んでみてください。また、水泳、エアロビクス、ヨガ、マラソンなどのアクティビティを始めることで、座りがちな生活を減らしながらも、楽しむことができます。

 

仕事と私生活のこれらの2つの主要なことに加え、スケジュールを整理することによってより健康的なライフスタイルにすることができます。アクティビティ用の時間を確保することで、毎週どれだけの時間を活動的に過ごしているのかをトラッキングするのに役立ち、より客観的に見ることができます。また達成感を感じるため、自身の目標を設定することも可能になります。

 

4.理学療法

重度の腰痛がある場合、理学療法を受けて痛みを和らげることもできます。理学療法では患者の症状を医学的にテストし、弱った筋肉や組織の回復をサポートするためにその対象を絞った治療を行います。病院やクリニックでの理学療法セッションに行くか、それらの場所に行く時間を確保するのが難しい場合、自宅でそれらを手配するかを選択してください。理学療法は常に医療専門家の監督下で行う必要があるため、予約を取る必要があります。

 

5.人間工学に基づいたオフィス家具

これまで説明してきたように、デスク仕事は私たちの腰痛の主な原因となっています。ただし、主な理由が座りがちな生活ではない場合もあります。広く認識されているにもかかわらず、職場での腰痛を回避するためのより人間工学的な職場環境にシフトしている組織はほとんどありません。

 

もしあなたの問題が仕事で何時間も座らなければならない快適ではない椅子が原因である場合、最良の解決策は人間工学に基づいた椅子に切り替えることです。人間工学に基づいた椅子は快適さを最大化し、脊椎への負担を最小限に抑えるように設計されています。

 

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。