スタンディングデスクは誇大広告なのか?徹底討論

July 26, 2022

スタンディングデスクの導入が進んでいますが、人間工学に基づいたこの家具は信頼できるのでしょうか?、とあなたは思っているかもしれません。でも、そんなことはどうでもよくて、スタンディングデスクとは何なのか、何を得ることができるのか、その道のりをご案内しましょう。

 

この記事を読み終えた時、その疑問があらゆるレベルで解決していることでしょう。現代では、オフィスワーカーが不快な姿勢でゴロゴロしているのを見たことがあるのではないでしょうか。

 

そしてそれが、私たちの世代に慢性的な背中や首の痛みに悩む人が多い理由のひとつでもあるようです。その前に正すべき間違った印象があります。

 

オフィスのインテリアやデスクデザイン、デスクセッティングのアイデアについてはよく考えているものの、苦痛のない生活のための完璧なオフィスデスクを見つけることに同じくらいのエネルギーを注ぐことはありません。さて、ここで本題に入りましょう。

 

スタンディングデスクがすべての職場とホームオフィスの必需品である理由

 

ホームオフィスや職場でスタンディングデスクを使用している人をよくご存知の方なら、彼らがこの上品な家具を毎日褒めちぎっているのをご覧になったことがあるのではないでしょうか。一方、スタンディングデスクの購入や在宅勤務を検討する際、ネットで見たどのブランドからでも購入しても良いという間違いをすべきではありません。

 

そこで、私たちはスタンディングデスクについて、また、Flexispotにはどんなメリットがあるのかを理解することで、購入を容易にしました。ここではスタンディングデスクの導入により、職場やその他の場所であなたのライフスタイルの質を高めることができるポイントをご紹介します。

 

肥満

 

肥満は今日、世界が直面している最も危険な課題の1つです。そして、心配なのは常に長期にわたる様々な心臓疾患を伴っていることです。では、次にお答えするのは、「スタンディングデスクは、肥満に悩む友人や同僚に理想的な提案となるか」という質問です。

 

答えは肯定的で、座るデスクとは異なり、それに頼ることができます。生物学的に言えば、あなたの体は一定のカロリーを消費するようにできていますが、座るデスクを使うと消費できないのです。

 

座って仕事をしていると、体がリラックスしすぎて不活発になるという意味で、その目的は達成されません。座っているときと立っているときの消費量を比較すると、その差は常に明らかです。

 

定期的な運動の重要性を軽視することなく、医学的な研究によれば、午後何時間も座って仕事していた場合と、同じ時間立って仕事をしていた場合では、150~200キロカロリー余分に消費されたということです。

 

スタンディングデスクが肥満患者にとって最高のプレゼントの1つであると述べた理由がお分かりいただけたでしょうか。この大きな違いを考えてみてください。毎日午後にデスクに立つだけで、1週間あたり1,000キロカロリー近くが追加で消費されるのです。

 

つまり、このカロリーが肥満やその他の代謝性疾患が長時間座っていることと強く結びついている理由を説明する1つなのかもしれないのです。

 

整形外科的効果

 


スタンディングデスクのないオフィスでは、整形外科的な問題が最も深刻であることを考えると、この健康家具の必要性をご理解いただけるでしょう。スタンディングデスクがないと、首や腰の痛み、肩こり、姿勢の悪さなど、様々な問題が発生する可能性があります。

 

つまり、従来の家具を使用しているオフィスは火薬庫の上に座っているようなもので、働いている人の健康を優先させることが唯一の解決策であることに同意できるのです。一日がどんなに忙しかったか、家に帰ってから体の痛みで安眠できなかったか、想像してみてください。

 

でも、スタンディングデスクなら大丈夫です。スタンディングデスクを使えば、体の痛みから解放されます。オフィスで座って過ごす時間にもよりますが、座っていると筋肉や椎間板、脊髄にかかる圧力も蓄積されています。

 

私たちはこれらの高さ調節可能なスタンディングデスクがあなたの身体的、精神的な健康を改善できることを示すことができます。ありがたいことに、信頼できる機関が実施したいくつかの研究があり、それらをご紹介しています。

 

米国疾病管理センター(CDC)の最近の調査では、回答者は職場とホームオフィスの両方でスタンディングデスクを何週間か使用した後、35%以上の健康向上を報告しました。CDCの別の報告書では、スタンディングデスクの使用は4週間ごとに首の痛みと腰痛の55%軽減に役立つことを示しました。

 

つまり、スタンディングデスクを5ヶ月以上続けることで、整形外科的な問題を心配することなく生活できるようになるのです。ただし、スタンディングデスクの使用を中止すると、2週間程度で症状が悪化する可能性があるので、通常のオフィスデスクに戻さないよう注意が必要です。

 

エネルギーと効率の向上

 

座ったままの姿勢をしばらく続けていると、やがて反応が鈍くなり、体がだるくなることがあります。それはあなたが精神領域に与えたものであり、精神領域はそれで働くのですから、驚くことではありません。

 

しかし、スタンディングデスクを導入することで、いつもより強く、生き生きとした気持ちになれるはずです。スタミナ、心肺機能、筋持久力も向上し、すべてのプロジェクトを実行するためのエネルギーが湧いてくるはずです。

 

しかし、これらのメリットはデスクから移動する習慣を身につければ、すべてあなたのものになるのです。それがスタンディングデスクのもう一つのメリットです。椅子を後ろに倒して席を立つというストレスがなくなります。

 

CDCの調査をもう一度見てみましょう。2022年1月から2月にかけて7週間の調査を行ったところ、スタンディングデスクを使用している回答者は1日中座っている回答者に比べて疲労やストレスが少なかったという結果が出ているそうです。またスタンディングデスクを使用しているオフィスワーカーの約9割が、仕事中のエネルギーや活力の増加を享受していることも続けて発表しています。

 

このことは不安やうつ病が座りっぱなしの生活から生まれるという一般的な説を説明するものです。特に、スタンディングデスクの使用は生産性を阻害するのではなく、むしろ促進する可能性が高いのです。

 

心臓病のリスク軽減

 

立っているより立っている方が良いという考え方は、1953年に始まったということをご存知ですか?その年、ある研究が行われ、乗客を呼ぶために一日の大半を立って過ごすバスの車掌は、運転席にいる車掌に比べ、心臓病による死亡率が半分であることが明らかになったのです。

 

それ以来、医学の専門家たちは座りすぎが心臓の健康に与える影響について、より深い理解を深めてきました。座りっぱなしのライフスタイルは心臓病やその他の関連疾患の危険性を147%増加させることも明らかにされています。

 

その影響は非常に大きく、1時間の集中的な運動でも、1日中座っていることの影響を覆すことはできません。今日からスタンディングデスクを導入しませんか?

 

座ることが新たな毒になるというのは本当でしょうか?

 


スタンディングデスクのメリットについて説明したところで、今度はオフィスでの立ち仕事と座り仕事についての長年の議論についてお話ししましょう。皆さんは、「座ることは新たな毒である」という言葉をよく耳にするのではないでしょうか。これはスタンディングデスクのメーカーがより多くの売上を上げるための仕掛けではないのでしょうか?

 

そんな疑問はすぐに解消されるでしょう。その答えは、「必ずしもそうではない」です。スタンディングデスクが普通のデスクより優れている、とはっきり言うことを期待していたあなたには、意外な事実かもしれません。確かに、スタンディングデスクはその可能性から、より優れています。しかし、ここでお答えしたいのはそのことではありません。

 

これは、立つことと座ることの行為を比較対照するためのものです。座ることにもそれなりのメリットがありますし、立つことにもメリットがあることに認識しておいてください。ただ、人間の体は長時間座ったり立ったりしているよりも、動いたほうがいいようにできているということを理解してください。

 

あなたはどう思いますか?あなたに期待されているのは、毎日のスケジュールにもっと動きを取り入れることで、この2つのバランスを取ることです。つまり、健康的な生活を送るためには、立つことと座ることの両方が重要ですが、一方が他方より勝ってはいけないのです。

 

そこで、高さ調節が可能なスタンディングデスクの購入をしてみてはいかがでしょうか。このタイプのオフィスデスクは立っている状態と座っている状態を自由に移行できるようになっています。その方法によって、それぞれの方向や角度を一定間隔で行き来することができるようになるのです。

 

これらの考え方を忠実に守れば、立ち姿勢と座り姿の両方を、どちらかに固執することなく楽しむことができるはずです。この時点で、「座ることは新たな喫煙や毒である」という意味がお分かりいただけたと思います。

 

ワークステーションを最適に動かすために必要なこと

 


一貫性のある動きについて理解していただけたなら、次はそれを実現する方法についてもっと知りたくなったことでしょう。私たちは、毎日のスケジュールに十分な運動を取り入れるための方法をいくつか考えてみました。

 

同僚と一緒にランチをする

 

多くのオフィスワーカーは仕事に完全に振り回されてしまうという悪い癖があります。同僚がドアをノックするまで、ランチの時間であることに気づかない人もいます。しかし、仕事に専念していることを批判したいわけではありません。それはとても称賛に値することですし、私たちもまた、あなたたちと同じように共感しているのです。

 

しかし、健康に注意を払わないほど極端である必要はないのです。つまり、ランチタイムはあなただけのためにあるのです。そして、食事をし、リラックスし、精神的な準備をしてから、デスクに溜まった仕事を再開することが求められているのです。

 

ですから、ランチタイムは仕事場から抜け出して、その場を楽しむための時間だと考えてください。この時間帯はパソコンを眠らせてもいいし、倉庫に閉じ込めても良いです。散歩するのもいいでしょう。

 

あなたは在宅勤務をしていますか?これもまた、あなたに当てはまることです。あなたは疲れを知らないドローンでもロボットでもないことを忘れずに、必要な時に必要なだけ自分をケアすることを学んでください。

 

デスクでの運動

 

デスクワーク中に激しい運動をすることはできません。たとえデスクがあなたにワークアウトのための十分なスペースを与えることができる場所を持っているとしても、それは結局ワークアウトセッションでエネルギーを消費するための効率のことかもしれません。その代わりに、私たちはあなたがマイルドなデスクエクササイズを行うことを勧めますが、同時にそれらと一貫性を持っている必要があります。

 

机上での腕立て伏せやスクワットなら、疲れることもないでしょう。また、汗をかいて不快な思いをしたくないので、5~10分程度で十分でしょう。そうすることで、一日中、元気で活動的な生活を送ることができます。

 

定期的な休憩

 

さすがに、2~5分ごとにデスクから離れるわけにはいきません。オフィスによっては、ランチタイム以外は歩き回ってはいけないという厳しい方針をとっているところもあります。しかし、雇用主としては、コーヒーブレイクを取り入れることも可能です。自分の持ち場から離れ、少しストレッチをして、オフィスの周りを数歩歩く機会を与えることです。

 

そうすることで、血液の循環がよくなり、デスクに戻ったときに体力が回復しているように感じられるからです。たとえ在宅勤務であっても、不都合な時間に休憩を取るのは生産的ではありません。

 

とはいえ、マイクロブレーキはカレンダーと完璧に連動している必要があります。時には、仕事に没頭して休憩時間に気づかないこともあるかもしれません。そんなときは、アラームをセットしておけば、いつでも休憩時間を知らせてくれます。

 

座っている状態から立っている状態への移行

 

高さ調節が可能なスタンディングデスクについて紹介した時、この点について少し触れました。このデスクは座る高さと立つ高さの切り替えができるため、必要なすべての機能を備えています。<

 

また、Flexispotのスタンディングデスクにはメモリー機能がついており、気に入った高さをメモリーに保存しておくことができます。つまり、自分の都合に合わせて高さを戻すことができるのです。

 

ただし、デスクのメモリスロットは数の制限があり、2~4個以上の高さを確保することはできないことに注意が必要です。そのため、高さを記憶させる前に、その高さについて「I」と「T」の印をつける必要があります。

 

この場合も、机の位置を変更するタイミングをアラームで設定するだけです。アラームが鳴れば、立っている人は座っている姿勢に、逆に立っている人は立っている姿勢に切り替えます。

 

スタンディングデスクは必要ですか?

 

またこの質問に戻ってきました。従来のデスクでしょうか、それともスタンディングデスクにすべきなのでしょうか?これまで述べてきたことから、従来のデスクを選ぶと、スタンディングデスクのメリットを享受できないことが明らかです。

 

一方、スタンディングデスクを購入できれば、これらのメリットとそれ以上のものを活用することができます。それは、自分の好きな高さに設定できるため、シッティングデスクのすべてを体験することができるからです。

 

というわけで、私たちの答えは明快です。高さ調節可能なスタンディングデスクを購入する必要があるのは確かです。そして、もしあなたが私たちの推薦を必要とするならば、それはコムハル・オールインワン・スタンディングデスクが良いでしょう。

 

コムハールオールインワンスタンディングデスク 木製天板幅120センチ

 

人間工学に基づいたオールマイティな満足感を求めるなら、コムハールオールインワン木製デスクが最適です。床面積を取らないのに、広々とした快適なデスクトップで仕事ができます。

 

USB充電ポートが3つ(Aタイプ2つ、Cタイプ1つ)あり、携帯電話やその他のガジェットを充電することができます。また、70センチから120センチの間で様々なサイズが取り揃えられており、収納用の非常に広々とした引き出しも付いています。

 

コムハール木製デスクはパウダーコーティングされたスチールチューブで設計されており、最高レベルの状態でも完璧な安定性を維持します。また、デスクが倒れたり、その上にある他のデバイスを傷つけたりするのを防ぐ、衝突防止機能も備えています。

 

まとめ

 

スタンディングデスクが大規模なプロモーションを受けるのは、単なる見せかけなのでしょうか?それとも本当に誇大広告が示すような価値があるのでしょうか?私たちはあなたが多くのことを学んだと信じていますが、ここで立ち止まってはいけません。Flexispotの高さ調節機能付きスタンディングデスクのカタログをご覧になれば、もっとよくわかるはずです。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。