テクネックとは一体何か?

August 13, 2020

テクネック、テクノロジー機器の使用に起因する首への影響について小耳にはさんだことはありませんか

長い時間ノートパソコンやスマートフォンを使っていると、首に痛みを感じる場合があります。それがテクネックで、そうした痛みを感じる場合は、恐らくそれに陥っています。本記事では、この現代病の原因、症状、治療法などを探って行きます。

テクネックとは? 

スマートフォンやノートパソコン使用した後に首痛みを感じたことはありませんか? もしあるとしたら、それがテクネックです。テクネックは正式に診断された病名ではありませんが、(スマートフォンやノートパソコン、ゲーム機など)様々なテクノロジー機器を使用したときに感じる痛みや不快感を表す現代用語です。キャッチーな名前であり最早一般的な名称ではありますが、テクネックは首の痛みだけを指しているわけではありません。テクネックは、腰や肩などの身体様々な箇所の痛み全てを指す総称です。テクネックと定義される症状は、テクノロジー機器の使用による負荷から引き起こされる症状全てを指します。

直ぐにテクノロジー機器のせいにしたがるがかなりいらっしゃいますが、画面をずっと見ているだけでテクネックになるわけではありません。むしろ、それは画面に向かう姿勢画面の位置、高さの問題です。テクネックがどのように進行するのかを完全に理解するには、先ずテクネックがどのように発生しなぜそんなにがってしまうのか、そして画面長時間向かうにしても、もっと気をつける方法はないのかを探す必要があります。

テクネック、とその名を馳せる所以であることも鑑み、先ず首部を見てみましょう。首または頸椎は脊椎のなかでも最も柔軟な部分です。ですから動きにも融通が利くとともに、その柔軟性が故に怪我や損傷受けやすくなります。画面をのぞき込もうとする頻度が多くなるとテクネックは進行します。前に突き出て、その荷重が首に負担をかけ、痛みが進行します。頭を突き出して画面をのぞき込もうとすること自体でダメージを与えるというわけではありませんが、そうした無理な姿勢を長く続けることでテクネックが進行してしまうのです。望まない痛みのリスクに首を晒さないように、画面の高さを調整してください。

背中肩の痛み頭痛はテクネックに起因するその他の症状です。テクネックを感じたことがあるのなら、こうした部位にも痛みが及ぶ可能性もあることを忠告させて戴きます。これらは全て、テクノロジー機器を使用した弊害というよりも、ってばかりいるデスクワークのライフスタイルに起因します。つまり、簡単に言えばあまり動かず、不自然な姿勢のままでいると、痛みを伴うということを意味しています。背中や肩の痛みなどは、体に負担がかかることにより引き起こされる痛みの最たるものです。身体をけて頭を突き出せば、腰や肩にさらに負荷かかります。運動不足また、全身の血流を悪くし、頭痛の原因ともなり得ます。日に何度もストレッチを繰り返し姿勢に注意し、痛みの発生を抑えるようにしましょう。

どうすれば良いか

ここまででテクネックとは何かを正しく理解し、それを和らげる方法をいくつか見て来ました。ではテクネックを和らげ、同時に回避する長期的な解決策について見てみましょう。

正しい姿勢を見つけましょう

先にも申し上げたように、ほとんどの個人にとってテクネックが斯様に一般化した問題となっている原因の多くは、姿勢の悪さとその姿勢がもたらす負荷が、結果的に痛みを引き起こすという事実から来ています。だからこそ正しい姿勢や画面の正しい位置を見つけることがとても重要なのです。理想的な画面の高さと頭からの距離は、ユーザー自身の身長と画面との位置により異なります。御自身に最適な寸法が不明な場合は、この人間工学に基づいた計算をご参照ください。単純に身長を入力するだけで、立位と座位双方に最適なデスクの高さと画面までの距離を算出出来ます。

適切な機器を見つけましょう

どの位置が最も具合が良いかを知ることテクネックを避けるには重要ですが、同時に適切な機器を見つけることもとても重要です。人間工学に基づいたアクセサリとデスクを調べることがテクネック解消回避につながります。人間工学に基づいた製品は、首と背中サポートし、安定性をもたらすように設計されています。FlexiSpotの人間工学オフィスチェアOC3Bのような製品は、完璧に背中サポートし、快適性と安定性の双方を保証します。スタンディングデスク・コンバーターは立ち位置と座り位置を簡単に切り替えることが出来るもう一つの検討すべき優れた機器です。これは座ってばかりいるデスクワークのライフスタイルに対する解決策としては最適な手法であり、テクネックに対抗するばかりでなく、姿勢、集中力、エネルギーレベル改善にも役立つ簡単な解決策です。

テクネックを回避しようとすれば、それあなた自身と、その身体に役立つもの全てを見つけることにつながるということを、常に覚えておいてください。