背中を痛めずに在宅勤務をする方法

July 15, 2020

コロナウイルス拡大防止のためステイホームの指示があり、労働者はその場しのぎのホームオフィスで間に合わさなければなりません。ただしそにはデメリットが伴っており、人間工学的に健全ではない状態仕事をすることによって身体的な不快症状が発生する可能性があります。最も症状が出るの部位の1背中です。背中は活動が少ないことと表面が固い場所に長く座りすぎることによる負担の大部分負っています。

体の重要な筋肉である背中は1日を通してあなたを支えています。しかし特に長時間に座っている場合など私たちの日常活動のほとんどが背中に負担を強いています。座りがちな仕事をしていると背中に影響を与える可能性があり、その不快症状が足や腰にも及、さらに深刻な問題を引き起こす可能性があります。そのため背中をケアし、すでに気になっている負担や痛みを無視しておかないことが重要です。

あなたには何ができるのでしょうか

背中の痛みを経験している人にとって、希望がなくなることはありません仕事のルーティンに小さな変化を加えることで即座に背中を救い出すことができるでしょう。

1. 休憩を取る仕事を一時的に止めることは心だけでなく背中にとっても非常に重要です。徹底的に行う必要はありません。提出物完成し、上司からそのフィードバックを待っている、午後の少し仕事が落ち着いた時間を使っても良いでしょう。もしくはZoomミーティングに少しひねりを加え、同僚と一緒にストレッチをすることでより面白くすることができるかもしれません。

2. 姿勢に注意する:背中ケアに関しては姿勢が大きな要因なります。首を前かがみにしたり、伸ばしたりすると、脊椎の配列を傷つけてしまいます。本記事において理想的なワークステーションのセットアップとはコンピューターモニターが自分の目の高さまたは少し下に配置される場所であると述べています。ガジェットを使う人は脊椎に負担がかからないように、テックネックを意識する必要があります。さらに背中と手首保護するため、スクリーンも腕の長さ分だけしておく必要があります。

3. 背中の運動をする:背中を対象にした運動をすることも良いことです。背中の筋肉を強化すると、体の見栄えが良くなり、気分が良くなるだけでなく、問題が起こりにくくなります。プランキング、スーパーマン、サンサルテーションなどの運動必要なのは体重だけなので、追加で必要な機器について心配する必要はありません。

4. アクティブを維持する:座りがちな生活を避けるためより多く動くこと重要です。座ることと立つことを繰り返すことで背中への負担も軽減されます。歩き回ったり、ヨガのストレッチをしてみてください。ロイターによれば定期的に体を動かす活動を行うことで、慢性的な腰痛のリスクを減らすことができると述べています。

5. 人間工学に基づいた家具を購入するワークステーションには人間工学に基づいた優れた家具が不可欠です。背中の痛みを軽減したい場合、身体の自然な調整をサポートする人間工学に基づいた家具を見つける必要があります。予算が足りない場合、まずは人間工学に基づいた椅子の購入が最初のステップになるでしょうそしてお金をかけずにさらに追加したい場合このようなデスクコンバーターを購入するのが低コストのオプションになります。これは今の机を交換したくないが、1日中立ったり座ったりするために役立つ機器が必要な場合にスマートなオプションになるでしょう。

これまでの仕事スタイルに背を向けましょう

上記のヒントを試してみることで、より健康で強い背中を手に入れるのに役立ちます。あなたの背中のケアのルーティンそれが一致すれば、すぐにあなたは痛みのない健康な体を手に入れることができるでしょう。