瞑想の旅を通して活力を保持する

July 22, 2021

瞑想は、日々の生活から毒性のあるものを抜き去り、リラックスする素晴らしい手段としてよく方法としてよく宣伝されていますが、全くその通りです!

 

本質的に瞑想を行えば、平静感を手に入れることも可能となり、確かに素晴らしい体験となるをもしれません。また、時にはうとうととしてしまうかもしれません。

 

あなたがとても熟練したヨギ行者であれば、この状況下では自身から眠りに落ちたでしょう。では、完全に意識を保ちながら、如何にすれば内に平静感を維持できるのでしょうか?

 

如何に瞑想しながらリラックスし、それと同時に注意を切らさず意識を保つ方法について、アドバイスをお聞きください。

 

脳の活動

 

ある研究によると瞑想状態は、特定の状況では、睡眠フェーズ1および2、あるいはノンレム睡眠と同じように見えたそうです。

 

休息期と比較して、科学者たちは、瞑想のレベルが深かった場合は全て、アルファ脳活動でスパイクが起きているとの結論を出しました。一部の研究者によれば、より深い瞑想段階ではシータ活動の増加、コアベータおよび低ガンマパルスの減少と関連していたということです。つまり、ストレス軽減に向けて脳活動が活発化する一方で、問題を解決し、警告を大きくする脳波が低下しました。

 

原則として瞑想は、いくつかの特徴を共有しながら、眠りと覚醒の双方の間にある独特の精神状態であるということが解っています。瞑想状態に入ったときは常に、集中力と平静、覚醒と眠りの間の境界線上にあります。頻繁に瞑想を繰り返すと、眠気を感じる領域で少し彷徨っているような感じになっていることに気付くでしょう。

 

朝の倦怠感または睡眠不足

 

瞑想はあなたが事前に気づいていなかったものに、あなたを触れさせる効果があります。これは長期的には利点にもなりますが、当初は悪影響をもたらす場合もあり得ます。

 

あなたが疲れ、不安に陥り、忙しすぎる状態になり、または不可解な不眠症に悩まされると、あなたの心はあなたが瞑想に誘われ、休息を必要としていると解釈するのかもしれません。あなたが常に外に出歩くタイプで無ければ、体を静止させるという新奇な行いに順応するにはかなりの時間を要するかもしれません。

 

あなたが一晩中起きていたいとすると、あなたのマインドフルネス瞑想が一日を通して慢性的な不眠症になることの影響を気づかせてくれるかもしれません。瞑想中に覚醒し続けるために絶えず戦っているのに気づいたときは常に、あなたは日常的にもっと休む必要があるというニュースを受け取っていることになるでしょう。

 

瞑想に耽るとき、活力を保つにはどうするか?

 

眠気を誘うものが見つかったなら、瞑想する際、警戒を怠らないようにする最良の方法が見つかります。

 

部屋にいる快適さを避ける

 

前述したように、視線の中に寝室が目に入るだけで眠気に誘われるかもしれません。

 

可能であれば、部屋の片隅の向こうに瞑想する環境を作りましょう。これに手間暇かける必要はありません。ただし、眠る場所と瞑想するスペースとは分離し、違う世界にする必要はあります。

 

瞑想用の特別な場所の設置

 

マットレスと言えば睡眠と言うように、特定の場所を瞑想と関連付けるように脳を教育しましょう。

 

静かな雰囲気と、沈思黙考の環境が出来あがるように、カラフルなタペストリー、ハミングボウル、水が流れる噴水、気持ちが高揚する絵画、または人に穏やかさや平和をすぐに想起させるような彫刻も配備します。

 

食事休憩中で無く、食事を摂る前に瞑想する

 

仕事の休憩中に瞑想することはお手軽かもしれませんが、食事を摂る前に瞑想した方がより効果があります。

 

つまり空腹のまま瞑想することとなり、瞑想の後に少し経ってから眠くなるまで食欲の誘惑に惑わされるようなことはありません。仕事の関係で食事休憩以外の時間に瞑想が出来ない場合は、瞑想する前に少しだけスナックを口に入れるようにしてください。

 

瞑想しながらじっと立ったり、歩き回る

 

瞑想しながら立ち上がろうとすることは、信頼の置けるやり方で、セッションを通して注意を払い続けることが出来ます。立ったまま眠ろうとするのは難しいことですが、特にほとんどの時間を座って過ごす人にとっては、血流を良くし、体を柔らかくします。

 

もう一歩進んで歩きながら瞑想してみましょう。自意識を確立するために呼吸に合わせてしっかりと意図的に動いてみるのです。

 

新鮮な環境での瞑想

 

屋外で瞑想すれば脳を活性化させるもう一つの方法にもなります。

 

そうすればビタミンDのレベルが更に増えるだけではありません。外で瞑想すれば、周囲の活力とエネルギーをより意識することが出来るようになります。

 

外で瞑想を実行すれば、蜂の音がうるさかろうと、草がざわめこうと、あなたを照らす光が快適であろうが無かろうが、あなたの集中力には全く新しい要素が加わるかもしれません。

 

今では屋外で過ごすことが心理的な健康にも良いことを示唆する情報もたくさんあり、森林浴や屋外瞑想などの手法はますます一般化しつつあります。

 

マインドフルネスと自然を組み合わせれば、リラックス効果をたっぷりと堪能することも出来ます。

 

瞑想するときは目を大きく開く

 

目を閉じてマインドフルネスを行っている場合は、目を開けた状態での瞑想に切り替えてみてください。常に注意を怠らずに瞑想していることを心に示すことにもなるかもしれません。

 

目を開けて瞑想しているときは常に、集中する特定の場所を選んでおいた方がよりメリットがあるかもしれません。一般的には、2、3フィート (約60cm~1m) 離れたところにゆるやかに視線を向けることがお勧めです。

 

目が冴えわたっている時は瞑想する

 

瞑想するのに適した瞬間、あるいは瞑想してはいけない時間などは実はありません。睡魔が怒涛の如く襲ってきたときに、無理にそれに抗う必要もありません。

 

普段最も集中している時間帯に瞑想し、将来の成功に備えましょう。

 

毎日のシャワーの後、ランチタイムの直前、または一日が終わった後の夜遅い時間など、活動レベルが高目の期間を選んで、集中している間に意識を維持できるようなチャンスを最大限に広げましょう。

 

結論

 

瞑想中に眠りに落ちてしまうのは珍しいことではありません。

 

瞑想中に働いている脳の活動状態は、おそらく眠りにつく最初の段階と関わっているものと同様のものでしょう。結果的に、時々あなたが集中していても反応が鈍くなるのは実際妥当とも言えます。

 

眠気がマインドフルネス瞑想にとって深刻な障害となる場合は、不健康なライフスタイルを続けていること、慢性的な疲労、あるいは病気など、根本的な懸念に対し取り組む必要があるかもしれません。これらが原因と思われる場合は、医師の診断を仰いでください。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。