絶対に避けるべき10のオフィスデザインの間違い

January 07, 2022

小さくて、落ち着いたシンプルなキュービクルから、インスピレーションを得ていないカラーパレットまで、職場のデザインオプションという観点においてかなりかけ離れたものになっています。完全にオープンなオフィスレイアウト、ゲームラウンジ、飲料バー、ジムスタジオ、アメニティの選択肢はほぼ無限であり、選択肢の数に圧倒されるリスクもあります。間違ったものを選んだり、多すぎると、職場は「素晴らしい」から「圧倒される」に変わってしまいます。

 

それは理想的なワークスペースを設計する可能性を排除するものではありません。チームが望むものと従業員が成功するために必要なものとの間の適切な組み合わせを見つけるのに役立つ、絶対に避けるべき一般的なオフィス設計の間違いがあります。

 

気を散らすものにオフィスを置く

 

気を散らすものは仕事によって異なる場合があります。テレビを見ながら仕事ができる人もいますが、人が歩いているのを見ると気が散りやすくなります。すべての潜在的な気を散らすものを回避することが不可能な場合でも、従業員が仕事から気をそらす可能性のあるものを考え、最小限に抑えるように努める必要があります。

 

オフィスの防音を忘れてしまう

 

気を散らす程度がどうであれ、オフィスである程度の防音を維持することは建物の他の部分からの騒音を防ぐため、それが素敵な木製のドアや壁のタイルであるかどうかにかかわらず、有益なものです。

 

散らかってしまうこと

 

生産的な仕事を妨げるもう1つの重要な障害は散らかしてしまうことです。使用する領域を念頭に置き、散らかってしまう可能性のあるものをすべて取り除きます。持ち物や書類が指定された場所になるように整理する方法を検討する必要があります。デスクやワークステーションの周りに何も散らばっていないことを確認するため、通常の平日に最も頻繁に使用するものを検討してみてください。

 

レイアウトが正しくない

 

オフィスのオープンデザインはコイントスと比較されることがよくあります。オープンエリアはスタッフの活力と若返りをもたらし、チームワークと帰属意識を促進する可能性があります。ただし、あまりにもオープン過ぎるか、不十分に構築されている場合、気を散らしてしまうことが大きな懸念事項になる可能性があります。

 

あなたが念頭に置いているその美しいオープンオフィスのレイアウトを作成する前に、オフィスを設計するときにあなたの会社とチームの要件を考えてみてください。チーム全体の交流の場と、個人が取り組むことができる気が散るもののない場所の理想的な組み合わせを実現することができます。これにより、次へと進むことができます。

 

「呼吸」するのに十分なスペースがない

 

チームメンバーを他のメンバーとあまりにも近くに座らせるようにすると、チームメンバーはお互いの気を散らす重要な要因になってしまう可能性があります。プライベートスペースへの侵入はたとえ不注意であっても、従業員のイライラ、機嫌の悪さ、生産性の大幅な低下につながる可能性があります。誰も首を絞めずに広げて仕事するのに十分な「肘のスペース」を従業員に与えると、最終的には最適なパフォーマンスで仕事をするチームになります。また新しいチームメンバーのために十分なスペースを確保してください。

 

不十分な休憩エリア

 

折りたたみ椅子、小さなテーブル、おいしいコーヒーポットは法的には休憩スペースと見なされる場合がありますが、労働者のモチベーションや生産性には何の影響もありません。最高のデザインは贅沢である必要はありませんが、人々が一日の残りを頑張るために、適切にエネルギーを補給したり、くつろいだり、心を整えたりできる場所でなければなりません。

 

従業員のための素晴らしい休憩スペースを設計する時、快適な家具、適切な器具、および様々なレクリエーション活動について考えてみてください。

 

レセプションエリアを確保する

 

デザインする際には職場の最前線を忘れないでください。顧客、ベンダー、新入社員の面接、およびその他の重要なゲストのための快適なウェルカムスペースが必要になります。これは素晴らしい第一印象を与えるのに役立ち、将来のつながりの発展に役立ちます。

 

気付かれないストレージ要件

 

自分自身に聞いてみてください。会社のすべてのニーズを満たすのに十分なストレージスペースがありますか?これは適切な職場の設計を行う上で重要ですが、見過ごされがちな点でもあります。様々な用途にスペースを使いたいと考え、あまり多くのスペースをストレージ用には割り当てたくないでしょう。混乱、つまずきのリスク、火災のリスク、重要な備品の不足、代替の家具や設備の不足は現在および将来のストレージ要件を事前に計画しない場合に発生する可能性のある問題のほんの一部です。

 

仕事を軌道に乗せるために必要な整理ツールがオフィスにあることを確認してください。事務処理用のファイル用のキャビネットに投資するか、本棚を使用してノートブックやその他の事務用品を保管します。

 

整理に時間をかける必要がないように、すべてを自分わかる場所に置いてください。仕事が終わったら2分ほどかけて、次の日はきちんとした机で始められるように整理しましょう。

 

所持品の場所が指定されていると、仕事が簡単になり、効果的です。それはまた散らかった状態を片付けたり、追いつくために急ぎだりするのに時間を費やす必要性を減らします。

 

植物や香りのキャンドルでさえ、モチベーションを高める環境を確立するのに役立ちます!

 

ぎゅうぎゅう詰めのスペースであまりにも多くのワークステーションを設置する

 

適切なワークスペースとオフィスの場所は生産性を高めるための場所をスタッフに提供できるため、スタッフにとって価値があるものです。オフィスマネージャーが価値を最大化する方法を検討するとき、彼らはできるだけ多くのデスクとワークステーションを入れっるようなレイアウトを想像するかもしれません。これは公衆衛生の現状を考慮するとお勧めできません。また、スタッフがあまりにも多くの気が散るものや不快感にさらされることになります。ワークステーションの間隔を適切に設定することで、従業員がキュービクルの隣人との距離をどのように感じるかを損なうことなく、配置の生産性を最大化できます。

 

人間工学を優先しない

 

オフィススペースを設計する時、生産性を高め、従業員の健康を維持し、スタッフの気分とエネルギーを向上させることができるため、職場の人間工学について考える必要があります。人間工学はあらゆる仕事環境における人々の効率の研究のことです。役立つ変更を加えることで、スタッフの仕事を改善する方法についての洞察が得られます。

 

これらの変更は従業員が息を詰まらせることなく、健康的な方法でタスクを実行できる前向きな環境を作りたい場合に重要です。例えば、この人間工学エグゼクティブオフィスチェアはそれを使用している人に適切なクッションと換気を提供します。背中をサポートするので、仕事中に背中や首の痛みを感じることはありません。職場で適切な姿勢を維持することは長期的には従業員を助けることになります。

 

人間工学に基づいたデザインと家具を使用すると、体の位置、コンピューター画面からの距離、座ったり立ったりするタイミング、または従業員が適切に集中できる環境を作るタイミングを考慮することができます。人間工学に基づいた方法を使用することはビジネスにとってより費用効果が高い可能性があります。スタッフのケアを行い、怪我を防ぐことができれば、後で怪我をした従業員や訴訟からあなたを救うことができます。

 

彼らにコンバーチブルスタンディングデスクを提供することによって彼らの健康を優先することも非常に良いことがあります。調整可能なスタンディングデスクプロは必要なときにいつでもデスクをスタンディングデスクに変換できる静かなモーターを備えています。座っている代わりに1日3時間立っているだけで、肥満、癌、心血管疾患、糖尿病のリスクが低下します。

 

それはあなたの従業員の健康を維持し、彼らが長期的に病気休暇をとる可能性を減らします。また従業員の安全を第一に考え、働きやすい職場環境を作ります。これは長期的には従業員のモチベーションにも反映されます。

 

最も良い部分はスタンディングデスクが従業員間のコラボレーションを強化できることです。彼らはくつろぐためのプライベートキュービクルを持っていますが、立つことでチームワークを高める可能性があります。従業員は単にメールを送信するのではなく、同僚のところに行って直接会う可能性が高くなります。これにより、誤解を減らし、イノベーションを増加させることができます。

 

結論

 

これらの10のオフィス設計における間違いは仕事の質と従業員の健康に大きな影響を与える可能性があるため、絶対に回避する必要があります。一日の終わりにそれがあなたの会社にどのような影響を与えるかを考えなければならないので、適切なオフィスのレイアウトとデザインを計画することは非常に重要なのです。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。