「スタンディングデスクコンバータ」に移行するについて役立つ5つのヒント

June 05, 2020

それが、がこれまでに行った最良の決定であるとしても、「スタンディングデスクコンバータを購入するについては悩ましい問題もあります。要するに、この人間工学的製品に関しては、無数のレビューと誇大宣伝がオンラインで紹介されています曰く、位から位への切り替えが簡単、作業中にストレッチが出来る、首や背中の痛みが和らぐ、どれをとっても良いことばかりですね?

しかし、それでも、人々には、立座共用デスク本当に役立つのか疑問が残ることでしょう。心配する必要はありません。デスクワークで使用するデスクを、伝統的なものから、人間工学的な設えのデスクに移行することは、誰にとっても易しいことではありません。スタンディングデスクコンバータ」を新調するに際して役立ついくつかのアドバイスをお話しましょう

スタンディング デスク コンバータへの移行に役立つヒント:

  1. 物理的変化を気にしないこと  この種の機器を導入すると、オフィスを超えて変化が及びます。体はまた、身体的にも調整期間が必要です。立ち位置の仕事に慣れるまでには、しばらく時間がかかるかもしれません。それは誰でも同じです。Forbes誌の記事に、テキサスA&M大学公衆衛生学部が行った研究を引用して、立座位を交えて作業した人々のグループの方が、同じく、座位のみで作業した人々のグループとよりも、1か月間の生産性で優っていたと報告されています。これは習慣への順応について多くを物語るものです
  2. 一日中立っている必要はありません  そうですデスクコンバータ」では、立ったり座ったりが可能ですが、それは何時間も立ち続けている必要がないということです立ち続けると、静脈瘤や足首や足の腫れにつながる可能性があります  これは、「メディカルニュース」の今日の記事(Medical News Today articleによると、貧血の原因になります。座りすぎは健康に良くはありませんが、椅子を遠ざける必要はなく、休むために使えます。更良いのは、スタンディングデスクコンバータを人間工学的に設えた椅子と組み合わせて使用することです。
  3. 何時間も立ち続けたり、快適な靴を履いたり、疲労防止マット使ったりしたいなら-ほとんどの一日中立ち続けなら、ヒール靴は履かないこと必ず平底の靴を履いて足と足の指リラックスさせましょう。余分なクッションのために、厚いパッドの疲労防止マット購入しましょう。品質の良いマットなら、立っている間に重力を均等に分配し、足の圧力を軽減し、適さを高めます。
  4. 位置と位置のバランスを見つける 仕事長時間に及ぶ場合は、立ち仕事時間と座り仕事時間をスケジュールしてみてください。アプリを使用すると、特定の間隔で別の作業位置に変更するように記憶させることができます。
  5. 健康増進に期待 それを前向きな思考と言うなれば、スタンディングデスクコンバータへの移行は、より大きな世界を見るための投資です。良い姿勢が良くなったり、体の凝りが柔らいだりするこの立座位共用デスクの利点は、あなたがルーティンワークの中で経験するものの一部なのです。

移行に踏み出しましょう

スタンディングデスクコンバータに慣れるまでは遅々として、それはよちよち歩きかもしれませんしかしそれで良いのです。あまり感情的にならないようにしましょう。さもないと、この立座共用デスクの利点を享受できるようになる前に燃え尽きてしまうかも知れません。最終的に、この人間工学的な、調節可能デスクメリットを手中にするまで、気ままに時間を掛けましょう。それが無駄ではないことを保証します。