理想的なデスクの高さとは?

October 26, 2022

デスクの高さが生活に大きな影響を与えることを知っていましたか?気づいていないかもしれませんが、デスクの高さを間違えると、姿勢や生産性、さらには健康にまで影響を及ぼす可能性があります。正しい高さにデスクを置くようにすることで、姿勢や位置が悪くなることでもたらされる影響から安全を保つことができます。

 

オフィスのデスクに最適な高さを説明する前に、まず、なぜデスクの高さがそれほど重要なのかを説明していきます。

 

デスクで高さが重要な理由

 

最近ではコンピューターの前で過ごす時間がとても長くなっています。私たちは目に負担やストレスを与えています。これはかなり悪いことです。しかし、コンピュータが人間に害を及ぼすのはそれだけではありません。

 

パソコンに時間をかけすぎて、肩や背中に激痛が走ってビクッと飛び上がるような感覚は誰でも身に覚えがあるでしょう。これは、多くの人が作業中に猫背のままでいるのが原因で起こります。しかし、コンピューターが引き起こす問題は他にもたくさんあり、その多くは肩の痛みほどすぐには気づかない可能性があります。

 

私たちの体の部分はお互いにつながっており、ある部分が損傷すると他の部分にも影響が及ぶことがあります。自覚していてもしなくても、今のところ仕事に影響はないとして体の一部の痛みを無視すると、かえって自分に影響を受けることがあります。

 

例えば、今は首に痛みがあっても、明日には腕や手首まで痛みが広がっている可能性があります。

 

デスクの高さを間違えると肩や首に張りが生じ、腕や脚、背中、手首にも痛みが広がることがあります。デスクの高さが高すぎたり低すぎたりして、椅子に座り方を間違えることはよくある問題です。不快な姿勢で長時間座っていると、体に余計な圧力がかかり、背中に永久的な損傷が生じたり、脊椎のカーブに異常をきたしたりと、更に極端な状態になることがあります。

 

実際、座り方を間違えると、立っていても同じような姿勢になってしまい、さらに姿勢が悪くなることがあります。高さが原因でデスクでの姿勢を誤ると、手根管症候群や反復性の肉離れなどの問題を引き起こすこともあります。

 

身体の健康だけでなく、適切な高さの良いデスクは生産性の向上にもつながっています。職場のデザインに関する研究では、優れたデスクの設定をすることで、パフォーマンスを少なくとも16%向上すると報告されています。そのため、適切なデスクを持つことは非常に重要であり、さまざまな怪我から身を守り、パフォーマンスの向上に役立ちます。

 

理想的な高さを決定する方法

 

この問題のすべての解決策に相応しいサイズはありません。結局のところ、すべてのデスクが完璧と期待してはいけません。なぜなら、もし1つの解決策に対して、すべてのデスクがそれを備えていることになれば、そもそもこの記事を読まなければいいのです。

 

しかし、標準的かつ理想的なサイズは複数あります、デスクの高さを間違えて使用し、結果的に健康上の問題を多数抱える人が非常に多いです。人間工学に基づいた設計基準では、理想的な高さは約70~80センチとされています。しかし、これがすべて正しいわけではありません。デスクの実際の理想的な高さは、ユーザーの身長によって異なります。

 

80 cmちょうどのデスクを使っていた場合、背の高い人は背の高い椅子を、背の低い人はフットレストを使う必要があります。しかしそれでも体の他の部分に適切な位置を得られない場合があります。身長を考慮しなければ、どんな 「標準的な」 デスクも非常に違和感に感じます。デスクの高さは姿勢や位置に影響を与えるため、次のことを考慮する必要があります。

 

足の位置

 

デスクに座っているときは、足が床に平行になるようにします。膝は腰の位置に合わせるか、少し低くしてください。低すぎたり高すぎたりすると、膝に痛みや圧迫感が生じることがあります。身長が低い人は、自分に合わせてフットレストを準備してください。

 

腕の位置

 

机の高さは両腕が横に来る位置がちょうどいいです。物を置いて肘をその上に置き、前腕は90度の角度で曲げてください。手が伸びない位置に、マウスやキーボード、またはペンと紙を置くようにしてください。

 

背中の位置

 

座っているときは、椅子の背もたれに正座し、前かがみにならないようにしてください。理想的には、座ったときに体に合わせて調節できるように、奥行きが調節可能である程度リクライニングできるチェアに座ってください。また、背中を十分にサポートできるようにしてください。

 

以上のことを考慮したデスクは、大半の人を対象としているものがほとんどですが、身長によっては、自分に合ったデスクを選ぶ必要があるかもしれません。

 

調節可能な家具

 

多くの場合、机は高さを考慮して作られています。しかし実際には、これはデスクをデザインする最良の方法ではありません。結局のところ、80 cmの高さのデスクを使うのに適した高さの人であっても、その人の身長が異なる可能性があります。たとえば、胴が短く足が長い人や、その逆の人もいます。脚が長いと、足を地面につけて膝を腰に合わせて曲げても腕が90度の角度になる机が必要です。

 

すべてのデスクがすべての人に対応できるわけではありません。
そのため、調節可能なデスクがますます普及しています。調整可能なデスクにより、ニーズに合わせてデスクの高さを調整し、作業に適した快適な位置を見つけることができます。

 

スタンディングデスクEG8シリーズ

 

身長の高さを考慮した素晴らしいデスクが、スタンディングデスクEG8シリーズです。このデスクには高さ調整機能が付いており、必要な高さにシフトすることができます。こうすることで、間違った高さで作業することによるあらゆるトラブルを避けることができます。

 

高さを調節できるデスクには、立ちながら仕事ができるというメリットもあり、長時間座っていることの弊害を取り除くことができます。

 

調整可能なほか、プログラム可能な高さのプリセット機能も用意されています。これにより、設定を保存し、後で調整する時間を節約できます。これらの設定は保存できるので、毎回うまくいくまでいじくり回すのではなく、設定したい高さを選ぶだけでいいです。これを改善するには、ボタンを押すだけです!

 

机には衝突防止機能も付いており、テーブルが破損しても安全です。また、移動中に周囲の物体が損傷しないように保護します。デスクトップが他の物体に接触したことを検知するセンサーを備えているため、デスクトップは停止します。これにより、高さの調整を再開する前に、周囲に転がっているオブジェクトをすべて取り除くことができます。

 

設定用のコントロールパネルにはセーフティロックボタンも付いているので、外出先でもロックできます。周囲に子供やペットがいても、設定が変更されることはないので安心です。

 

このデスクにはUSB充電ポートも付いているので、デバイスを接続して、机の上がケーブルやコードで散らからないようにすることができます。充電ステーションは机自体に内蔵されているので、見た目もすっきりしてエレガントです。

 

またスタンディングデスクEG8は床面積を最小限に抑えることができるため、広いスペースを必要とせずに部屋の隅に設置することができます。そのため、作業スペースが狭い場合でも、スタンディングデスクEG8をそこに収めることができ、狭苦しくなく、邪魔な様子もありません。

 

デスクにはテーブルトップ用に3つのオプションが用意されています。ワークスペースに最適な机の種類に応じて、木、竹、ガラスのいずれかを選択できます。

 

人間工学に基づいたEG8スタンディングデスクほど、ワークスペースに適したオプションはありません。高さを調節できるので体を保護し、スタイリッシュでエレガントな見た目なので、ワークスペースに最適な商品です。

 

*当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。