あなたはパンデミック姿勢に苦しんでいますか?

May 07, 2021

あなたのために事例を挙げてみましょう。コロナウイルスの大流行と在宅勤務指示が行われて以来、あなたは家で仕事をするというのんびりとした日々を楽しんでいます。誰もあなたを監視していないので、好きなものを食べて、好きなときにパソコンを閉じて、短い昼寝をすることもできます。

 

ある晴れた朝、いつものように午前11時に起きて、サイドテーブルからノートパソコンを取り出し、仕事を開始します。数時間後、立ち上がってコーヒーを飲むと、背中に鋭い痛みを感じます。あえぎながら、あなたは腰を下ろして、何が起こったのかを理解しようとします。その痛みの根源はどこからともなく出てきたのです!

 

もう一度立ち上がろうとしますが、背中をまっすぐにできません。あなたは背骨が体から飛び出しているかのように感じています。残念ながら、普通に歩くことはできません。この後曲がった姿勢のままで、あなたは台所に歩いて行き、コーヒーを作ります。

 

そう、あなたはパンデミック姿勢に苦しんでいるのです!

 

「そんなことは起こり得るのでしょうか?」はい起こります!それが実際に何を意味しているのかを調べてみましょう。

 

パンデミック姿勢について理解する

 

コロナウイルスは依然として猛威を振るっており、企業は在宅勤務指示を行うことを余儀なくされているため、より多くの人々がリクライニングチェアに倒れ込みながら、ノートパソコンを使っています。肩が下がり、お腹が下がった状態でこの記事を読んでいますか?これが完璧な姿勢だと思いますか?

 

絶対違いますよね!

 

パンデミック姿勢は在宅勤務の従業員を表すために創られた新しい用語です。これらの人々は寝室、テレビの前のリビングルームのソファ、ホームオフィスなど、どこに座っていてもだらけた姿勢になっています。

 

姿勢が悪いと、肺に入る空気が30%減少する可能性があることをご存知ですか?腰をかがめた姿勢は背中や首に悪影響を与えるだけでなく、多くの健康上の問題を引き起こします。これはまっすぐ座り、カイロプラクターを訪ねることで簡単に防ぐことができます。

 

長時間座っていることに対する問題点としては筋肉や関節に痛みを引き起こすだけでなく、糖尿病、心臓病、そしてまれに癌につながる可能性のある内部の問題を引き起こすことです。

 

姿勢の問題は年齢に関係なく発生する可能性があります。それは環境とあなたがどれだけ快適な1つの場所に留まっているかに依ります。悪い姿勢が長く続くほど、痛みはひどくなります。あなたは常に何か寄りかかるものを探すようになるので、まっすぐに座ることにも苦労します。何もない場合、背中は自然に曲がり始めます。悪い姿勢があなたに与える影響は以下のとおりです。

 

  • ホルモンの不均衡
  • 首の痛み
  • 神経痛
  • 背中の痛み
  • 頭痛
  • 顎の痛み
  • 変形性関節症
  • 呼吸の問題

 

正しい姿勢

 

以下は姿勢を改善する方法です。座って、手、足、腕などあなたの体の部位の位置を確認してみてください。

 

座る姿勢

体重は太ももとお尻の両側に均等に分散させる必要があります。膝は直角に曲げる必要があります。ホームオフィスに座る場合、足が床に付いている状態で膝は腰より高くしてはいけません。

休憩中に座っている場合、足首を膝の前に出しておく必要があります。同じ体勢で長時間座らないでください。肩をリラックスさせ、しかし背中はまっすぐにし、肘は椅子の腕に対して90度にしておきます。 椅子をひねらないでください。好きなものは何でも掴んでください。

 

立っている姿勢

立っている間、背中はまっすぐにして、肩は後ろ側に位置している必要があります。お腹を軽く引き、背中を支えます。つま先がサポートとしてのみ機能する状態で、体重を母指球にかける必要があります。

腕を硬直させないで、自然に自由にぶら下げてください。足は常に肩幅だけ離してください。膝をまっすぐにして立ちます。

 

横になっている姿勢

お腹を下向きにしたり、横向きで寝ないでください。背中があまり曲がっていないことを確認してください。このために、あなたの体の輪郭に適応するマットレスを選択することが重要となってきます。

あなたがサイドスリーパーである場合、背中の痛みを避けるために、あなたの膝の間に入れることができる枕の1つを手に入れてください。

 

持ち上げる時の姿勢

 

人生において重いものを持ち上げたことがない場合、重いものを持ち上げないでください。これにより、椎間板が脱臼し、強い痛みを引き起こす可能性があります。物を持ち上げる場合、膝だけを曲げて、背中がまっすぐであることを確認してください。

物を持ち上げる時、常に足を大きく離して立ってください。これにより足を地面にしっかりと固定し、前後に傾くことはなくなります。

 

姿勢を正すためのヒント

少し曲げる準備はできていますか?アメリカスポーツ医学会は脊椎の問題を回避するために正しい姿勢を維持する方法に関するガイドラインを発表しました。以下は在宅勤務者向けのアクティビティのヒントとなっています。

  • ストレッチ

あなたが取っている姿勢の位置の反対方向にストレッチすることから始めます。前を向いて座っていた場合、後ろに伸ばします。立ち上がって両手を背中側に引き、少し後ろに傾いて背骨をまっすぐにします。手で背中をしっかりと握り、肩を押し、そして深く息を吐いて肩を伸ばします。手をV側に上げて、少し後ろに傾け、深呼吸して胸を開きます。(各位置を少なくとも30秒間保持します。)

  • 水分補給をしてください

起き上がり、飲み物を飲みましょう。毎回コップ一杯の水を飲むことをお勧めしますが、1日1回のコーヒーでも効果があります。

  • 軽量の重り

2kgのダンベルをワークデスクの近くに置き、休憩中に数回持ち上げて腕を伸ばします。

  • 散歩で一日を始めましょう

仕事のために座る前に近所を散歩をしてください。時々は立ち上がっているとしても、それでも長時間座りすぎていることでしょう。しかし、朝の散歩はあなたに活力を与え、あなたが良い気分で一日を始めるのを助けてくれます。

  • ペットを散歩に連れて行ってください

在宅勤務にはうつ病や不安など、いくつかの悪影響があります。誰とも交流することなく一人で座っていると、ストレスを感じることがあります。ペットを飼っている場合、一緒に散歩に行ってください。

  • パンデミック姿勢を取り除く方法

在宅勤務を行っていますか?では、スタンディングデスクが必要なはずです!スタンディングデスクがどのように姿勢を改善できるのかについて疑問に思われるかもしれません。一日中立っていると足が痛くなります。私たちはあなたにずっと立ったままで仕事をすることを提案しているのではありません。それでもスタンディングデスクで仕事をする姿勢は座っているどんな姿勢よりも非常に有益となっています。

この家具は生産性を向上させるだけでなく、座ったり立ったりできる完璧な組み合わせを提供しているため、背中と自分自身の両方に休息を与えてくれます。スタンディングデスクを使用するメリットを以下に示します。

  • 背中の痛みを和らげる

腰痛を防ぐためのヒントは一定の間隔で立ったり座ったりすることです。ただしワークステーションが1つの場所で固定されている場合、これは困難な場合があります。ここでスタンディングデスクが登場するのです。高さを調整でき、下部にホイールが付いているので、いつでも好きな時に場所を変えることができます。

  • 生産性を向上させます

先に述べたように、痛みが少ないほど、仕事に集中できます。これはワークライフバランスを達成するために最適なものです。

  • エネルギーレベルを改善させます

「Journal of Preventing Chronic Disease」に掲載された研究によると、長時間座っているのが短縮され、従業員が一定の間隔で立って仕事をした場合、倦怠感やストレスが少なくなったと報告されています。これらの結果はスタンディングデスクを使用することで、一日中健康で元気に仕事を続けることができることを証明しています。

  • あなたの寿命を延ばすことができます

テーブルはあなたが長生きするのを助けることができますか?はいそうです!あなたはこれを聞いてばかげていると思うかもしれません。しかし、約18の研究は座ることが多い人は49%のリスクで早死することが証明されています。あなたの人生は文字通りそれに依存しているので、立ち上がり、歩いてください。

 

結論

 

コロナウイルスの大流行がいつ終わり、通常の生活を再開できるかはわかりません。今のところ、私たちは家にいて、自分自身と愛する人を守る必要があります。在宅勤務は深夜まで働き、子どもと一緒に時間を過ごすことができない従業員にとっては歓迎すべきことです。健康を損なうことによってこの素晴らしい時間を無駄にしないでください。研究によって、長時間座っっていた場合の結果がどれほど劇的なるかが証明されています。だから、スタンディングデスクを手に入れて、ここに記載した活動のヒントを試してみてください。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。