職場のストレス:原因と予防法

July 21, 2022

9時~5時までの勤務は過去数年の間にますます困難になってきており、職場は人の人生の中で最もストレスの多い場所の一つとなっています。仕事上の要求や責任は尽きることがなく、ほとんどの従業員は仕事量に圧倒され、対応しきれないと不満を漏らしています。そのため、従業員のストレスレベルは常軌を逸したものとなり、常にその状態が続いています。これは世界のほとんどの地域で見られることですが、特にアメリカでは顕著です。

 

調査によると、企業で働く従業員の4分の1は、自分の仕事が人生における最大のストレスであると考えています。さらに、労働人口の4分の3は前の世代よりもはるかに高いレベルのストレスに苦しんでいると考えています。つまり、職場のストレスは現代に蔓延する問題であり、だからこそ、このテーマについて多くの議論がなされてきたのです。しかし、その対策はあまり進んでいません。その結果、労働者は日々、職場で過度のストレスを受け続けています。このように職場のストレスは他に類を見ないほど深刻であり、その原因究明と対策は重要です。そこで、ここでは職場ストレスについて詳しく解説します。

 

職場のストレス

 

職場のストレスは仕事上の要求や任務が、その人の能力やキャパを超えてしまうことで発生します。これは過酷な仕事量や非人間的な労働時間など、様々な形で発生します。

 

簡単に言えば、仕事をするために自分の最大限のパフォーマンスを超えて自分を追い込まなければならないとき、その人は職場のストレスに直面するのです。カナプロバンブースタンディングデスクのような快適な家具がない場合、事態はさらに悪化し、問題を悪化させることになります。
仕事のストレスは身体的、精神的な反応として現れます。仕事のことを考えると不安で憂鬱になったり、仕事で頑張らなければならないため、いつも骨が折れるような気持ちになったりすることがあります。

 

職場のストレスは、精神的な苦痛にしかつながらないと思われがちですが、そうではありません。ストレスは精神的なものだけでなく、身体的な影響を及ぼすこともあるのです。時には、生理的、心理的な影響を受けることもあります。

 

職業生活は基本的にストレスが多いと考えられているため、時には自分の感情が正常なものなのか、それとも何か根深い病気の症状なのか、判断がつかない場合もあります。職場にいるかどうかを判断するには、日頃から無理なく仕事の責任を果たしているかどうかを分析するのが一番です。企業で働く場合、たまに残業するのは理解できます。しかし、それが頻繁に起こるようになると、何かがおかしいと思うようになります。

 

簡単に言えば、家族の集まりに参加したり、子供と過ごしたりといった他の生活に支障をきたすことなく、仕事に関連するタスクを簡単にこなすことができれば、職場でのストレスはないと言えます。

 

しかし、そうではなく、頻繁に友人や家族と会うことを断念しなければならない場合、あなたは自分の能力を超えて消耗している可能性が高いです。そのような場合は、仕事上の終わりのないつらさから抜け出すために、必要な措置を講じる必要があります。

職場のストレスの原因

 

職場でのストレスの原因には様々なものがありますが、最も一般的なものは以下の通りです。

 

管理しきれないほどの仕事量

 

複数のプロジェクトに同時に取り組まなければならないことはありませんか?あるいは、提案書の作成やデータの確認で遅くまで会社にいなければならないことが多いですか?あるいは、様々な業務を同時に行うことを期待されていませんか?簡単に言うと、あなたは仕事上の責任について、苦労していると感じているのでしょうか?もしそうなら、あなたは職場のストレスにさらされていることになります。

 

職場での過度の仕事量は世界中で職場ストレスの主な原因の1つとなっています。

 

役に立たないマネジメントスタイル

 

多くの企業はチームのマネジメントに関してかなり理不尽なことがあります。上司は思いやりに欠け、時には非合理的で、納期を守るために自分の能力を超えることを従業員に要求すると、従業員はよく不満を漏らします。

 

その上、従業員はしばしば意思決定に関与せず、仕事となると家庭の事情は無視されることが予想されます。このようなひどいマネジメントスタイルのため、労働者は上司の理不尽な要求に対応するのに苦労し、ストレスを感じるようになるのです。

 

雇用安定性の欠如

 

職場のストレスの原因として、おそらく2番目に多いのは雇用の安定性がないということです。雇用市場が低迷し、失業率が急上昇し、レイオフが常態化していることは、よく知られています。そのため、仕事がある人はもし解雇されたら次の機会を探すのが難しくなることを恐れ、職場で不当な扱いを受けても我慢してしまうのです。

 

当然ながら、いつ会社を追い出されるかわからないと思うと、特に一家の大黒柱であれば、安穏とはしていられません。

 

有害な職場環境

 

職場のストレスの原因としてもう一つ広く知られているのが、有害な職場環境です。いじめや裏切りなど、不当な扱いを受けることが非常に多くなり、それに耐えることを余儀なくされる労働者が増えています。つまり、家庭を維持するために収入を必要とする人々は、上司の手によって虐待を受け続けることが多いのです。

 

安全でない労働条件

 

安全でない労働環境は機械の操作や電気プラントの運転が必要な産業設備でより一般的になっています。しかし、オフィスによっては、従業員にとって不健康な環境である場合もあります。清掃が行き届いていない、人が多すぎる、快適な家具がない、などです。このような危険な職場環境は、従業員の健康に不安を与え、ストレスを増大させます。

 

仕事の役割分担が不明確

 

稀なことではありますが、ビジネス業界では仕事の役割が不明確であることは珍しくありません。多くの場合、労働者は少なくとも書類上では自分の職務内容に該当しないかもしれない複数の職務をこなすことを期待されています。

 

つまり、複数の業務をこなすことを求められることは決してゼロではありません。このような無理な期待は、誰にとっても大きなストレスになります。

 

職場ストレスの原因に関する様々な見解

 

原因がはっきりしている多くの病気とは異なり、職場のストレスには原因がないように思われます。つまりストレスやプレッシャーを測る尺度は主観的なものであるという考え方です。つまり、ある人にとってのストレスが、別の人にとっても同じであるとは限らないということです。このため、職場でストレスを感じるかどうかは個人の特性や困難な状況を切り抜ける能力によって決まります。つまり、どのような職場や業種であっても、客観的にストレスを感じやすいと判断することはできないのです。

 

しかし、プレッシャーに耐えられるかどうかにかかわらず、ある種の状況は一様にストレスになることに注意しなければなりません。例えば、職が安定しない、会社の経営陣から不当な扱いを受けるなど、誰でも不安な気持ちになる。ただ、その悩ましいシナリオにどう対処するかの違いだけです。

 

このように、個人の特性であれ、外的要因であれ、職場でのストレスは企業内に存在し続け、その結果、従業員に様々な健康障害をもたらしているのです。

 

職場のストレスがもたらす影響

 

職場のストレスは、精神的苦痛や肉体的疲労のほかに、以下のような影響を及ぼすことがあります。

 

仕事の生産性が低下します。従業員が常にストレスにさらされていると、最高のパフォーマンスを発揮できなくなり、ひいては会社の発展にも影響を及ぼします。
高血圧、心血管疾患、潰瘍、免疫力の低下など、従業員の健康問題。
自殺願望
労働災害。悩む心は注意散漫になり、怪我をしやすくなります。

 

職場のストレスを防ぐために

 

個人レベルでは、カウンセリングや体力トレーニング、こまめな外出などでストレスを溜めないようにすることが有効です。組織レベルでは、企業がストレスマネジメントセミナーを実施したり、社内に専門家を置いたりして、社員が職場の困難な状況に対処できるようサポートすることができます。それでは、職場のストレスを防ぐために考えられる対策について、詳しく見ていきましょう。

 

カウンセリングまたはセラピー

 

仕事上のストレスに対処するために専門家のサポートを受けることを奨励するために、セラピーセッションの義務化をオフィス文化の一部として位置づけるべきです。
そのためには、社内にカウンセラーを配置するか、メンタルヘルス専門家を会社の公式カウンセラーとして任命し、従業員が気軽に行けるような診療所を用意します。

 

ストレスマネジメントプログラム

 

定期的なセラピーに加え、ストレスマネジメントプログラムを導入し、ストレスの多い状況に対処できるようワークショップを開催します。また、職場でよく見られるストレス要因を特定し、組織レベルで対処できるようにします。

 

従業員と管理部門の間のより良いコミュニケーション

 

職場のストレスを防ぐには、従業員と管理部門の間での対話が不可欠です。上司は部下の健康状態をよく把握しておく必要があります。そうすることで、上司は職務を調整し、チーム内で仕事を均等に配分することができます。

 

役割分担の明確化

 

企業は従業員一人ひとりの責任を明確にし、誰も自分の役割の範囲外の仕事をすることを求められないようにする必要があります。さらに各人の能力に応じて職務を定義する必要があります。

 

最後に、従業員の1日または1週間の労働時間には制限があり、いかなる状況でも尊重されるべきであるということです。

 

まとめ

職場のストレスはどこにでもあるように思われるかもしれませんが、正しい予防策と対策で対処し、軽減することができます。企業が従業員のワークライフバランスをサポートすることで、仕事関連のストレスは改善されると思います。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。