肩の圧迫神経痛について知っておくべきこと

July 02, 2020

医療情報サイトのHealth Lineによれば、成人10万人のうち85人が、肩の圧迫神経痛に悩んでいます。

 

圧迫神経痛がどういったものかわからない場合は、首から肘、指先まで広がるチクチクする感覚や痛みです。首を動かすと、肩の鈍痛、しびれ、その他何かしらの痛みが生じます。

 

圧迫神経通をさらに理解するために、いくつかの症状、原因、および緩和を書き留めました。では、ご覧ください。

 

自己診断の方法

 

  •首圧縮テスト

頭を痛みが無い方に傾けたあと、痛みのある方へと傾けます。頭を一度ゆっくりと回したあと、回し終わったところで30〜60秒間します。痛みがある方でももう一度同じ手順でやってみましょう。首に痛みを感じ、それが腕にも広がると、神経圧迫痛であると判定できます。

 

  •腕テスト

もう1つの自己診断方法は、腕の緊張テストです。痛みのない方の腕を体の前にまっすぐ伸ばします。手のひらを外側に向け、腕をできる限り横に伸ばし、もう一方の腕でも同じ手順を実行します。腕全体や首にチクチクする感覚を感じたら、圧迫神経痛であるということになります。

 

圧迫神経痛の原因

 

圧迫神経痛は通常、骨、椎間板の突起などが、脊柱から首と肩に向かって伸びる神経に圧力をかけると生じます。この現象は脊椎の老化によって生じやすくなっていることが明らかとなっており、50〜54歳の人々に最もよく見られます。

 

このほか、次の原因が考えられます。

 

椎間板ヘルニア:曲げる、ねじる、持ち上げるなどの激しい運動をすると、痛みを感じます。これは、通常、椎間板が神経を圧迫しやすい箇所です。

 

急性傷害:スポーツや自動車事故などで偶発的に転倒した場合、椎間板ヘルニア、または、組織に炎症を引き起こします。

 

圧迫神経痛を取り除く方法

 

肩の圧迫神経痛が激しい場合は、次のことを試してください。

 

  •冷却材を利用する

痛みが生じてから最大48時間まで、首や肩甲骨の間で痛みのある部分に布で覆った冷却材を当ててみましょう。

 

  •人間工学に基づいて作られた枕を使用する

Amazonなどで、整形外科学に基づいて作られた枕を購入しましょう。人間工学に基づいたデザインとなっているので、頭、首、肩が適切に支えられます。使用する際は、抱きしめるように眠ってください。また、この形状の枕は、寝返りにも最適です。深い眠りと、さわやかな目覚めを実現してくれます。

 

  •鎮痛薬を服用する

医師は通常、イブプロフェンやナプロキセンなどの非ステロイド性抗炎症薬を服用により、圧迫神経痛を和らげることを勧めています。

 

  •ソフトなストレッチや軽い運動を毎日行う

ソフトなストレッチやヨガを行い、痛みのある箇所の緊張と圧力を和らげます。伸ばしすぎすぎると、症状を悪化させることがあるため注意してください。首を曲げて痛みを和らげてみましょう。顎を優しく下に動かし、胸に向けます。そこで一時停止して開始位置に戻ります。こうした手順を5〜10回繰り返します。首や肩の緊張をほぐすには、肩を回したり、肩甲骨を。反対に上下させることも効果的です。これを何度か繰り返します。