5つの関節パッチをどうやって保護しますか

August 11, 2020

関節の健康は重要だ。関節が良好に機能している場合、自転車、ランニング、ジャンプをすること、スムーズに歩くことが可能である。関節は2つ以上の骨が結合する場所に存在し、可動性を維持しているのだ。ほとんどの関節は、骨の端に軟骨がある。軟骨は、骨が移動するときの摩擦を軽減し、衝撃を吸収する働きをしているが、関節と軟骨が悪い状態にある場合、ケガ、変形性関節症関節リウマチになりやすい。

どうすればいい?

幸いにも、関節を健康に保つ方法はたくさんある。バランスのとれたアクティブなライフスタイルをおくることで、関節の健康を維持できるのだ。ここでは、関節を守るための5つの方法を紹介しよう。

1. 動こう-- 常に体を動かす。座りっぱなしのライフスタイルを避け、アクティブな生活をしよう。デスク前にいることが多い場合、可能な限りいつでも立つ、座るの動作ができるように、高さの調整可能なデスクを試してみるのはどうだろう。このハフィントンポストの記事では、正しくない姿勢で座る時間が長いと、椎間板や関節をすり減らしたり、股関節を痛める可能性があると指摘している。運動を取り入れることも良い。初心者には体に負担の少ないエクササイズが最適だ。エアロバイク、ピラティスヨガやウォーキングマシンなど試してみてはどうだろう。これらは自宅でできる安全なエクササイズだ。さらに、ハーバード・ヘルス出版のこの記事で述べられている通り、定期的な運動は免疫力を強く保つことができる。 

2. ウォームアップとクールダウンをしよう-- 汗をかく前とかいた後のストレッチをサボらないことが重要だ。関節が固くなると不可がかかりすぎているのだ。運動の良い結果を得るためには、ウォームアップとクールダウンにそれぞれ5分費やそう。また、実際に汗をかく前に様々な筋肉を活性化させるため、ダイナミックストレッチ(動的ストレッチ)を行うこともできる。このストレッチは血流と柔軟性を高め、抵抗を少なくすることができる。

3. 喫煙を避ける-- 喫煙は健康によくない。喫煙により、体内で炎症が誘発される。そのため、関節に痛みがある場合、回復に時間がかかる可能性があるのだ。習慣をやめることは容易ではないため、医師に相談することが最善だ。

4. 水分補給-- 大切なことは、水で水分補給をすることだ。エネルギードリンクやその他の飲み物ではなく水にしよう。整形外科の専門家によると、関節軟骨の約70~80パーセントは水分でできていることから、脱水症状が関節痛と関連しているといえる。

どのくらいの水分が必要なのか? MayoClinic.org によると、全米アカデミーズ行った研究を引用し、本研究で、次の水分摂取量が適切であるとしている。

男性の場合、1日約15.5カップ(3.7リットル)

女性の場合、1日約11.5カップ(2.7リットル)

運動を始めるのであれば、これより多いほうが良いかもしれない。

5. 体の声に耳を傾けよう-- 体のニーズに敏感でいよう。健康に関しては、直感も大事だ。暑いと感じるときや運動をする時は、より多く水分を摂取しよう。体を鍛えるために追い込むことは大切だが、必要に応じて休憩をとるようにしよう。

痛みがある場合は、無視してはいけません。痛みは体の不調を知らせていると捉え、関節の痛みを感じたらすぐに医師に連絡しよう。これで病気を未然に防ぐことができるかもしれないのだ。