痛みは消え去ります:首と背中の痛みを和らげます

August 09, 2021

背中や首の痛みほど仕事に日を不快にさせるものはありません。残念ながら、私たちの多くは毎日それと戦っているのです。腰痛はアメリカにおいて毎年500億ドルの費用負担を強いてます。日常生活を送る際に痛みを感じるというだけでなく、人間工学に基づいた椅子、クッション、電気ショック療法などによって痛みを和らげる方法を見つけるためにお金を費やしてきました。

 

私たちは皆、仕事でのパフォーマンスを向上させ、より効果的になることを望んでいます。しかし今日、痛みを感じる人が増加していることからわかるように、私たちの健康は危険にさらされている可能性があります。多くの研究によれば、長時間座っていると従業員の健康に害を及ぼします。そのため、職場での人間工学の重要性を理解することが大切です。新製品のデザインのおかげで、従業員の全体的な健康と幸福が今日の職場で注目されています。

 

長時間座っていることの危険性

 

ほとんどの組織において、従業員の職務遂行中、一日中座っている必要があります。席に長くいればいるほど、健康上の問題が発生する可能性が高くなります。コンピューターを見ることは首や背中の痛みとなる主な原因の1つです。 痛みや不快感を取り除く最も簡単な方法は職場を再構築し、学ぶことと生産性に最適な形に変えることです。それは健康的な姿勢を促す空間であるべきなのです。仕事上、長い時間座っている必要があるのなら、あなたは座りがちになることによって引き起こされる結果に注意しなければなりません。運動不足によって悪い姿勢につながる可能性があり、そして不快感やその他の病状につながります。座りがちな生活の影響に対する主な治療法としては生活習慣の改善、労働条件や行動パターンの変更です。

 

首と背中の痛みの一般的な原因

 

姿勢

 

机に座っていたとしても姿勢は良くなりません。座る際には肩と背中はおそらく前かがみになっており、頭は前に押し出されていると思います。この姿勢が背中や首の痛みの主な原因となっているのです。頭への負担が大きくなると、首に大きな負担を与え、背中の上部筋肉の使い過ぎにつながります。

 

人間工学

 

あなたはあまり考えたことはないかもしれませんが、机に座ってコンピュータを使って適切に働くことは科学です。首の状態はキーボード、デスク、コンピューターモニターの高さと角度によって悪化する可能性があります。

 

座りすぎ

 

1日を通して長時間座っていると、背中の脊椎の間の柔らかい椎間板が圧縮され、血液や栄養を伸ばして吸収することができなくなります。これは脊椎の柔軟性がはるかに低く、椎間板の損傷となる可能性が高いことを意味します。一日中座っているときは立っているときよりも背中に40〜90パーセント多くの負担をかけているのです。

 

首と背中の痛みのためのスタンディングデスク

 

人間工学の専門家によると、スタンディングデスクは慢性的な首への負担を軽減するのに役立つ可能性があります。姿勢の悪さによる持続的な負担は日中に首や背中の問題を引き起こすことが多いため、立っていることで大きな影響を与えられる可能性があるのです。ある調査によれば、仕事にスタンディングデスクを使用する従業員は首と背中の痛みが54%減少しました。さらにこの人間工学に基づいた道具は従業員の気分の向上にも役立ちます。

 

私たちは座っているとよく落ち込んでしまうことを認識しておくことが重要です。このような悪い習慣は背中や首の筋肉を弱めてしまう可能性があります。しかし立っている時はそうではありません。立っていると首、背中、腰の筋肉が強化され、それぞれがより上手く機能するようになります。 

 

スタンディングデスクは背中や首の痛みを取り除き、より健康的なライフスタイルを送りたいという人の要望を叶えました。まだ痛みを感じていない場合、健康を管理し、背中や首への痛みを回避するための対策を取ってください。仕事においてスタンディングデスクを使用していても、人の中はまだ背中の痛みを感じている人がいます。これは人間工学に関連しています。机、キーボード、コンピューターのモニターが快適な姿勢になっていないと、体に不必要な負担がかかります。高さ調節可能なスタンディングデスクはこの問題のシンプルな解決策であるのです。あなたのために理想的な机の高さにすることができるのです。

 

電動スタンディングデスクはボタンを押すだけでデスクの高さが調節できるため、効率がさらに向上します。一部の電動シットスタンドデスクにはメモリ機能もあり、高さの設定を保存できます。快適なワークステーションの高さにすることはスタンディングデスクを最大限に活用するために大切であり、そのためこれは素晴らしい機能です。これらの種類のスタンディングワークステーションの詳細についてはFlexiSpotにアクセスし、高さ調節可能なスタンディングデスクのラインナップをご覧ください。

 

その他の健康的な習慣

 

  • スタンディングデスクを使用することにしたら、適切な人間工学機能発揮のために以下のガイドラインに従ってください。

 

  • 腕に対して90度の角度を維持します。

 

  • 頭が背骨の上でバランスが取れていることを確認してください。

 

  • モニターを目の高さに調整します。

 

  • ルーチンを変えることも有益な場合があります。以下の提案を検討してください。

 

  • 椅子、コンピューター、机がすべて適切に調整されていることを確認してください。アームレストは椅子に備えられているべきです。膝は腰より低くなければなりません。

 

  • 適切な姿勢を維持します。肩が耳と腰と揃っていることを確認してください。

 

  • 主にコンピューターで長時間仕事をする場合、頻繁に休憩を取ってください。

 

  • 足を床に平らに置き、机に座ります。椅子にしっかりと背をつけてください。

 

  • 常に大きなカバンを肩にかけます。負担が大きいため、首に負担がかかることがあります。

 

  • 禁煙してください。医療専門家によると、この習慣は首の痛みを発症する可能性を高める可能性があります。

 

  •  快適な姿勢で寝るようにしてください。首と頭はあなたの体と適切に揃っている必要があります。脊柱起立筋を平らにするため、専門家は仰向けに寝ることをお勧めしています。

 

  • 抗疲労マットを使用してください。表面が不安定になり、脚を常に動かすことができます。

 

高さ調節可能なスタンディングデスクでの仕事はあなたの快適さのレベルをすぐに改善し、座っていることによって引き起こされる首と背中の問題を防ぐかもしれないライフスタイルです。不快感を和らげることはまったく違った気持ちとより楽しい職場環境をもたらすだけでなく、より生産的になり、あなたの幸福を高めるという追加のメリットをもたらす可能性があります。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。