Flexispotの「デスクバイク V9」 関節が痛い人用

April 22, 2021

痛風とは、足の指や足裏に起こる炎症で、尿酸の異常により関節が腫れ、特にかかと周辺に耐え難い痛みが生じます。人によっては、足を地面に踏みつけることが悪夢のように思えることもあります。

 

私自身、痛風による激しい痛みを経験したことがありますし、さらに言えば、コロナウイルスが流行する前は、家から会社まで1キロ以上の距離を移動していました。玄関からエレベーターまでの道のりや、閉じた靴を履いて足の指を動かすのに苦労したことは想像に難くありません。

 

ひどい場合には、足首を骨折したり、筋肉を酷使したりする人もいます。鎮痛剤のような薬は、特に重要な臓器に後遺症を残す可能性があるので、必ずしもお勧めできません。Narcononに掲載された記事によると、鎮痛剤は乱用されると重要な臓器に害を与えるものから致命的なものまであるとのことです。

 

確かに、鎮痛剤を過剰に摂取すると、体の一部に永続的な痛みや損傷をもたらす可能性があります。

 

例えば、肝臓のような重要な臓器がダメージを受けることがあります。肝臓は、人体の内部フィルターの役割を果たしています。肝臓はグルタチオンの天然の供給源であり、この臓器が健康であれば肌は自然に輝きますが、すでに損傷している場合には、鎮痛剤を使いすぎると肌が乾燥して黒ずんできます。重い病気にかかっている人が鎮痛剤を大量に飲むと、そうなってしまうのです。最悪なのは、ほとんどの人が激痛を和らげるために鎮痛剤を大量に飲まずにはいられないことだ。

 

そこで問題になるのが、鎮痛剤の代わりになるものは何かということです。臓器障害や肝不全などの合併症のリスクを回避するにはどうすればいいのか?新しいライフスタイルや仕事環境では、多くの人がミニオフィスで仕事をしなければならないため、固定された生活を強いられています。

 

多くの人は2時間以上も座って仕事をしており、体の姿勢を崩しています。最悪のケースでは、与えられた仕事を果たすためにトイレでの休憩時間を逃したり、締め切りに間に合わなかったりします。また、毎日の運動を忘れてしまう人もいますが、これは2つの理由から良いことではありません。

 

1. 運動が継続されないと、いわゆるヨーヨー効果が起こる可能性がある。

 

糸の玉を完璧に巻こうとしたときのことを想像してみてください。糸を観察すると、転がしたり締めたりするのを止めた途端、糸がどうなるかがわかります。フワフワになったり、一本一本の糸が細切れになったりします。ダイエットの最中にヨーヨー効果が起こると、そういうことになるのです。

 

2. 運動をやめると、他にも潜在的なリスクがある。

 

Outsideonlineの記事にあるように、運動をやめることによる有力なリスクとして、血圧の上昇が挙げられます。これは、体が活発に動かなくなると、血圧が上昇し、血液の流れが悪くなって動脈が狭くなるためです。もう1つは、運動をしなくなると、セロトニン(体の気分を安定させるホルモン)やエンドルフィン(体をリラックスさせるホルモン)などの幸せホルモンと呼ばれるものが不足するため、不機嫌になります。

 

また、次のような事実から、ドミノ効果が起こる可能性もあります。運動をやめて、最悪の場合、リウマチや関節炎などの病気になったとしたら、同じような状態にならないようにするにはどうしたらいいでしょうか?臓器にダメージを与える可能性のある鎮痛剤を飲み続けるでしょうか?

 

臓器にダメージを与える鎮痛剤を飲み続けるか、ゆっくりでも確実に関節の痛みを和らげる方法を取るか、それとも自然な方法で長い目で見て安心できるものを試してみるか。

 

そこで登場したのが、Flexispot社の「デスクバイクV9」です。痛風のような問題を抱えている人が、仕事と体の両方を危険にさらすことなく、痛みを和らげることができる革新的な製品です。この製品は、8段階の抵抗値を備えており、自分に合った抵抗値に調整することができます。

 

痛風を患っている方は、下半身に負担をかけずにモビリティーを練習するのが理想的です。痛風患者は、リフティングや激しい運動をすることは推奨されていませんが、デスクバイクV9のような機器を使えば、体重のバランスをとり、運動に挑戦するような状態でも、活動的に過ごすことができるでしょう。さらに、デスクバイクV9は、健康的なライフスタイルの維持と多忙な仕事のスケジュールに挑戦する人にとって、休憩時間をアップタイムにするために最先端の技術で作られています。

 

リーズナブルな価格と素晴らしいスペックを備えたV9は、体型を維持したい人、痛風などの症状による痛みを和らげたい人など、すべての人のニーズに応えることができるだろう。あらゆる体型に対応し、耐荷重は300ポンド(約136キロ)。また、この機器は移動可能なので、どこにでも簡単に持ち運びすることができます。痛風に悩む人にとっては、理想的な機器と言えるでしょう。

 

先に述べたように、痛風患者は重いものを持ち上げることが難しいので、機器を移動させるローラーを使って機器を転がすことができ、とても快適なのです。さて、どうしましょう。鎮痛剤を溜め込むのはやめて、痛風の症状をあまり悪化させずに徐々に自然に体重を減らす方法に切り替えてみてはいかがでしょう。詳細な仕様や組み立てについては、ウェブサイトをご覧ください。

 

ハッピー・バイキング!

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。