アーティストが直面する問題

August 09, 2021

アーティストにとっての人間工学的苦境

 

今日の世界ではアートはデジタル化されています。それは新しい次元に達し、すべてがコンピューター上で行われているのです。デジタルアートは特に衣服、バッグ、靴などの商品をデザインする際のトレンドとなっています。デジタルアーティストの他にタトゥーアーティストもいます。彼らは人間工学的問題の脅威に直面しています。したがって、最高のスタンディングデスク、シットスタンドデスク、および人間工学に基づいた椅子を専門とするFlexispotは最高の人間工学的ソリューションを提供することが可能なのです。

 

ほとんどのアーティストが仕事で経験していることをよく理解するために、フェイスブックのメッセンジャーを通じて2人のアーティストにインタビューをしました。彼らが仕事をしているときに遭遇する人間工学的な問題について聞きました。人間工学に基づいたオフィスチェア9127などの人間工学に基づいた椅子や調整可能なスタンディングデスクプロなどのスタンディングデスクを使用することについてどう思うかを聞きました。私が最初にインタビューしたのはロゴや販促資料を作っているジャスティンA.フランシスコというフリーランスのデジタルアーティストでした。以下は私が彼と行ったインタビューの抜粋です。

 

質問:ジャスティンさん、あなたはどれくらいの時間、オフィスで材料を設計し、コンピューターを使用していますか?

 

フランシスコ氏:ロゴのデザインやマーケティング資料の作成のため、通常8時間働いています。

 

質問:あなたはフリーランスのアーティストですが、あなたが直面している人間工学的な問題はどのようなものがあり、仕様しているオフィス機器でそれらをどう克服していますか?

 

フランシスコ氏:私はコンピューターを8時間使用すると、目の痛みを感じます。背骨も痛くなります。長時間経過すると、背中の首がしびれ、痛みを伴います。残念ながら、私が使用しているオフィスチェアは背中、首、背骨の痛みを和らげることができません。

 

質問:それでは、ここに役立つかもしれないスタンディングデスク、シットスタンドデスク、そして人間工学に基づいたオフィスチェアのようなFlexispotの製品があります。その1つは調整可能なスタンディングデスクプロです。これはデュアルモーターリフティングシステムを備えており、高さを調整ができます。そのため、コンピューターで仕事をする時、しゃがんだり、かがんだりする必要はありません。これらの製品はフリーランスのデジタルアーティストであるあなたに適していると思いますか?

 

フランシスコ氏:はい、そのスタンディングデスクは頑丈に見えるので、適切だと思います。デスクトップが頑丈であることがわかるので(ウェブサイトを見ると)、私にはぴったりだと思います。

 

インタビュアー:わかりました。お時間を頂き、ありがとうございました。またインタビューをお受け頂き、ありがとうございました。

 

(会話終わり)

 

フランシスコ氏へのインタビューの後、インタビューに参加してくれた2番目のアーティストは2013年にキャリアをスタートさせたフリーランスのタトゥーアーティストであるマッキーB.アニエル氏でした。このインタビューではアーティストが経験する苦労を明らかにしました。これは彼が職場で通常直面する人間工学的問題について言及した部分です。

 

質問:あなたは2013年からタトゥーアーティストとして活躍されていると思いますが、それ以来、あなたが直面した人間工学的な問題は何でしたか?

 

アニエル氏:2013年以来、私はこのキャリアを通じて、多くの体の痛みに直面していました。コイルタトゥーマシンは重いので、使用するたびに手のひらの周りに痛みを感じています。クライアントに1時間半も使っていると、手のしびれを感じます。

 

質問:クライアントはタトゥーベッドに横になるか、椅子に座ります。あなたが彼らの肌に裏地と陰影をつけるとき、身をかがめたり、しゃがんだりしますか?あなたが直面する他の人間工学的問題は何ですか?

 

アニエル氏:彼らが着席しており、タトゥーを入れるのが難しい体の部分にデザインが配置されている時です。ほとんどの場合、首が痛くなります。 

 

質問:それでは、あなたが言ったように、席に座っているクライアントに入れ墨をすることは難しいようです。人間工学に基づいたオフィスチェア9127のように、フットレスト付きの人間工学に基づいた椅子を使用するのはどうですか?それにメリットを感じますか?(ウェブサイトからの製品を表示します)。 この人間工学に基づいたオフィスチェアは135度まで調整可能なロッキング機能を備え、フットレストを備えています。あなたのクライアントとあなたにとってメリットがあるかもしれません。自分のタトゥーショップでこれを使いたいですか?

 

アニエル氏:はい、その人間工学に基づいた椅子は十分な耐荷重があるのでメリットがあると考えています。角度調整レバーでロックできるのも安心です。よって、クライアントの肌にシェーディングを始めたら、首の痛みや手のひらのしびれを感じることはないでしょう。私の背中もそれほど痛くならないでしょう。

 

インタビュアー:それはいいですね、アニエルさん。このインタビューに時間を割いていただきありがとうございました。

 

(会話終わり)

 

2人のアーティストへのインタビューによると、フリーランスのアーティストである彼らはオフィスだけでなく職場でも人間工学の重要性について十分に知らされていないため、深刻な人間工学的問題を経験していました。人々は背骨をかがめたり、負担をかけていたりする傾向があります。

 

その点で、彼らは深刻な筋骨格系の問題につながる可能性のある負担や捻挫から守るために、最高の人間工学的製品を使用する必要があります。したがって、Flexispotのスタンディングデスク、シットスタンドデスク、スタンドアップデスク、および人間工学に基づいた椅子が最適な製品となっています。これはFlexispotではすべての人間工学に基づいた製品が仕事で行う活動に適合するように設計されているためです。その一例がモディッシュスタンディングデスクです。このシットスタンドデスクを使用すると、これらのアーティストは高さ調節機能を使い、簡単かつ快適に移動できるようになります。したがって、背中の痛みや首の痛みに直面しているデジタルアーティストにとって、Flexispotのスタンディングデスクは最良の選択であります。

 

結論

 

フランシスコ氏やアニエル氏のようなアーティストのほとんどは人間工学的に最悪の痛みを経験しています。これは彼らのアウトプットを妨げる可能性があり、仕事の質に影響を与える可能性があります。さらに悪いことに、彼らは生命を脅かす可能性のある生涯にわたる病気を経験することになるかもしれません。したがって、Flexispotは最も耐久性があり、頑丈で、経済的なスタンディングデスクと人間工学に基づいた椅子を提供するために存在しているのです。