仕事中に休憩を取るべき理由とその長さ:勤務時間を構成する方法

November 22, 2022

遊びのない仕事ばかりでは、ジャックは退屈な少年になってしまう。この古くからあることわざは、従業員と雇用者の双方にとって有益なものとして歓迎され続けています。しかし、これは正しい戦略とは程遠く、その結果は微妙でありながら壊滅的なものかもしれません。前頭前野は思考と集中を司る器官であるため、オーバーワークになりやすく、意思決定に支障をきたす可能性があります。

 

PFCはもちろんのこと、締め切りが迫っている仕事でも、何時間も同じ姿勢でいることがないため、体のさまざまな部位にメリットがあります。ストレスで体を壊したり、精神的に辛くなったりすることもあります。このように、長時間働きすぎると心身に負担がかかるので、時々休憩を取ることが大切です。休憩を定期的にとることで、多くのメリットが得られるという研究結果もあります。

 

仕事中に休憩を取ることのメリット

 

身体の健康増進

 

休憩を取ることの利点は、まず第一に、身体の健康が改善されることです。近年、人間工学が注目されるようになり、職場が従業員の健康を害する大きな要因であることが指摘されています。PCモニターやノートPCの画面は、ブルーライトやまぶしさで目に大きなダメージを与え、猫背でタイピングをすると背中に負担がかかります。さらに、間違ったオフィスチェアは、何時間も不快に座り続け、腰部を痛める可能性があります。さらに、キーボードやマウスで手首を痛め、首や肩、背中が痛くなることもあります。

 

このような怪我が長時間続くと、筋骨格系へのダメージは壊滅的なものになる可能性があります。定期的に休憩を取ることは、悪い姿勢を続けた体を回復させるのに非常に有効です。運動をしているときでも、リラックスしているときでも、ときどきワークステーションから離れることは、体に大きな影響を与えます。しかし、FlexiSpot Pro Plus E7 スタンディングデスクは、座ることと立つことの間で定期的に体勢を変え、重要な身体の動きを可能にする人間工学的アイテムのひとつです。プログラム可能な高さプリセットにより、必要なものをしっかりサポートしながら自分に合った高さを選べるので、オフィス内で仕事をするときに便利です。

 

心の健康増進

 

肉体的なダメージだけでなく、連続勤務はいくつかの点で精神的な健康にも深刻な影響を及ぼします。一日を通して多くのストレスを蓄積し、長時間の作業が終わると疲労感を感じることもあります。

 

このような状態が長く続くと、やがて燃え尽き症候群やうつ病を発症し、精神的な健康が損なわれる可能性があります。あなたの会社が高い離職率を経験している場合は、従業員が圧倒される可能性があるため、潜在的な原因として、仕事の休憩の欠如に注目してください。従業員のために休憩をスケジューリングすることは、彼らの仕事の満足度と多くの複合的な利点に大きな影響を与える可能性があります。

 

さらに、定期的に仕事を中断することで、従業員の意欲を持続させる効果があることを示す調査結果も出てきています。社交的な交流は健康維持に欠かせないので、オフィスの向かいにいる友人のところに行き、少し話をするだけでも、仕事中の気分転換になります。同じプロジェクトに何時間も拘束されると、単調な作業になり、士気も下がります。16時間働き続ける代わりに、4時間程度の間隔で休憩を取るようにすると、やる気も違ってくるでしょう。

 

生産性の向上

 

身体と心の健康が改善されれば、生産性も向上します。体のさまざまな部位に痛みを感じると、最高レベルのパフォーマンスを発揮する能力が低下します。前日に首を痛め、その痛みに耐えながら40ページのエッセイを作成することを想像してください。定期的に休憩を取ることで、痛みを避け、生産性を向上させることができます。

 

さらに、単調なオフィス環境を打破するために、定期的に休憩を取ることで、仕事へのモチベーションを大幅に向上させることができます。おやつを食べたり、友達とおしゃべりしたり、仕事の合間に休憩を取ると、元気が出て、頑張ろうという気持ちになります。さらに、休憩を取ることで前頭前野が活性化され、意思決定や仕事への集中力が高まります。休憩を取らずに長時間仕事をすると、脳の思考部分が酷使され、質の低い仕事を提出することになりかねません。質を落とすことなく、休憩時間を増やすことで、仕事の生産性を高めることができます。

 

あなたとあなたの雇用主のための全体的な幸福

 

先に述べたように、日常生活の中でより多くの休憩時間を確保することは、お二人にとって有益なことです。また、仕事の合間に休憩することで、心身ともに健康になることができます。

 

また、1日の終わりのストレスが軽減されることで、帰宅後の気分も良くなるなど、プライベートな面でもメリットは大きいです。また、長時間労働を避けることで、生産性が向上し、雇用主にもメリットがあります。生産性が向上すれば、会社の売り上げが記録的になり、月間最優秀従業員に選ばれるかもしれません。

 

一般的に、毎日の仕事のスケジュールに休憩を取り入れると、人生がより良いものになると言われています。ここでは、その方法について説明します。

 

一日の中で休憩をどのように構成するか

 

仕事の休憩は、あなたやあなたの勤める会社にとって必要であるというのがコンセンサスです。しかし、休憩を取るべき時間や頻度については、広く受け入れられているわけではありません。しかし、いくつかのガイドラインは、毎日の仕事のスケジュールの中に休憩を取り入れる計画を立てるのに非常に役に立ちます。

 

脳の他の部位を刺激する活動をする

 

休憩を取るときは、今まで使っていた脳の部位とは別の部位を使うようにするのが鉄則です。例えば、物理の問題を解く作業を中断して、化学の問題を解く作業をするのは、あまり意味がない。この2つのタスクは同じ部位が担当しており、片方と交換すると、前頭前野を休ませることができません。

 

そのため、休憩をとるときは、脳の部位を休ませるような活動を選択することが重要です。長時間考え続けている人は、休憩時間に軽い運動や食事、レジャーをすると、脳の領域を使うことになり、他の領域も休息することになります。現在活動している脳部位を数分間停止させ、リラックスさせることで、脳部位の能力を回復させ、認知能力を向上させることができます。

 

雇用主とのコミュニケーション

 

休憩時間が広く認知されるようになったとはいえ、特にサービス業のような多忙な業界では、管理職が休憩時間を確保することに賛成することは難しいでs。例えば、休憩時間に数分間テレビを見ることは素晴らしい活動であると認められていても、職場に休憩時間を設置する必要性を従業員に納得してもらうのは少し難しいかもしれません。中には、休憩は純粋にレジャーのためのもので、従業員や雇用主には何のメリットもないと考えている人もいるかもしれません。そのため、まずは職場の管理職とコミュニケーションをとり、問題ないかどうかのガイドラインを得ることが重要です。また、ある場所では許され、別の場所では嫌われるということもあるので、自分の休憩時間を導入する前に、雇用主と相談する必要があります。

 

休憩時間のアクティビティを楽しめるようにする

 

同僚や職場の仲間から「何が正しいか」というプレッシャーを受けて、自分が楽しめない休憩活動を選んでしまいがちです。しかし、休憩時間の活動は、自分が楽しめるものであることが重要です。なぜなら、休憩時間の活動は、リラックスするために大いに役立つからです。また、仕事に戻る前に好きなことに切り替えると、気持ちがリラックスして集中力が高まり、思考も活性化されるので、単調な毎日が解消されます。

 


休憩時間は短く、便利であることを確認する

 

前述したように、休憩時間は広く認められているわけではなく、専門家は自分で決めることを勧めています。しかし、どちらを選んでも、あまり長くならないようにすることが要である。そうでなければ、会社の貴重な時間を無駄にすることになります。また、経営陣が休憩時間の快適さを見直したくなるかもしれません。さらに、休憩の頻度とタイミングが雇用者に大きな迷惑をかけないようにする必要があります。

 

最終的に、仕事の休憩は、あなたとあなたの雇用者に多くの利益をもたらすので、毎日のスケジュールにとって非常に重要です。とはいえ、休憩時間が自分にとって適切であるかどうかを確認するために、いくつかのことを考慮する必要があります。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。