仕事中の首の痛みの共通原因

August 26, 2022

仕事中の首の痛みや肩こりは、多くの人がよく訴える症状です。しかし、この問題は時間の経過とともに悪化する可能性があるため、迅速に対処しなければいけません。長時間デスクワークをしている人の首の痛みの原因は、職場の人間工学の要素が欠如しているためです。

 

実際、ほとんどのデスクワークで座って仕事をしている人と、コンピューターで仕事をしている人は、頻繁に首の痛みを経験する可能性が高いことが研究で明らかになっています。椅子に猫背に座っていても、コンピューターに寄りかかっていても、仕事の仕方が首の痛みを引き起こしている可能性があります。

 

このガイドでは、首の痛みの一般的な症状と一般的な原因、およびこれらの対処方法について説明します。

 

首の痛みの兆候および症状

 

首は、ボウリングのボールと同じくらいの重さの頭を常に支えてバランスを取るので、大変です。そのことを考えると、いろいろなことが圧迫感を強めて痛みにつながることがあります。

 

もちろん、最も明らかな兆候は、仕事の後や仕事中に定期的にその部位に肩こりや痛みがあることです。仕事による首の痛みかどうかを確かめるには、ほかにも以下の兆候を調べる方法があります。

 

  • コンピューターの操作中など、長時間同じ姿勢で頭を固定していると悪化する痛み 
  • 筋肉のけいれん、こわばり、緊張
  • 通常のように頭を自由に動かすことができない
  • 頭痛が頻繁に起こる

 

首の痛みの共通原因

 

職場では、毎日同じ姿勢で長時間デスクに座らなければならないことが多いでしょう。そのため、首に圧力をかけたり、アンバランスを作ったり、一般的に痛みを引き起こしたりする要因がいくつかあるかもしれません。最も一般的なものには以下のものがあります。

 

1.姿勢が悪い

 

専門家によると、首と背中の痛みは、仕事をしている時に姿勢が良くないことが主な原因だといわれています。机の上にかがんでいることもあれば、長時間コンピューターにかじりついていることもあります。どちらの場合も首に大きな圧力がかかり、時間が経っても痛みが消えないことがあります。

 

2.精神的なストレス

 

仕事関連のストレスも、首の痛みを引き起こしたり、悪化させたりします。職場で日常的に大きなストレスを受けている人は、しばしば首の筋肉を緊張させます。その結果、職場で肩こりに悩まされることもあります。

 

3.その他の原因

 

首の痛みの原因には、他にも身体的な原因や健康上の原因が考えられます。首に外傷やけがをしたことがある人は、仕事のやり方がこわばりや痛みの原因になっているかもしれません。また、高齢者の場合、姿勢の悪さや高齢が痛みの原因になっている可能性があります。重いショルダーバッグを持って仕事に行くなど、普段のことでも首が痛くなります。

 

基本的に、体に持病がある場合は、長時間姿勢が悪いと首の痛みが悪化する可能性があります。

 

仕事中の首の痛みを和らげる方法

 

仕事で首が凝ったり、痛くなったりしているのであれば、ワークステーションや働き方を変えるべきです。そうしないと症状が悪化して、治療や理学療法が必要になるかもしれません。そのため、仕事中の首の痛みを軽減し、予防することを考えなければなりません。

 

最初に行うべきことは、人間工学に基づいて設計されたワークステーションを作成することです。在宅勤務でもオフィス勤務でも、人間工学に配慮した環境を整えることが重要です。このセクションでは、これについて詳しく説明します。これ以外にも、仕事中に首の痛みを予防し、軽減するために守るべきテクニックがいくつかあります。

 

1.仕事中のルーティンで動きを取り入れる

 

人間工学に基づいたオフィス環境であろうとなかろうと、長時間座っていると首の痛みに悩まされます。そのため、1時間ごとに何らかの動きを取り入れて体を動かす必要があります。この小さな変化は、良い姿勢を維持し、首の痛みを軽減し、予防するのに大いに役立ちます。

 

歩いたり、ストレッチをしたり、運動をしたりするのに数分かかります。実際、立って仕事をすることも考えられます。また、会議や仕事の電話には、座っているのではなく、歩きながら参加することもできます。主な目的は、屈んだ姿勢から解放して、背筋を伸ばすことです。

 

2.スタンディングデスクに投資する

 

机の前の椅子に何時間も座っていると、良い姿勢を長く保てないので体が疲れてしまいます。そのため、姿勢が悪いと首が痛くなってしまいます。なので勤務中の時間の殆どを立って過ごすと良いです。しかし、コンピューターで多くの作業を行うユーザーには不可能です。

 

そのような方は、FlexiSpotからStanding Desk Converterを購入することを検討してください。オフィスだけでなく、ホームオフィスにも最適です。座っている状態と立っている状態を交互に切り替えられるので、仕事での姿勢が改善され、疲労感が軽減されます。また、このスタンディングデスクは広いスペースを確保しているので、必要なものをすべて快適に置くことができます。

 

3.正しい姿勢を維持する


先ほど述べたように、姿勢の悪さは仕事中の首の痛みの顕著な原因です。どこでどのような仕事をしていても、背中と姿勢の調整がうまくいかないと、首のこわばりや痛みが出てきます。そのため、背筋を伸ばして首を固定するなど、1日を通して良い姿勢を保つことが不可欠です。

 

FlexiSpotのStanding Desk Converterは、座っていても立っていても姿勢を良くするようにスマートに設計されているので、この場合には本当に便利です。前かがみになったりするのを防ぎ、人間工学に基づいた快適な姿勢を維持できます。

 

4.人間工学に基づいて設計されたオフィスチェアを購入する

 

座りっぱなしの仕事をしていて、長時間コンピュータを使って仕事をしている人は、机と椅子を用意しておくと良いでしょう。これはあなたの仕事の経験にかなり違いをもたらし、首の痛みを軽減します。そのため、人間工学に基づいて設計されたオフィスチェアにも投資することをお勧めします。FlexiSpotは、市場で最も機能的で快適で高品質なオフィスチェアを幅広く取り揃えています。

 

人間工学に基づいた設計された、優れたオフィスチェアは、背中を支え、姿勢を保つのに役立ちます。これにより、首の痛みが生じる可能性を減らすことができます。さらに、右の椅子は高さの調節が可能で、優れたランバーサポートがあり、足が床に心地よくつく高さが必要です。幸いなことに、FlexiSpotの人間工学に基づいて設計されたオフィスチェアは、これらの機能をすべて備えています。

 

5.首の痛みに意識して対処する

 

体の痛みの感じ方は、実際に私たちの体験に影響を与えます。先程述べたように、ストレスは首の痛みを悪化させます。それが引き金になることもあります。そのため、仕事中に精神的なストレスが身体に及ばないようにリラックスする方法を見つけなければなりません。

 

例えば、リラックスできる場所にいる自分を想像するマインドフルネスを実践しましょう。また、呼吸運動もできます。これらはすべて、首の痛みに対処し、落ち着きを保ち、痛みを軽減できます。

 

6.モニターの高さおよびキーボードの配置を調節する

 

エルゴノミクスには、モニター、キーボード、マウスの正しい配置も含まれます。これらはすべて、首にさまざまな影響を与えるので、正しい位置に配置する必要があります。このような位置では、モニターの高さが目の高さになります。モニターの高さが低すぎると、首を下に曲げてしまい、負担が大きくなります。

 

キーボードは、肘が90度の角度になるように近くに配置する必要があります。また、前かがみにならない程度に高く設定してください。最後に、マウスはキーボードの近くに、同じ高さに配置する必要があります。

 

おわりに


座りっぱなしの仕事のライフスタイルは、姿勢が悪くなり、最終的には仕事中に首の痛みや肩こりを起こすリスクが高くなります。これは、長期的に日常生活に悪影響を与えるだけでなく、より大きな問題につながる可能性があります。首の痛みの一般的な原因は、人間工学に配慮したアイテムに投資し、人間工学的な実践方法に従って解決しましょう。

 

立っているのと座っているのを切り替えて首の痛みのリスクを減らすことができるFlexiSpot社の高品質のスタンディングデスクに投資することを検討してみてください。詳しくはホームページをご覧ください。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。