血液循環の不良が生産性に与える影響とその対策とは

December 23, 2021

血液循環の不良は、現代の多くのオフィスに潜む緊急の健康問題です。私たちのほとんどが、「足が眠った」ような状態になったり、その他の健康問題を自覚するまで、血液循環について考えようとはしないものです。

 

たとえば、椅子の中には背中や脚、肩などの筋肉にあるツボを押してしまうものがあります。それにより、全身の血圧が上昇するのです。

 

引き起こされる症状として、静脈の痛みや冷や汗、血栓、心筋梗塞や脳卒中のリスクが高まるなどが見られます。長時間座りっぱなしでいることについて、アメリカの公衆衛生局長官が警告を発し続けているのもそのためです。

 

もっと頻繁に立ち上がるようにすれば効果はありますが、十分ではありません。そこで今日は、血液循環を改善して、健康や集中力、仕事の生産性を向上させるために実行できるその他の手法についてご紹介していきます。

 

血液循環の不良が発生するメカニズムとは

 

私たちの身体は、ガスやミネラル分、たんぱく質、およびその他の必須栄養素が循環することで成り立っています。そして血液は循環プロセスの中心的役割を果たしています。

 

心臓は毎分5クォート(約4.7リットル)の血液を動脈と静脈に流れるよう機能しています。身体にはいたるところに様々なツボがあります。交通量の多い高速道路をつなぐ交差点と考えると分かりやすいでしょう。

 

そうした交差点のただひとつがブロックされた場合、都市はどんな状態になるでしょうか?他のすべての道路が渋滞になり、街中に怒りに満ちた人があふれます。どのように血液循環不良が起こるかを仮想できますね。

 

血液循環不良の副作用には以下のようなものがあります。

・ エネルギーレベルの低下
・ 筋肉痙攣
・ しびれ
・ 倦怠感
・ 頭痛
・ 不整脈
・ 痙攣などの不随意筋反射
・ 視力の低下
・ 高血圧などの心臓病のリスク上昇

 

多くの病気が血液循環不良と関連しているため、数え上げればきりがありません。けれどすべてが憂うつな運命というわけではありません。

 

前向きなことに焦点を当てましょう!今回は、オフィスワーカーが血液循環を改善するためにできる8つの方法についてご紹介します。

 

スタンディングデスクを導入する

 

血液循環不良による健康障害を予防することは、より安価で効果的な方法です。まずご提案したいのは、身体をよく動かすということです。高品質のスタンディングデスクを導入すれば、仕事の1日のほとんどを身体を動かし続けることができます。

 

机の下にアンダーデスクバイクやランニングマシンを追加することもできます。けれど騒音を気にするために、多くのオフィス環境では使えないかも知れませんね。そこでポイントとなるのは、スタンディングデスクをいかに使うかです。

 

ここでは、考えうる実践可能な項目をご紹介します。

 

・ プログラム可能なメモリーボタンがついた高度なキーパッドを備えたスタンディングデスクを選びましょう。そうすれば、一日のうちで適切な時間に、適切な間隔で立ち上がることができます。

 

・ 「ポモドーロ」のようなRSI予防アプリを使用しましょう。こうしたアプリを使用すると、定期的な休憩時間を設定して、息抜きをする、水分補給をする、ストレッチをする、また日光を浴びるなどができます。そして健康に配慮した休憩時間を終えて仕事にタイミングも通知してくれます。

 

間隔を置いて立ったり座ったりする

 

仕事中に動いてばかりでは生産性が低下する可能性があります。座って集中することで、日々のタスクにより向き合って従事することができます。座り心地がよく調節可能な人間工学に基づいたオフィスチェアは、全体的な計画をもって仕事を行なうために不可欠です。

 

ここでは、ポモドーロの法則に基づいて、長いタスクを短いタスクに分割して定期的に組み込む仕事のスケジュールミックスを構築しましょう。そうすれば20分から60分ごとに休憩を取ることができます。これにより、他の高度なタスクに移る前に、集中力を再調整する時間を取ることができます。

 

結果はどうでしょう?化粧室に行ったり、電話をかけたりと、仕事以外のちょっとした作業をするための時間を多く作ることができます。このようにして、仕事にかける時間を損ねることなく、血液循環を良くすることができるのです。

 

人間工学に基づいたオフィスチェアの調節方法を知る

 

人間工学に基づいた理想的なオフィスチェアには、高さや傾斜を調節するためのレバーが備えられています。また、背もたれやアームレストなど、全体に十分なパッドがついています。さらに、太ももや膝裏を圧迫することなく、シートが両脚にフィットするような幅があるとなおさら良いでしょう。

 

血液循環を改善するための椅子の調節方法とは?

 

1.背筋を伸ばす

 

リラックスした状態で、できるだけ背筋を伸ばして座りましょう。少しでも背中を曲げたりかがんだりしないようにしてください。脊椎の列が短くなり血液循環が悪くなるので注意が必要です。上半身を背もたれに預ける時は、頭を少し前に倒して身体が曲がらないようにしましょう。

 

2.足を床にしっかりとつける

 

足が床にちゃんとついて、ぶらぶらしていないかを確認します。床の踏み位置が高い場合はフットレストを使う、座席を下げるなどできます。また、足首の位置を膝よりも前に出すと血液循環が良くなります。

 

3.アームレストを活用する

 

デスクトップに腕を置いたり、浮かせたりする体勢は避けてください。長時間腕を伸ばした状態にする作業が必要な場合には、アームレストに腕を置いておくと良いでしょう。そうすることで首周りの血液循環を妨げる体重の荷重や圧力を軽減できます。

 

4.脚をまっすぐに保つ

 

座っている時に脚を交差しないようにすれば、身体の圧力が分散され脚の組織に血液が送られやすくなります。脚を組んだり曲げたりすると四肢(足の指)の血流が悪くなります。こうした行動を私たちのほとんどが無意識で行っています。最も重要なことは、定期的に脚を組むということをやめることです。そうすることで、血圧を再分配して脚の筋肉組織や神経末端に血液を送り込むことができます。

 

水分補給はこまめに

 

ニュース速報です!ソーダなどの清涼飲料水やカフェイン入りの飲み物は、血液循環を悪くします。静脈などの血管を狭くし、心臓の動きを悪くします。

 

体内で消費されなかった糖分やミネラル分は消化器官から排出されません。その結果、血液中に蓄積されることになります。これにより血液濃度があがり循環しにくくなり、糖尿病や肥満など、様々な健康上の問題が発生しやすくなるのです。

 

そのため、医療従事者の10人中10人が、1日にグラス8杯の水を飲むように推奨するのです。確かにそれは大変かもしれませんが、甘い飲み物を減らして水を多く飲むことは効果的です。

 

水には血液を希釈し、不純物を取り除く働きがあります。これにより、心臓があるべきように働きやすくなり、全身の組織に血液をより効果的に送り出すことができるようになるのです。

 

着圧ソックスを使う

 

着圧ソックスは、長時間立ち続けるアスリートやその他の働く人がよく使っています。このソックスは膝からつま先までを包み込み全方向に一定の穏やかな圧力をかけます。

 

こうした機能により、静脈瘤や毛細血管の断裂、筋肉組織の腫れなどを防ぐことができます。普通のソックスのように見えるため、オフィスでも違和感なく履くことができます。

 

着圧ソックスには次のような種類があります。

 

・ 段階的着圧ソックス: 足首にぴったりとフィットし、太ももに近づくほどに着圧が弱くなります。

 

・ 塞栓防止着圧ソックス: 通常、段階的着圧ソックスよりも重く、圧縮性が強いものです。寝たきりの患者が、主に血液循環を改善し、血栓や静脈の炎症、筋肉のけいれんなどを避けるために着用します。そのため、通常のオフィスワーカーには過剰となる場合があります。

 

ウォッブルスツール(ゆらゆら揺れるスツール)に積極的に座る

 

人間工学に基づいた椅子は素晴らしいものです。けれど血液循環不良の症状が出ている場合には、もっと根本的な対応が必要となります。積極的にウォッブルスツールに座ることでこの問題に楽しみながら対処できます。

 

ウォッブルスツールは、タイトルとなる1本の脚がクッションとなって、快適に傾斜を楽しむことができます。あなたの両脚がこの椅子の2脚の役目を果たします。背もたれやひじ掛けがついていないので、前かがみになったり後ろにもたれたりすることができません。そのため、まっすぐな姿勢を保つために自分の脚を使わざるを得なくなるのです。

 

こうした座り方をすることで、腰をひねったり脚を組んだりすることがなくなります。そして筋肉の収縮と弛緩をくり返すことにより、より多くの血液を循環させることができるのです。

 

抗疲労マットを使う

 

硬い床の上に長時間立ち続けることは健康に悪影響をおよぼします。全身の神経は足裏のツボに集まっています。そのため、硬い床の上に立つと万力を使うように圧迫され、血液の循環が悪くなるのです。

 

腸や肝臓などの内臓や、目にも影響を感じるかも知れません。これには着圧靴やソックスが役に立つでしょう。けれどさらに抗疲労マットを入手することもお勧めです。

 

抗疲労マットには様々な形やサイズがあります。メッセージポイントを備えた製品も入手可能です。こうしたマットは足にたまった血液による圧力を和らげることで血液循環を改善します。

 

確かに、これは安っぽい営業の宣伝文句のように聞こえるかも知れませんね。けれど実際に試してみるまではただ否定していてはいけません!この製品は、あなたが知らなかった、あなたの生活を一変させる製品かも知れません。

 

より健康的なライフスタイルにするために

 

ここからは、ライフスタイルをより健康的にするためのヒントをご紹介します。

 

「ほとんどの人が、人生で最もストレスを感じることへの対抗策として、不健康な習慣に頼る」発言者不明

 

現代の職場はストレスの宝庫であり、その結果、循環器系の深刻な問題を含め、健康や精神的な問題を引き起こす可能性があります。

 

そこで、より健康的な生活を送るためのヒントをご紹介します。

 

・ 毎晩、質の高い睡眠を取る

 

・ 飲酒や喫煙を控える。可能であれば断酒する!

 

・ 脂肪酸とオメガ3を含む食品をより多く摂る(魚、ケール、ナッツ、かぼちゃの種など)

 

・ 毎月の予定や仕事を前もって計画し、きちんとスケジュールを立てる

 

・ 友だちや子ども、ペットと遊ぶ時間を作る

 

・ 加工された砂糖の摂取を控える

 

瞑想やヨガには、姿勢や血液循環を改善し、ストレスレベルを下げる効果があります。

 

まとめ

 

残念なことに、血液循環不良は世界中の何百万人ものオフィスワーカーに悪影響をおよぼしています。こうした人々の多くは問題に正面から取り組むことなく、自己流の対処法やその他の簡単な対策で症状と戦おうとしています。

 

このように、血液循環不良は、不十分なオフィス環境に適応しなければならないことに起因することがあります。したがって、健康的な習慣と人間工学的な配慮は、新型コロナウィルスのパンデミックに立ち向かうための提案よりもむしろ必要なことなのです。短い記事ですが、血液循環不良と戦うための指針となってくれることを願っています。

 

弊社製品について取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けております。トピックには、姿勢、脊椎の健康、および健康的な在宅勤務の設定方法についてのヒントも含まれます。弊社にご協力戴ける場合は、contact @ flexispot.jpまでメールをご送信ください。