背中の痛みや手術からの回復時に寄与する栄養素

August 19, 2020

身体全体を健康に保つには、栄養豊富な食事が欠かせません。炎症や、特に腰の痛みの治療中、また、最近手術を受けたばかりの方であれば、栄養価の高い食事がその回復に寄与します。

 

一般的にジャンクフードやファーストフードを摂取すると、健康は損なわれると言われています。このワシントンポストの記事によると、ファーストフードと心臓の健康との関連性についての研究が報告され、ファーストフードを週に1回以上食べると肥満への危険性が高まります。更に、週に2回以上食べると、メタボリック・シンドロームの危険性がより高まり、2型糖尿病や心疾患により死に至る危険性も出てきます。

 

常に健康的な食事を摂ることが重要だということは、良いニュースです。Spine-health.comによると、適量のバランスの取れた食事と共に、豊富なビタミンや栄養素を摂取すれば、背中の痛みを和らげることが出来ます。うした食事は、骨筋肉、椎間板、およびその他の脊椎の構造に栄養分をもたらします。

 

必要とする栄養素を知る

 

幸いなことに、回復を促進する必須栄養素は食料品店の通路を通ればそこで販売されています。有機食品を選択するか、それとも従来通りの食品にするかについては、多くの論点があります。しかし肝心な点は、健康的な食事により炎症に対峙することであり、それが痛みのない身体を造り上げるのに重要点となります。

知っておくべき必要主要栄養素をいくつか紹介しましょう。

 

1. エルアルギニン - Medical News Todayの記事では、他のアミノ酸と同様、エルアルギニンタンパク質を造り上げる役割を果たすと説明されています。 このタンパク質は筋肉を造り上げ、組織を再生するために体内で活用されます。研究者その結果、エルアルギニンが重傷や重病による組織の消耗を治癒するに当たって、如何に有効性を発揮するかについて調査しました。

 

このアミノ酸は身体から自然に生成されます。しかし、老化や特定の症状によっては、身体が必要とするエルアルギニンの自然な生成が制限される場合もあります。この場合、サプリメントと栄養重要な役割を果たします。

 

アルギニンはナッツ、種子、豆類、食肉、特に七面鳥の肉に自然と含まれています。

 

2.グルタミン-これは研究者が慢性痛の推移についてテストするときに使用するもう1つのアミノ酸です。 Painscience.comの記事よると医学的に視れば、グルタミンは組織の修復を補助するために使用されてます。

 

グルタミンが豊富な食品は枚挙にいとまがありません。しかし、Livestrong.comの記事では、鶏肉、豚肉、牛肉、牛乳、カッテージチーズ、リコッタチーズ、ほうれん草、キャベツ、パセリなどの動物性タンパク質を引き合いに出しています。

 

3.オメガ3脂肪酸-デイリー・エクスプレスの記事で引き合いに出された専門家は、オメガ3サプリメントが炎症を和らげ、腰痛の症状を軽減すると述べています。

 

Harvard Health Publishingは、魚介類を多く含む食事には多価不飽和オメガ3脂肪酸であるエイコサペンタエン酸(EPA)およびドコサヘキサエン酸(DHA)が豊富に含まれていると指摘しました。それ以降、研究者オメガ3心臓血管におけるメリットだけでなく、思考能力、視覚、炎症への潜在的効果も目論むようになりました。

 

更にEPAとDHAは主に、マグロ、アンチョビなどの脂っこい魚に含まれていると述べています。

 

体内でEPAに変換されるアルファリノレン酸(ALA)は少量ではありますが、植物油、ナッツ、亜麻仁および亜麻仁油、また葉菜に含まれています。

 

4.ヌクレオチド-アメリカ国立生物工学情報センター、アメリカ国立医学図書館は、ヌクレオチドは細胞の成長と複製に必要であると述べています

 

Livestrong.comの記事では、ヌクレオチド穀物、肉、魚、ナッツ、豆類、果物および野菜、フルーツジュース、牛乳から得られると述べています

 

5.抗酸化物質-このHarvard Health Publishingの記事によると抗酸化物質とは、DNA、細胞膜、および、細胞の他の部分に損傷を与える遊離基と呼ばれる不安定分子と中和する、化合物全てを指す一般的総称であると説明されています。

 

メイヨー・クリニックは、ビタミンCやビタミンE、カロテノイドなどの抗酸化物質が、遊離基による弊害から細胞を保護する効果がある可能性指摘しました。遊離基は時間の経過とともに細胞を破壊し、病に対抗しようとする身体の免疫力を弱める原因ともなります。Medical News Todayが報じているように、遊離基はまた皺のような老化の兆候を引き起こす原因ともなります。

 

記事更に、その他の天然抗酸化物質には、フラボノイド、タンニン、フェノール、およびリグナンまれると述べています。抗酸化物質を摂取するには、植物を中心とした食事を摂ることが最善の方法です。そうした食物には、果物、野菜、全粒粉、ナッツ、種子、薬草、香辛料、更にはココア含まれます。

 

やはり健康的なライフスタイルが肝要です

 

背中を健康に保つためだけで無く、身体全体を健康に保つためにもバランスの取れたライフスタイル維持が不可欠です。正し食事、毎日運動、座ってばかりいることは止め、喫煙もしないことです。そうすれば、最適な健康維持につながります。