人間工学に基づいた素朴なワークステーションとは?

April 28, 2022

仕事の目標達成を支えてくれるワークスペースを持つことは誰にとっても夢のようなことです。人間工学に基づいていること、広々としていること、そして換気の良いことは、働く人がワークステーションに求める3つの重要な鍵となる特徴です。さらに、ワークスペースが整理整頓されていれば機器を手に取りやすく、また雑然としていないため必要なものを見つけることも容易にできます。さらに、人間工学に基づいたワークステーションであれば、怪我を回避したり予防したりすることもできるのです。

 

最も重要なことは、これにより生産性が向上し、それが昇進や表彰、昇給につながるかも知れないのです。働く人にとっては最高のシナリオではないでしょうか。

 

働く人が人間工学に基づいたワークステーションを求める理由とは?

 

人間工学に基づいたワークステーションが生産性に直接影響することは、研究によって明らかにされ継続的に証明されています。人間工学に基づいていないオフィスチェアを使用しているワーカーは、身体の腰部に不快感や、痛みを感じていることがあるものです。その理由は、椅子の座り心地が悪く、机の上にある物を取ろうと動いたり手を伸ばしたりする際に十分なサポートをしないことにあります。さらに憂慮すべきなのは、調節ができない椅子を使うことに存在する潜在的なリスクです。誤って怪我をしたり不慮の事故を引き起こしたりする可能性があります。また、人間工学に基づいていないオフィス家具によって、身体の不適切な姿勢がさらに悪化する可能性もあるのです。また、肥満の人も非肥満(やせ)の人もそれぞれ、姿勢に関わる様々な問題でさらに苦しむことになるかも知れません。オフィスでも自宅でもどこにあろうとも、ある特定のオフィス家具が働く人の幸福感と職場における生産性にどのような影響を与えるのかを見極めることが、雇用主にとって重要なのです。

 

ワークステーションは、ユーザーの安全性や快適さ、生産性を確保する人間工学に基づいたオフィス家具を設備して初めて、正当に人間工学的と見なすことができます。

 

雇用主が従業員のために、人間工学に基づいた家具に投資することを決めた場合、または従業員自身が自分のために購入することを決めた場合、人間工学に基づいたワークステーションは多くの恩恵をもたらしてくれます。働く人の身体を良い姿勢に保ち、怪我や事故のリスクを回避してくれるのです。

 

勤勉に働く人は、人間工学に基づいたワークステーションがもたらす快適さと利便性を受け取る資格があります。働く人がそのワークステーションを快適かつ便利だと感じることができれば、生産性が向上します。その結果として、生産性の高い従業員は昇進や昇給のチャンスを手に入れ、企業側も従業員の勤勉さと効率的な仕事によって成功を収めることができます。

 

人間工学に基づいたワークステーションの設置方法とは?

 

まず初めに、家の一部を人間工学に基づいたワークスペースに変えるための場所を選ぶ必要があります。家族がいるのなら、家族の意見やニーズ、選択についても考慮に入れることが大切です。ホームオフィス用の場所を確保する前に、家族の同意を得ることが重要なのです。家族の中の年長者に相談して、彼らの意見とあなたの選択に同意してくれるかどうかを尋ねてみましょう。家の一部を、ここでは仕事用スペースですが、どこであっても家を改造する前には、幼いこどものことも考える必要があります。ニーズが満たされるべきなのはあなただけでなく、同じ家に住む家族全員なのですから。つまり、家のどの場所を自分用のワークステーションにすると良いのかを決めるためには、計画的に進めなければならないということです。

 

ワークスペースにする場所は、集中して仕事をする時間帯に適切な照明があることが必須です。適切な照明があれば、仕事の内容をはっきりと見ることができて、その日の仕事のパフォーマンスがより効率的になります。また、夜間に仕事をする場合はなおさら、適切な照明がなければ効率的に行うことができません。

 

人間工学に基づいたワークステーションの設置で満たすべきもうひとつの要素は、換気が適切に行えることです。大きな窓があり、新鮮な空気が供給される場所であれば、仕事で勝利することができるでしょう。新鮮な感覚や達成感を一瞬にしてもたらしてくれるかも知れません。たとえストレスがたまっていても、新鮮な風が吹いてくれば、すべてがうまく行くような気持ちになれるかも知れませんね。新型コロナウィルスのパンデミックによって、私たちは新鮮な空気の価値をより感じるようになりました。ウィルスは一か所に留まることはできないことでしょう。部屋の中の空気を循環させることができるようになります。証明されてはいませんが、エアコンが効いている部屋ではウィルスが長くその場に留まり、病気を引き起こす可能性があることが報告されています。

 

勤務時間中は、これまで以上に新鮮な空気を求めるようになっているのです。

 

大都市や都市部に拠点を構える場合の問題のひとつが、騒音公害です。騒音は環境汚染物質と見なされますし、一般的に人々は静かな環境で働くことを好みます。ヘッドホンで音楽を聴きながら快適に仕事ができる人もいますが、理想を言えば、落ち着いた雰囲気の中でこそより効率的に仕事ができる人が多いのです。騒音は仕事への集中力に影響を与える可能性があります。たとえば、子どもが仕事をする場所にいる場合、彼らは天井知らずのエネルギーを持ち、どれだけ騒音を出しても気にしないものです。こうした子どもたちは慎重かつ外交的に管理する必要があります。自分の子どもたちならなおさらです。子どもたちはまだ幼いので、あなたの声のトーンにこもった意味合いを汲むことは難しいでしょう。したがって、ワークステーションの設置を計画する際に考慮すべきことは、子どもの存在とその対処法です。

 

そして最後のポイントとして、FlexiSpotの人間工学に基づいたオフィスチェアと高さ調節可能なスタンディングデスクを組み合わせれば、人間工学に基づいたワークステーションとして完璧になります。FlexiSpotは、耐久性と快適性を考慮した、人間工学に基づいた製品設計で、世界中の何百万人もの顧客に支持され、信頼を集めています。たとえば、FlexiSpotのカナ竹スタンディングデスクはいかがでしょう。炭化2Hラッカー仕上げを施した竹製のデスクトップは、傷や水滴、虫に強いのが特徴です。Proデスクはフレームを、Pro2段階、Pro3段階(反転)、およびPro30段階の3種類から選ぶことができ、あなたのニーズに合わせて調節できます。耐荷重量は、Pro2段階、Pro3段階については、99.7キログラム、Pro30段階については124.7です。高さは57.9センチメートルから127センチメートルまで調節可能です。FlexiSpotは化学物質を使わない製品作りに誇りを持っており、日常的に使って環境に優しく健康的なデスクを製造しています。

 

当社の製品を取り上げた記事、ストーリー、レビューを受け付けています。テーマには姿勢や脊椎の健康に関するヒント、および健康的な在宅勤務の準備方法も含まれています。弊社とのコラボレーションにご興味がございましたら、[email protected]までメールでご連絡ください。