脊椎に痛みを持つ人がフィットネスチェアを活用する方法

May 12, 2021

人々の中には腰部、腰背部、頸部、または首の領域における脊椎痛に悩んでいます。ほとんどの人にとってこれらの領域で経験するこの痛みは耐え難いものであり、腰や首の痛みを経験すると、仕事に集中できなくなるため、生産性が低下します。ひどい場合には立っていても仕事をするのが難しくなります。これらの領域で痛みを感じた時、ベッドから起き上がるのにも数秒以上かかってしまいます。腰部で経験する痛みには以下の2種類があります。

 

  • 捻挫
  • 筋違え

 

捻挫を起こすと、靭帯が裂けてしまいます。この支持組織は痛みを伴い、腱や筋肉の微小な裂傷によって筋違えを引き起こす一方で、背中に痛みを伴う感覚を与えます。よく見れば、それは骨髄を食べようとした時に見える鶏の脚の骨が割れた部分のように見えます。これが腰痛の一般的な原因です。このような痛みを起こしやすい領域としては腰椎と頸椎です。これらは床にある紙を拾おうとすることやパソコンモニターを見ることなどによる自身の体重が最もかかる部分だからです。これらにより腰椎と頸椎に大きな圧力がかかり、習慣的になると徐々に使いすぎることにより怪我となります。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、動くときに筋肉や骨の適切な動きについて考慮していない人々は脊椎や首に痛みを感じることが多いです。例えば以下のような人々です。

 

  • ブルーカラー労働者:体全体を動かして働く肉体労働者です。全員が正しい姿勢をしているとは限らず、仕事の性質上、首と背骨を無意識に動かすことを強いられています。
  • ホワイトカラー労働者:オフィスでさえ、これらの人々は仕事で座りがちであるため捻挫や筋違えを起こしがちです。仕事時間の多くをパソコンに向かって過ごしており、身をかがめ、体を不自然に動かしています(曲げや捻りを伴っています)。これらの体の動きによって無意識のうちに頸椎と腰部に痛みを引き起こします。

 

脊椎の痛みは手術を行わない場合もありますが、手術が必要となる場合もあります。脊椎からの痛みが腕、脚、胸郭、または前胸壁の周りに広がり始めたら、手術を検討することになります。

 

それでは筋違えや捻挫を発症し始めているかどうかをどうやって知ることができるのでしょうか?次のパートでは危険信号と見なされる症状について説明します。一方で、手術を行わない脊椎の痛み(痛みが脊柱起立に影響を与えるか、首から脊椎に伸びるが腕や脚には影響を与えない軟組織のグループに影響を与える場合)と手術が必要となる痛み(胸部の痛みが脊椎の神経の圧迫を示す四肢または胸部壁にまで及ぶ場合)には違いがあることに注意してください。またここに他の注目すべき症状について挙げてみます。

 

  • 腰部の凝り:動かすことに関して制限する可能性があります。
  • 適切な姿勢を維持できない:腰の部分の凝りのため、前かがみになった姿勢になる可能性があります。
  • 活動中または安静時における筋肉のけいれん:立っている時においても、突然の痛みでけいれんを感じることがあります。
  • 約10〜14日間持続する痛み:この種の痛みは鎮痛剤を服用したり、数日間休んだりしても再発してしまいます。
  • 顕著に動けなくなること:かかとを使っての歩行やつま先立ちができないことです。

 

以上の症状を見て、脊椎領域の痛みについて注意深く観察しておくことをお勧めします。これは頸椎と腰椎が体のデリケートな部分であることだけでなく、単なる筋違えでも労働者は動けなくなり、仕事やその他の活動を妨げてしまう可能性があるためです。重度の脊椎の痛みによって引き起こされる合併症を回避する方法を知っておくことは重要です。したがって、考慮に入れるべき予防のヒントについて示します。

 

  • 正しく持ち上げる方法を使用する:これを行うことができないと、すぐに怪我をしてしまう可能性があるため、これは非常に重要となってきます。何かを持ち上げる時、ほとんどの人が行う「曲げて持ち上げる」動きは避けてください。背骨に圧力をかけないようにするため、何かを持ち上げたり、拾ったりするときの正しい動きはしゃがむことです。
  • 筋肉の緊張を防ぐため、緊張の多い状況を(できるだけ)避けてください。
  • 健康的な体重を維持する:特に中央部の周りの体重を減らすと腰への負担を防ぐことができます。お気づきの方もいらっしゃると思いますが、体重が重くなると痛風などの症状が出やすくなり、腰痛の可能性が高くなります。
  • 禁煙:喫煙はアテローム性動脈硬化症または動脈硬化を引き起こし、椎間板変性症や腰痛を引き起こす可能性があります。
  • 筋力と柔軟性の強化:ヨガは子どものポーズからコブラまでコアの強度と柔軟性を作り上げることができる理想的なエクササイズです。これらのヨガのポーズは脊椎の痛みを軽減し、コアを強化できる可能性があります。しなやかで強くなると、正しい姿勢を維持できるようになり、物を持ち上げるときにしゃがむのが難しくなくなります。
  • エクササイズ:背中の筋力と持久力を高め、筋肉がうまく機能するようにするため、定期的な運動から負荷の少ない運動までの様々なルーチン運動です。

 

これらの活動はコアを向上および強化するのに役立ちます。それらを毎日行うことで、少しずつ柔軟性を高め、筋違えや捻挫を防ぐことができます。一方で、上記のエクササイズや活動の他にコアの強度を高め、柔軟性を高め、体重を減らすのに役立つ機器の使用も検討する必要があります。ここで、FlexispotのデスクバイクV9について説明させてください。まさに人間工学的ソリューションを使用した革新的な製品です。仕事で忙しいために体重を減らし、コアを強化することができないことを心配する必要はありません。仕事を行う場所の近くでそれを転がし、その上に座って、仕事をしながらそれにまたがることができます。背骨の健康と身体の健康を良くしたいのであれば、素晴らしい選択となるでしょう。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。